FC2ブログ
バニーマン日記
映画、音楽等など、のんびり書いていきます。

プロフィール ×

バニーマン

Author:バニーマン
映画ネタ、音楽ネタを中心に思いつくまま適当に書いていきます。
自分が忘れないための
日記のようなものです(^_^;)。
Instagram @kou_oku
リンクフリーです。


最新記事 ×

最新コメント ×

最新トラックバック ×

月別アーカイブ ×

カテゴリ ×

青森(と秋田)に行ってきました⑦
【2018/12/03 13:51】 旅行ー東北
弘前にお泊りです。

お宿はビジネス・ホテル。
というのも、晩御飯が決定済みなので、食事なしということでビジネス・ホテル。

向かった先は、“津軽三味線ライブ あいや” 。
居酒屋ですが、店内で津軽三味線ライブがあるということでここに。

DSC_0616-77.jpg

津軽三味線というと、映画ファンとしては斎藤耕一監督の“津軽じょんがら節”、
一般的には“吉田兄弟”を思い浮かべる人が多いと思います。
僕としてはそんな程度の知識ですが・・・。

で、お店の外見は三味線らしさは無い、店内は小さい。
30人、入れる・・・?
その分、ステージは目の前。
ちょっとイメージとは違いました(笑)

僕等が入店した時点では、お客は僕等だけ、つまり5人。
すこし遅れて、女性一人と、男性一人。

もう少し後に、団体さんの予約が入っているとのことで、
僕等が帰るころに、その団体さんが入店しました。

店主?と、お客さんだと思っていた女性が津軽三味線を演奏しました。

津軽三味線は、弦楽器だけど打楽器と呼んじゃってもいいんじゃないかと、前から
個人的には思っていただけあって、目の前での演奏は迫力ありましたね。

DSC_0617-77.jpg

僕等しかいないので、演奏終了後、演者の二人と世間話。

二人によると、津軽三味線の歴史は以下のようです。

弦楽器そのものの発祥は中東とされる。
その後構造的に変化しながら、インドを経て中国に入り、中国南部において「三絃」が成立。
その三弦が、15世紀以降、琉球王国(現在の沖縄県および鹿児島県奄美群島)で独自に発展し、
三線となった。
そして三線が沖縄を経て畿内に持ち込まれ、江戸時代中期に日本独特の三味線となった。
以降、三味線は日本各地の土着芸能と融合して様々に発達し、当時日本最北端であった津軽地方に
おいて津軽三味線となる。
津軽三味線の楽曲の原型は、新潟地方の瞽女(ごぜ)の三味線と言われる。
その他、北前船によって日本海側各地の音楽が津軽に伝わり、津軽民謡は独特の発達をみる。

諸説あるようですが、中東→中国→沖縄→畿内→津軽というのは、ほぼその通りでしょう。
お二人によると、とにかく北前船の影響は大きかった、ということらしい。
食料品とかの物質だけでなく、あらゆる文化が北前舟によって、津軽に届けられたと。

日本以外のことはともかく、国内においては、形は似ていても実に違う楽器になりましたね。
楽器が違うというか、その奏でられる音楽が違うというか・・・。
面白いですね。

DSC_0618-77.jpg



青森の食事について。

この“あいや”での食事ということではなく、旅行中全体においての感想です。
写真は無いです(^_^;)

先ずは“嶽きみ”。
トウモロコシのことですが、これが美味しかった。
とにかく甘い。
旬はちょっと過ぎているということでしたが、それでも美味しい。
天ぷらとコロッケを食べましたが、どちらも美味しかった。

ホタテの串焼き。
焼き鳥状態ですが、油で焼いてある・・・?
鉄板で焼いてあるのかな?
香ばしくて美味しい。
味は醤油味。

イカメンチ。
イカのゲソをメインにした揚げ物ですが、これも美味い。
海沿いの町ならどこでもありそうだけど、青森ならでは。

せんべい汁。
“せんべい”というのがどんなせんべいなのか、食べるまで分かりませんでした。
僕が食べたのは、すいとんの代わりにせんべいが入っていたような汁ものですが、
そのせんべいというのが“麩”みたいなもので、美味しかったです。



お土産。

おきな屋というお菓子屋さんの“たわわ”と“薄紅(うすくれない)”
たわわは和風アップルパイで、薄紅は和風リンゴグラッセです。
その大きさ(と言うか小ささ!)にビックリしましたが、上品な甘さで美味しかったです。




関連記事
スポンサーサイト





テーマ:東北旅行 - ジャンル:旅行

この記事に対するコメント

津軽三味線てかっこいいですよね! いいなぁ〜。
ああ、私も間近で聴いてみたいです♪
そうか、そうか〜
中東→中国→沖縄→畿内→津軽
だから、より心惹かれるのかしら〜。

せんべい汁、食べたことあります。
とろんとしたところが美味しいですよね。
【2018/12/04 19:55】 URL | さとちん #- [ 編集]


さとちんさん、こんばんは。

三線と津軽三味線とでは、随分違いますが、沖縄出身の方からすると
やはり何か感じるところがあるんでしょうか。

>せんべい汁、食べたことあります。
>とろんとしたところが美味しいですよね。

そうそう、例えると麩としか言えないのですが、
あのとろんとしたのがせんべいなんですね。
予想外に(青森県民失礼!)美味しかったです。
【2018/12/04 22:38】 URL | バニーマン #- [ 編集]

