バニーマン日記
映画、音楽等など、のんびり書いていきます。

プロフィール ×

バニーマン

Author:バニーマン
映画ネタ、音楽ネタを中心に思いつくまま適当に書いていきます。
自分が忘れないための
日記のようなものです(^_^;)。
リンクフリーです。


最新記事 ×

最新コメント ×

最新トラックバック ×

月別アーカイブ ×

カテゴリ ×

あやしい彼女(2016)
【2017/01/13 20:08】 映画あ
あやしい彼女(2016)

ayasii-01.jpg

上映時間 : 125分
製作国 : 日本

監督:水田伸生
脚本:吉澤智子
撮影:中山光一
美術:磯見俊裕
衣裳:篠塚奈美
音楽:三宅一徳
主題歌:anderlust『帰り道』
劇中歌プロデュース:小林武史
出演:
多部未華子 / 大鳥節子
倍賞美津子 / 瀬山カツ
要潤 / 小林拓人
北村匠海 / 瀬山翼
金井克子 / 相原みどり
志賀廣太郎 / 中田次郎
三鴨絵里子 / 中田麻衣子
越野アンナ / アンナ
温水洋一 / オオトリ写真館の店主
小林聡美 / 瀬山幸恵

73歳の瀬山カツはワガママで無神経な毒舌おばあちゃん。
地元商店街ではいつもトラブルの元凶となる鼻つまみ者。
女手一つで育て上げた娘の幸恵とバンド活動をしている孫・翼の自慢話に周囲は辟易。
そんなカツの唯一の理解者が、昔なじみの中田次郎。
彼女を一途に慕い、どんな時でも味方になってくれていた。
ある日、幸恵と喧嘩して家を飛び出したカツは、見知らぬ写真館にふらりと足を踏み入れる。
やがてふと気づくと、いつの間にか20歳の時の自分に若返っていたのだった。
そしてひょんな成り行きから、大鳥節子と名乗り、次郎の家に居候することに。
やがて、のど自慢大会がきっかけで翼のバンドにスカウトされたカツ。
かわいい孫のためとひた肌脱ぐことに。
一方、音楽プロデューサーの小林拓人も同じようにカツの歌声に魅了され、
その行方を捜していたのだが…。



ayasii-03.jpg

評判の高かった韓国映画「怪しい彼女」の日本版リメイク。

以外にオリジナルに忠実。
もちろん、細かいところは結構違う。

おばあちゃんのこどもは息子が娘になっているし、自分の代わりの二代目歌手は孫娘から
孫の彼女(だったっけ・・・? 単なるバンド仲間?)になったりとかね。

ayasii-02.jpg

あの作品ならどう料理したってそこそこ面白くなるだろうと思って観たら、
日本映画ならでは、というか日本人ならこの方が分かりやすいという設定で、
予想以上の出来でした。

やっぱり“歌”が韓国の歌では感情移入ができない。
その点、日本の歌だと知っているものばかりですから。
若い人にとってはどうなのかはわからないけど、昭和生まれの人間にはこの方がいい。

多部未華子、倍賞美津子、金井克子、志賀廣太郎、小林聡美、みんな良かったです。

笑えて泣けるというのもオリジナル譲りで良かった。

ayasii-04.jpg

そうそう二代目の歌手役、如何にも小林武史の好みっぽいな~なんて思っていたら、
越野アンナって小林武史とakkoの娘なんですね!
どうりで歌声がakkoにそっくり!

ayasii-05.jpg

難点は多部ちゃんの歌が上手くないこと(^_^;)
まー本人もなぜこの役?というオファーだったらしいけど・・・。

でも可愛かったから許す(笑)

エンディングの真っ赤なパンツで変な踊りで歌う多部ちゃんも良かった。

☆予告



☆anderlust/帰り道 (映画「あやしい彼女」主題歌)






