FC2ブログ
バニーマン日記
映画、音楽等など、のんびり書いていきます。

プロフィール ×

バニーマン

Author:バニーマン
映画ネタ、音楽ネタを中心に思いつくまま適当に書いていきます。
自分が忘れないための
日記のようなものです(^_^;)。
Instagram @kou_oku
リンクフリーです。


最新記事 ×

最新コメント ×

最新トラックバック ×

月別アーカイブ ×

カテゴリ ×

フィル・スペクター亡くなる。
【2021/01/22 19:02】 音楽ふ
フィル・スペクターが亡くなった。



ネットの記事より↓

天才的なスタジオ・ワークで多くのミュージシャンたちに
影響を与えながらも、私生活では物議を醸したレコード・プロデューサーの
フィル・スペクター(Phil Spector)が81歳で逝去した。

ザ・クリスタルズの「He’s A Rebel」、ザ・ロネッツの「Be My Baby」、
ライチャス・ブラザーズの「You’ve Lost That Lovin’ Feeling」他、
数々のヒット曲を手がけたフィル・スペクターは、音圧を上げるための
音楽制作手法「ウォール・オブ・サウンド」で最もよく知られている。

一方で、私生活においては、2003年のラナ・クラークソン殺害事件で
有罪判決を受けたことで悪名を残していた。
彼はカリフォルニア州の刑務所で長い懲役刑に服していたが、
新型コロナウィルスとの闘病の末に亡くなった。




個人的には、彼の曲は好きですが、「ウォール・オブ・サウンド」にはそれほど
興味はなく、ジョージの『オール・シングス・マスト・パス』なんて音がモコモコで
雲の中で聴いているようで、なんかな~というのが素直な感想。
リマスター盤はハッキリ・クッキリの音になっているらしいが・・・。

その『オール・シングス・マスト・パス』からの一曲↓
レコーディング中はジョージとフィルの楽しそうな笑い声が溢れていたらしい。

☆George Harrison - Wah-Wah



ジョンの『イマジン』はそれほどモコモコじゃない。
その後『ロックン・ロール』で、フィルのマスター・テープ持ち逃げ事件が起きるんですが・・・。
.その『イマジン』から↓

☆John Lennon - Jealous Guy



ビートルズにこんなオーケストラはいらない、というポール対その他3人の対立の一曲。
アルバム『レット・イット・ビー』からジョンとジョージのフィルとの関係は始まった。

☆the beatles - The Long And Winding Road



なんといっても、フィルと言えば、僕にとってはロネッツですね。

以前の記事より↓

フィル・スペクター的な?

合掌





関連記事
スポンサーサイト





テーマ:音楽のある生活 - ジャンル:音楽

この記事に対するコメント
RIPフィル・スペクター
ビートルズファンにとっては、どうしてもフィル・スペクターというと、「ザ・ロング・アンド・ワインディング・ロード」のオーケストラ編曲でポールを激怒させた人となってしまいますが、あれはあれで良いと自分は思っています。

映画の中では、シンプルな編成で、ビリー・プレストンのオルガンも良い感じですが、やっぱり音がスカスカに感じて、当のポールもウイングスのライブではホーンセクションを加えたり、「マイラブ」ではオーケストラと共演したりで、何がどう気に入らなかったのか不思議です。

ロネッツなどの曲は、山下達郎のお師匠さん、大瀧詠一「恋するカレン」のようなナイアガラ・サウンドに影響を与えていますし、さらに間接的に佐野元春「サムデイ」にも影響が大きいと思います。

ビートルズがカバーした曲のうち、正規版にはもれましたが、「会った途端に一目ぼれ」や「つのる想い」の邦題で有名な曲のジョンの歌声が大好きで、後からフィル・スペクターの曲と知って、アマ時代から浅からぬ縁があったのかと驚きました。
【2021/01/23 01:41】 URL | ギターマジシャン #- [ 編集]


ギターマジシャンさん、コメントありがとうございます。

>ビートルズファンにとっては、どうしてもフィル・スペクターというと、「ザ・ロング・アンド・ワインディング・ロード」の
>オーケストラ編曲でポールを激怒させた人となってしまいますが、
>あれはあれで良いと自分は思っています。

>映画の中では、シンプルな編成で、ビリー・プレストンのオルガンも良い感じですが、
>やっぱり音がスカスカに感じて、当のポールもウイングスのライブでは
>ホーンセクションを加えたり、「マイラブ」ではオーケストラと共演したりで、
>何がどう気に入らなかったのか不思議です。

僕もあれはあれで好きです。
細かく言うと、ポールはオーケストラそのものよりも、コーラスが嫌だったらしいのですが、
どちらにしても、ホント何がそんなに嫌だったんでしょうね・・・?

ライヴでホーンを足すのは、ストーンズも、あのザ・バンドでも、そうだったように、
やっぱり音の厚みが必要とみんなおもうんでしょうね。

『マイ・ラヴ』は確かにオーケストラ入りですね。
謎ですね(笑)

>佐野元春「サムデイ」にも影響が大きいと思います。

大きい、というより、まんまフィル!
ほほえましいほどです。

>ビートルズがカバーした曲のうち、正規版にはもれましたが、「会った途端に一目ぼれ」や「つのる想い」の邦題で有名な曲のジョンの歌声が大好きで、
>後からフィル・スペクターの曲と知って、アマ時代から浅からぬ縁があったのかと驚きました。

それは知りませんでした(というか、すっかり忘れている・・・)。
もともと、フィルのファンだったんですね。
やっと、フィルと仕事ができて、うれしかったんですね。


【2021/01/25 18:29】 URL | バニーマン #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
https://oukei1963.blog.fc2.com/tb.php/736-ee4b8b0d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


サイドメニュー ×
メニューA  メニューB