おっはー
津軽三味線、ライブで聴けていいですねー。
迫力あるでしょ?
僕は、他の三味線は生で聴いたことがありますが、
津軽はないですねえ。
しかも、市民会館のステージだったので、それなりでした。
いま話題のクイーン始め、たくさんのロックバンドにも
影響を与えている津軽三味線、すぐ目の前で聴ける機会が
得られてうらやましいです。

トウモロコシの天ぷらって、思いのほかうまいですよね。
“嶽きみ” は食べたことがないのですが、
北海道にもとてつもなく甘いトウモロコシがあります。
塩ゆでの塩を砂糖と間違えたんじゃないの、母さん?
って思うくらい甘いです。
“嶽きみ” もそれくらい甘いんでしょうね。
北海道や東北では、トウモロコシのことを「トウキビ」って
言ったりします。
“嶽きみ” の「きみ」は、キビ=黍のことですね。
トウキビは、黍とは違う植物ではありますが。

ホタテは、青森や岩手は名産地ですよね。
でかくて、ジューシーでうまい。
いいもの食べましたね。

イカメンチ!
これは、テレビ番組で紹介されているのを観ましたが、
食べたことがないです。食べたい!
イカゲソのかき揚げみたいな料理ですよね?
これは、ぜったいうまいでしょ。

せんべい汁は、食べたことがありますよ。
せんべいは、東北、北海道ではポピュラーな「南部煎餅」が
使われるはずですが、せんべい汁に使うやつは
それ専用のものを作って使っているようですね。
ふやける前は、固いかきもちみたいなやつですが。

アップルパイとアップルグラッセ、
これも、青森らしくていいですねー。
果物のグラッセとか、シロップ漬けとか、ドライフルーツ好き
としては、お取り寄せしたくなる一品ですわ。

弘前城が移動してたのにはびっくりしましたが、
いい旅されましたね。
温泉、入りてー
【2018/12/09 05:19】 URL | つかりこ #- [ 編集]


つかりこさん、こんばんは。

生津軽三味線、良かったですよ!
生で聴いて、ロックやジャズとの共演がいかに違和感が無いか、
あらためて分かりました。
それゆえ、三味線から津軽三味線への伝わる過程での変化が、
なぜこうも変わっちゃったの?と謎が増えましたが。

>北海道にもとてつもなく甘いトウモロコシがあります。
>塩ゆでの塩を砂糖と間違えたんじゃないの、母さん?
>って思うくらい甘いです。
>“嶽きみ” もそれくらい甘いんでしょうね。

北海道はトウモロコシの名産地ですよね。
残念ながら北海道のトウモロコシは食べたことが無いんです。
だから比べようがないのですが、“嶽きみ” は甘かったです。

>北海道や東北では、トウモロコシのことを「トウキビ」って
>言ったりします。

トウキビはこちらでも通用しますよ。
ただある程度年齢のいった人間だけかもしれませんが・・・。
少なくとも僕より上の世代には分かるはずです。

>ホタテは、青森や岩手は名産地ですよね。
>でかくて、ジューシーでうまい。
>いいもの食べましたね。

いや、これがちっちゃいホタテだったんです(笑)
でも、油の香ばしさで、美味しかったです。
ビールのつまみに注文したんですが、ピッタリでしたね。

>イカゲソのかき揚げみたいな料理ですよね?
>これは、ぜったいうまいでしょ。

僕が食べたものは、かき揚げ風ではなく、イカだらけの
さつまあげみたいなものでした。
東京や北海道では何と呼ぶのかわかりませんが、イカがやたら多い
揚げはんぺんですね。
尚且つ、味がすでについているので、それだけで十分美味しいです。
これは日本中で売っていてもいいのにと思いました。

>せんべい汁は、食べたことがありますよ。
>せんべいは、東北、北海道ではポピュラーな「南部煎餅」が
>使われるはずですが、せんべい汁に使うやつは
>それ専用のものを作って使っているようですね。
>ふやける前は、固いかきもちみたいなやつですが。

せんべいというのが、どういうせんべいなのかよくわからなくて、
食べ終えた感想からすると、今回の旅行で一番ビックリのものでした。
ふやける前のせんべいは、食べていないのでよくわかりませんが、
ふやけたせんべいは良かったですね。

>アップルパイとアップルグラッセ、
>これも、青森らしくていいですねー。
>果物のグラッセとか、シロップ漬けとか、ドライフルーツ好き
>としては、お取り寄せしたくなる一品ですわ。

この和菓子は、写真では見ていたのですが、実物を見て、あまりの小ささに
ビックリしました(笑)
でも味は良かったです。
日本茶はもちろん、紅茶にもよくあうと思いますよ。
機会があれば是非どうぞ!

>弘前城が移動してたのにはびっくりしましたが、
>いい旅されましたね。
>温泉、入りてー

城が曳けるとは思いもしませんでした。
近所にも昭和の道路拡張の折に曳いた家があるのですが、
それなりにちゃんと建っていて(当たり前ですが・・・)、それにも
ビックリしますが、城となるとその大きさから!!!ですね。
弘前城の曳工事は映像が残っているので、それを見ても、へ~と
感心してしまいます。
また戻すときに曳くわけで、目の前で見たいものです。
【2018/12/09 22:36】 URL | バニーマン #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
https://oukei1963.blog.fc2.com/tb.php/655-9d8601a3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


サイドメニュー ×
メニューA  メニューB