バニーマン日記
映画、音楽等など、のんびり書いていきます。

プロフィール ×

バニーマン

Author:バニーマン
映画ネタ、音楽ネタを中心に思いつくまま適当に書いていきます。
自分が忘れないための
日記のようなものです(^_^;)。
リンクフリーです。


最新記事 ×

最新コメント ×

最新トラックバック ×

月別アーカイブ ×

カテゴリ ×

エルヴィスのゴールデン・レコード第1集
【2015/12/05 20:42】 音楽え
エルヴィスのゴールデン・レコード第1集(2015)
 Elvis' Golden Records

51N2fvF5GLL.jpg

1. ハウンド・ドッグ (MONO)
2. ラヴィング・ユー (MONO)
3. 恋にしびれて (MONO)
4. ハートブレイク・ホテル (MONO)
5. 監獄ロック (MONO)
6. ラヴ・ミー (MONO)
7. トゥー・マッチ (MONO)
8. 冷たくしないで (MONO)
9. 心のうずく時 (MONO)
10. テディ・ベア (MONO)
11. ラヴ・ミー・テンダー (MONO)
12. やさしくしてね(トリート・ミー・ナイス) (MONO)
13. どっちみち俺のもの (MONO)
14. アイ・ウォント・ユー、アイ・ニード・ユー、アイ・ラヴ・ユー (MONO)
15. マイ・ベイビー・レフト・ミー (MONO) (ボーナス・トラック)
16. アイ・ワズ・ザ・ワン(ただひとりの男) (MONO) (ボーナス・トラック)
17. ザッツ・オール・ライト (MONO) (ボーナス・トラック)
18. ベイビー・レッツ・プレイ・ハウス (MONO) (ボーナス・トラック)
19. ミステリー・トレイン (MONO) (ボーナス・トラック)
20. ブルー・スエード・シューズ (MONO) (ボーナス・トラック)


本作は「冷たくしないで」「ハウンド・ドッグ」「ハートブレイク・ホテル.」他、
全米No.1ヒット9曲を含む1956年から1958年に放ったメガ・ヒット・ナンバーを収録した作品。
全米アルバムチャート3位。人気絶頂だったが'58年3月エルヴィスは陸軍に徴兵、
そんな時期にリリースされた。
全ての収録曲は既に発売している3枚のアルバムには入っていなかったため
このアルバムは事実上オリジナル・アルバムと言える。
サン・レコード時代の音源等6曲をボーナス・トラックとして追加収録したアップグレイド盤。(1958年作品)



1954年「ザッツ・オール・ライト」でメンフィスのサン・レコードからデビュー。
56年に移籍したRCAからのファースト・シングル「ハートブレイク・ホテル」が
初の全米No.1となり、キングの歴史が始まる。
以後、最高のエンタテイナーとして23年間に渡りスーパースターの座に君臨。
1977年8月16日に逝去。




エルヴィスのことは流石に子供のころから名前だけは知っていましたが、強く意識したのは彼の死によってです。
1977(昭和52)年8月16日は、日本だと8月17日になるのかな・・・?
今調べてみて、ちょっと驚いたのは、16日って火曜日だった。平日だったんだ。へ~。

この日、僕はまだ中学生で、お盆休み(子供はどちらにしても夏休み中)なので、従兄弟たちと鮎掛けに行っていた。
その帰り、電車の中で、僕の前に座っていたオジサンが読んでいたスポーツ新聞に、キングの死亡記事がでかでかと
載っていた。当時の中学生にとって、エルヴィスは過去の人であり、ちょっと前?にハワイかラスヴェガスで復活
コンサートをやった人みたいな認識しかなかった。ロック歌手にあるまじきデブさで、もう引退したら?みたいな
感じだった。←エルヴィスのファンの方、怒らないでね、当時の中学生の感想ですから・・・(^_^;)

で、それからしばらくは、ラジオやらテレビやら雑誌やらでエルヴィスの大特集だったわけ(・・・多分)。
当時FMレコパルという雑誌を定期購読していたんだけど、それに確か黒鉄ヒロシがエルヴィスの伝記を描いたと思う。
そこでドーナッツネタも描かれていたと記憶しています。←だからキングのファン、怒らないでね(^_^;)。

もう一つの思い出は、当時ジョン・レノンが日本に滞在していたのかな、それでどこかの記者がジョンにエルヴィスに
ついてコメントを求めたところ、ジョン曰く「徴兵後のエルヴィスには興味が無いので・・・」。

上記のことは記憶違いがあるかもしれないので、間違っていたらごめんなさい。
別に確認して書いていているわけじゃないです・・・(^_^;)

一枚ぐらいはエルヴィスのCD持っていたいな~などと思いつつ、今の今まで買わずに生きてきました。
実際のところ、まわりにエルヴィスのファンという人がいなくて、何を買っていいのやら分からない。
そんな時、エルヴィスのCDが1080円で発売という記事を見つけ、つい買ってしまいました。

流石に全盛期のエルヴィスの作品だけあって、ボートラは別にして、収録曲のほとんど知っていました。
一家に一枚の作品ですね(笑)

今(というか1977年当時でも)聴く(観る)と、世の中の親を驚かせたこと(エルヴィスの腰の振り方が卑猥だとか)
なんてまったく何のことやらですが、当時は大事件だったんでしょうね・・・。

☆Elvis Presley / Hound Dog



☆Elvis Presley / All Shook Up





関連記事
スポンサーサイト


テーマ:音楽のある生活 - ジャンル:音楽

この記事に対するコメント
バラードの方が好きかも
こんにちは。
私もエルヴィスに対する認識はバニーマンさんと似たようなもんです。
子どもの頃にテレビ放映された「ブルーハワイ」を観たくらいでしょうか。
ただ私の抱いた印象は「もみあげの素敵なおじさん」でしたけど。
つくづく幼少の頃よりヒゲ好きだったワタシ。 (^_^;)

彼の歌に関しては全く興味がなかったのですが、今回私もこのCD買ってみました。
けど「ラブミーテンダー」以外は全然知らなかった・・・。
それでも彼の声の素敵さが良くわかりましたわ。
特にバラードでの、ささやくような声がたまらなくセクシー。
当時の女性達は必死でラジオに耳を傾けていたのだろうな、と容易に想像がつきます。
【2015/12/10 21:56】 URL | ケフコタカハシ #oibKWSZc [ 編集]


ケフコタカハシさん、コメントありがとうございます。

おー、タカハシさんもこのCDを買われたのですね。

>ただ私の抱いた印象は「もみあげの素敵なおじさん」でしたけど。
>つくづく幼少の頃よりヒゲ好きだったワタシ。 (^_^;)

さすが、髭好きに年季が入っているんですね(笑)

>特にバラードでの、ささやくような声がたまらなくセクシー。
>当時の女性達は必死でラジオに耳を傾けていたのだろうな、と容易に想像がつきます。

女性にとって彼の声がセクシーだったのは、男の僕でもよくわかります。
ヘッドフォンで聴くと、彼の歌声にぞくぞくします(^_^;)
【2015/12/11 20:58】 URL | バニーマン #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
https://oukei1963.blog.fc2.com/tb.php/497-a7908bec
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


サイドメニュー ×
メニューA  メニューB