関連記事
スポンサーサイト


テーマ:邦画 - ジャンル:映画

この記事に対するコメント

バニーマンさん、ご覧になられましたね〜!
日本版は日本版で感情移入しやすくて良いですよね。
そうそう、中国版やベトナム版の予告編が入っていませんでしたか?
予告編を見る限り、韓国と日本のテイストが一番近いと思いませんでした?
近くて遠い国(最近とくにそう思う)ですがエンターテイメントの好み?は
近いな〜という気がしています。
【2017/01/15 17:56】 URL | さとちん #- [ 編集]


さとちんさん、コメントありがとうございます。

はい、やっと観ました。というかこれ観たの去年のことなんですけど・・・
ブログにアップするネタ、溜まりまくりです(^_^;)

>そうそう、中国版やベトナム版の予告編が入っていませんでしたか?
>予告編を見る限り、韓国と日本のテイストが一番近いと思いませんでした?

予告編を観るかぎり、韓国&日本&ベトナムはそれほど遠くないかもと思いました。
中国版はちょっと恋愛物語に傾きすぎかな・・・という感じがしました。
ヒロイン(20歳の方)が美人度を強調していたような・・・だけどあまり僕としては興味が湧かないタイプです(個人的な趣味です、勿論)。
ベトナム版はヒロインに問題が・・・(個人的な趣味ですよ)。

まー本編を観ていない国はなんとも言えませんが、オリジナルと日本版は満足です!
【2017/01/15 21:20】 URL | バニーマン #- [ 編集]

初めまして
拙ブログにコメントいただき、ありがとうございます。
いつも、pipco1980さんのブログで、お見かけしていました。

タイムスリップ、入れ替わりと同様に、若返るストーリーも、
映画の定番のテーマですが、バンドがからむと、より一層、
話に感情移入しやすいので、BSや地上波でチェックします。

高校の頃、タイムマシンがあれば、10年くらい前に戻って、
ギターの腕前を披露したり、ヒット曲を連発できると思って、
のちに、バックトゥザフューチャーや、僕はビートルズで、
似たような設定を見て、考えることは同じだなと思いました。
【2017/01/16 01:20】 URL | ギターマジシャン #- [ 編集]


ギターマジシャンさん、コメントありがとうございます。
pipco1980さんのブログでの鋭い指摘、流石~と感心しきりです。

この作品は観て損は無いです。
面白いし、ホロリとさせられます。
オススメです。

>高校の頃、タイムマシンがあれば、10年くらい前に戻って、
>ギターの腕前を披露したり、ヒット曲を連発できると思って、
>のちに、バックトゥザフューチャーや、僕はビートルズで、
>似たような設定を見て、考えることは同じだなと思いました。

僕はBTTFを観て、あ~そんなのありか!?と思いました(^_^;)
それからはいろいろ妄想していますが・・・(笑)
【2017/01/16 21:09】 URL | バニーマン #- [ 編集]


僕は、多部ちゃんの歌が想像よりしてたのよりうまいなーと思いました。
物語のおもしろさという点では、いじわるばあさんの強烈さで
韓国版のほうが強くて、その分ギャグやラストのヒューマンな感動が
そのギャップから強調されていた感じがしました。
ヒロインのかわいさは、多部ちゃんが一番でしょう。
【2017/01/17 00:13】 URL | つかりこ #- [ 編集]


つかりこさん、コメントありがとうございます。

>僕は、多部ちゃんの歌が想像よりしてたのよりうまいなーと思いました。

僕も想像していたよりは上手いと思いましたが、歌で感動する映画としては、
ちょっとキャスティングに問題ありですかね・・・。
いや歌の問題を除けば、多部ちゃんで何の問題もありません(笑)

>物語のおもしろさという点では、いじわるばあさんの強烈さで
>韓国版のほうが強くて、その分ギャグやラストのヒューマンな感動が
>そのギャップから強調されていた感じがしました。

確かに! とにかくオリジナルの韓国版は良く出来ていましたね。
アクの強さも韓国ならでは、と言えますね。

>ヒロインのかわいさは、多部ちゃんが一番でしょう。

それは勿論!!!
【2017/01/17 21:10】 URL | バニーマン #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
https://oukei1963.blog.fc2.com/tb.php/588-ef5933d8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


サイドメニュー ×
メニューA  メニューB