バニーマン日記
映画、音楽等など、のんびり書いていきます。

プロフィール ×

バニーマン

Author:バニーマン
映画ネタ、音楽ネタを中心に思いつくまま適当に書いていきます。
自分が忘れないための
日記のようなものです(^_^;)。
リンクフリーです。


最新記事 ×

最新コメント ×

最新トラックバック ×

月別アーカイブ ×

カテゴリ ×

Steve Hackett / Spectral Mornings
【2016/10/05 18:25】 音楽す
Steve Hackett / Spectral Mornings+8 (1979年)
 スティーブ・ハケット / スペクトラル・モーニングス+8

61OvcIWmyoL.jpg

1. エヴリ・デイ
2. ザ・ヴァージン・アンド・ザ・ジプシー
3. ザ・レッド・フラワー
4. クロックス
5. ザ・バラード・オブ・ザ・ディコンポージング・マン
6. ロスト・タイム・イン・コルドバ
7. タイガーモス
8. スペクトラル・モーニングス
9. エヴリ・デイ (オルタネイト・ミックス) 【Bonus Tracks】
10. ザ・ヴァージン・アンド・ザ・ジプシー (オルタネイト・ミックス) 【Bonus Tracks】
11. タイガーモス (オルタネイト・ミックス) 【Bonus Tracks】
12. ザ・バラード・オブ・ザ・ディコンポージング・マン (オルタネイト・ミックス) 【Bonus Tracks】
13. クロックス (シングル・ヴァージョン) 【Bonus Tracks】
14. ライヴ・アコースティック・セット 【Bonus Tracks】
15. タイガーモス (ライヴ) 【Bonus Tracks】
16. ザ・ケアテイカー 【Bonus Tracks】


初期の作品の中では最高傑作として有名な1979年の3rdアルバム。
実弟ジョン・ハケット、妻キム・プーアが参加。前作までとは異なり、
パーマネントなバンドを率いたレコーディングでドラマティックなサウンドを構築。




スティーブ・ハケットは1950年、ロンドン生まれのギタリスト、シンガー&ソング・ライター。
1971年から1977年までジェネシスの二代目ギタリストとしての活動が有名。

僕にとってジェネシスはハケット脱退後の“そして3人が残った”から聴きだした(知った)ので、
ハケット及びピーター・ガブリエルが在籍当時のジェネシスはほとんど聴いていません(^_^;)

個人的な趣味として、叙情性サウンドと言うものが好きで、例えばピンク・フロイドのギタリスト、
デヴィッド・ギルモアのギター・サウンドとか、元クリムゾンのマクドナルド&ジャイルズとかが
とっても好みなので、このハケットのソロ3枚目を手に入れました。

一曲目の“エヴリ・デイ”はもろ70年代プログレ・サウンドなんですが、後半のギター・ソロなんて
めちゃ大好きな音ですね。
これに限らず、伸びやかなサスティンのかかったギター・サウンドがイイ!

アコギがメインのクラシカルな曲や、オリエンタルな雰囲気の曲、ビートルズの“イエロー・サブマリン”の
ようなノベルティ・ソング?等、結構バラエティ豊か。
それと以外にポップでキャッチー。

半分はインスト曲なんですが、個人的にはそれも良い。
大変気に入っています。

☆Steve Hackett - Everyday



このタイトル・トラックも名曲!

☆Spectral Mornings / Steve Hackett






関連記事
スポンサーサイト


テーマ:洋楽ロック - ジャンル:音楽

この記事に対するコメント
毎度です
こんばんは

うーん….難しいとこ突いてきましたね。
この人とか、ラザフォード、アンソニーフィリップスとか、
果たして音楽として?存在として?どれほどの価値があるんだろうか!?
って、大昔から解決してない、難しい命題だった気がします。

マクドナルド&ジャイルスも、悩みの種でしたが…。

久々、プログレって何だろう?って、高校生みたいな命題に
ジジイの頭は大混乱ですよ!(笑)。
【2016/10/06 22:18】 URL | pipco1980 #- [ 編集]


pipco1980さん、コメントありがとうございます。

そうですか、難しいところ突いちゃいましたか(笑)

プログレって何?ということは、僕もよく分りません(^_^;)

思想や哲学が無くても、サウンドとして楽しめる!?
そんなプログレがこれですね。
“叙情性”というカテゴリーというものも随分広い世界ですが、
ジェネシスでもピーター・ガブリエルがいなくなった後は、そうなのかな?

>マクドナルド&ジャイルスも、悩みの種でしたが…。

日本では大変人気のあるアルバムらしいです。
アナログ盤時代は一度もカタログ落ちしなかったということで・・・。
【2016/10/07 20:42】 URL | バニーマン #- [ 編集]


んー、僕も'70年代のジェネシスは全然知らないので、
この人の存在も知らなかったです。
後に、フィル・コリンズやピーター・ガブリエルがソロで目立った時に、
「ジェネシスを聴かなあかんなー」と思いつつも、
いまだにそのままというのが原因ですねー。

なるほど、おっしゃる通り、デヴィッド・ギルモアのギターに似ていますね。
プログレとしてもインストのアンサンブルは、
当時絶好調のイエスっぽいかもしれません。
(歌の旋律はポップですが)
としても、たしかにおもしろい楽曲ですねー。
完全に白っぽいギターミュージックという意味では珍しいですよね。
ホールライブを聴いてみたくなります。
【2016/10/07 21:17】 URL | つかりこ #- [ 編集]


つかりこ さん、コメントありがとうございます。

>後に、フィル・コリンズやピーター・ガブリエルがソロで目立った時に、
>「ジェネシスを聴かなあかんなー」と思いつつも、
>いまだにそのままというのが原因ですねー。

まさに、僕もその状態です(笑)
特にガブリエルが在籍時のものは名盤が多いので、聴こうとは思っているのですが・・・。
それと“SO”以前のガブリエルのソロ作品も名盤揃いなので聴かないと!、と思っております。

>なるほど、おっしゃる通り、デヴィッド・ギルモアのギターに似ていますね。

サスティンのきいたロングトーンのギターサウンドは、ギルモアに似ていますね。

>完全に白っぽいギターミュージックという意味では珍しいですよね。

ギルモアも一応ブルース・ギタリストなのですが、このハケットにしろ、白っぽいのは
英国らしいと言えるのかな?
アメリカ人にはなかなかいないタイプですね。
アメリカ人ではボストンのトム・ショルツかな・・・?
【2016/10/08 20:26】 URL | バニーマン #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
https://oukei1963.blog.fc2.com/tb.php/568-ffc9849a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


サイドメニュー ×
メニューA  メニューB