バニーマン日記
映画、音楽等など、のんびり書いていきます。

プロフィール ×

バニーマン

Author:バニーマン
映画ネタ、音楽ネタを中心に思いつくまま適当に書いていきます。
自分が忘れないための
日記のようなものです(^_^;)。
リンクフリーです。


最新記事 ×

最新コメント ×

最新トラックバック ×

月別アーカイブ ×

カテゴリ ×

佐野元春 & THE COYOTE BAND / BLOOD MOON
【2015/12/03 21:41】 音楽さ
佐野元春 & THE COYOTE BAND / BLOOD MOON (2015)
 (初回生産限定盤)(初回限定ボックス盤)(CD+DVD) CD+DVD, Limited Edition

51iyUn9sgrL.jpg

ディスク:1
1. 境界線
2. 紅い月
3. 本当の彼女
4. バイ・ザ・シー
5. 優しい闇
6. 新世界の夜
7. 私の太陽
8. いつかの君
9. 誰かの神
10. キャビアとキャピタリズム
11. 空港待合室
12. 東京スカイライン


ディスク:2
1. 境界線 (MUSIC VIDEOS)
2. 紅い月 (MUSIC VIDEOS)
3. 本当の彼女 (MUSIC VIDEOS)
4. バイ・ザ・シー (MUSIC VIDEOS)
5. 優しい闇 (MUSIC VIDEOS)
6. 私の太陽 (MUSIC VIDEOS)

【初回限定ボックス盤】【初回限定生産盤】(CD+DVD)

・BOXケースにCD/DVD/ブックレットを収納。
・豪華ブックレット:100頁写真・詩集
・撮り下ろしミュージック・ビデオ6曲
・佐野元春 直筆詩シート
【封入特典】ダウンロードパスキー(1曲)

『COYOTE』(2007年)、『ZOOEY』(2013年) に次ぐザ・コヨーテバンド名義による3作目

フロント・カバーのデザインはヒプノシスの流れを汲む英国のデザイン・チーム 'StormStudios'。




このCDは7月に発売されたもので、その時予約で買っているので、もう随分前のことになる。
で、買ってすぐ聴いたんだけど、はっきりいって、第一印象はよくなかった。

曲が地味というか、メリハリが無く、すべて同じように聴こえる。
佐野元春も歳を取った(当たり前)ので、声域が狭くなっている?
元々、佐野元春って歌声を加工していたけど、そういう問題じゃない。

そんなわけで、聴かないでいたので、ブログにアップせず、放置していたんだけどね・・・(^_^;)。

でも12月になっちゃったし、今年中にブログにアップしたかったから、また聞き直した。
そうしたら、意外と良いかもって思えた・・・。

地味で単調というのは、渋くて味わい深いという風にすら感じられる。
まっ、歌声の印象は変わらないけどね。

どちらにしても、佐野元春の代表アルバムは何?と聞かれたら、これを薦めることはないけど、
ファンにとってはそれなりに楽しめるのかな・・・?
もうちょっと聴きこまないとね。

☆「境界線」 - 佐野元春&ザ・コヨーテ・バンド



☆「紅い月」 - 佐野元春&ザ・コヨーテ・バンド




関連記事
スポンサーサイト


テーマ:音楽のある生活 - ジャンル:音楽

この記事に対するコメント

こんばんは

 これ、この夏聴きました。
 北海道のFM番組に佐野元春がゲスト出演して流しました。
 ローカルな番組に佐野元春がわざわざ出るとは、と感心しました。

 一方で玉置浩二が地元旭川に凱旋コンサートをしたものですから、そのテレビ(BSNHK?)を見て、玉置の声量に圧倒されました。
 二人はほぼ同世代ですよね?
 バニーマンさんがおっしゃるように佐野元春は確かに声量が.....。
 でも、見方を変えると味があると言うか、これはこれでいいなあ、と思えます。
 すいません、直接CDを聴いたわけでなく、ラジオからとバニーマンさんご提供のPVだけの判断で。
【2015/12/04 00:21】 URL | mikitaka08 #- [ 編集]


mikitaka08さん、コメントありがとうございます。

>これ、この夏聴きました。
>北海道のFM番組に佐野元春がゲスト出演して流しました。
>ローカルな番組に佐野元春がわざわざ出るとは、と感心しました。

佐野元春も地道な営業活動をしているんですね。
近くの町でコンサートがあったとか・・・?

>一方で玉置浩二が地元旭川に凱旋コンサートをしたものですから、
>そのテレビ(BSNHK?)を見て、玉置の声量に圧倒されました。

玉置浩二と比べたら佐野元春が分が悪いです。
佐野元春は優秀なソングライターではありますが、玉置浩二のようなシンガーではないですから。歌手としての力量は圧倒的に玉置浩二がスゴイです。

>二人はほぼ同世代ですよね?

今、調べたら、佐野元春は1956年生まれ、玉置浩二は1958年生まれなんですね。へー、元春の方が2歳上なんだ・・・。

>バニーマンさんがおっしゃるように佐野元春は確かに声量が.....。
>でも、見方を変えると味があると言うか、これはこれでいいなあ、と思えます。
>すいません、直接CDを聴いたわけでなく、ラジオからとバニーマンさんご提供のPVだけの判断で。

声量に難ありは兎も角、アルバム全体の感想は聴きこむと変わってくるものなので、
またどこかで感想を書くかもしれません・・・(^_^;)。
【2015/12/04 20:49】 URL | バニーマン #- [ 編集]


ラジオ番組で、新アルバムを出したのは聞いていましたが、
PVなかなかいいじゃないですか。
佐野節健在ですねー。
見ためと歌詞が少し大人になりましたが、
サノモトはサノモトですね。
個人的には、好感度高いです。
ちょっと物色して聴き込んでみようと思います。
【2015/12/06 01:18】 URL | つかりこ #- [ 編集]


つかりこさん、コメントありがとうございます。

え~、何と言いましょうか、ファンであるがゆえに、期待も高くなるわけで、
現時点ではまだ評価が難しいです(^_^;)

>ちょっと物色して聴き込んでみようと思います。

オススメするなら、最近のものなら前々作(COYOTE)とか、もう少し前ならTHE BARNとか、そもそも論を言えば、やっぱり一枚目から六枚目が良いですね。
一枚選べと言われたら、サムデイということになりますね。
【2015/12/06 21:09】 URL | バニーマン #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
https://oukei1963.blog.fc2.com/tb.php/496-251eb2d5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


サイドメニュー ×
メニューA  メニューB