バニーマン日記
映画、音楽等など、のんびり書いていきます。

プロフィール ×

バニーマン

Author:バニーマン
映画ネタ、音楽ネタを中心に思いつくまま適当に書いていきます。
自分が忘れないための
日記のようなものです(^_^;)。
リンクフリーです。


最新記事 ×

最新コメント ×

最新トラックバック ×

月別アーカイブ ×

カテゴリ ×

グランド・ブダペスト・ホテル(2013)
【2015/04/10 20:29】 映画く
グランド・ブダペスト・ホテル(2013)
 THE GRAND BUDAPEST HOTEL

348087_02_01_02.jpg

上映時間 : 100分
製作国 : イギリス/ドイツ

監督:ウェス・アンダーソン
原案:ウェス・アンダーソン
ヒューゴ・ギネス
脚本:ウェス・アンダーソン

出演:
レイフ・ファインズ / ムッシュ・グスタヴ・H
F・マーレイ・エイブラハム / ミスター・ゼロ・ムスタファ
エドワード・ノートン / ヘンケルス
マチュー・アマルリック / セルジュ・X
シアーシャ・ローナン / アガサ
エイドリアン・ブロディ / ドミトリー
ウィレム・デフォー / ジョプリング
レア・セドゥ / クロチルド
ジェフ・ゴールドブラム / 代理人コヴァックス
ジェイソン・シュワルツマン / ムッシュ・ジャン
ジュード・ロウ / 若き日の作家
ティルダ・スウィントン / マダムD
ハーヴェイ・カイテル / ルートヴィヒ
トム・ウィルキンソン / 作家
ビル・マーレイ / ムッシュ・アイヴァン
オーウェン・ウィルソン / ムッシュ・チャック
トニー・レヴォロリ / 若き日のゼロ

1932年。グランド・ブダペスト・ホテルは、“伝説のコンシェルジュ”と呼ばれる
グスタヴ・Hの完璧なおもてなしが評判で、彼目当てのエレガントな客で溢れかえる
ヨーロッパ随一の超高級ホテル。
そこでベルボーイ見習いとして働くことになったのが移民の少年ゼロ・ムスタファ。
グスタヴの指示を忠実にこなし、少しずつ信頼を獲得していく。
そんなある日、グスタヴと懇意の間柄だった富豪の常連客マダムDが殺害され、
遺言で名画“少年と林檎”がグスタヴに贈られることに。
しかしグスタヴには殺人の嫌疑がかけられ、おまけに絵を取り戻そうと
マダムDの息子ドミトリーの刺客も迫ってくる。
そんな中、グスタヴとゼロはコンシェルジュ仲間やゼロの婚約者アガサの力を借りて
逃亡を続けつつ、事件の謎を解明すべくヨーロッパ中を駆け巡るのだったが…。



lokiseu.jpg

ウェス・アンダーソン監督の作品は「ザ・ロイヤル・テネンバウムズ」「ライフ・アクアティック」
「ダージリン急行」の3本しか観ていない。それなりに面白いとは思うけど、どうも乗り切れない
ところがあって、僕の趣味には合わない監督のようです(^_^;)。

348087_01_01_02.jpg

そんな彼の新作であるこの「グランド・ブダペスト・ホテル」、なんと今年のアカデミー賞で9部門に
ノミネート。作曲賞、美術賞、衣装デザイン賞、メイクアップ&ヘアスタイリング賞の4部門で受賞。

観終わった感想は、面白かった。
でも作品賞、監督賞、脚本賞での受賞は無理でしょう。
というよりノミネートされたのもオマケみたいなものでしょう・・・(笑)。

いや、ホント正直に面白かったですよ。今までに観たこの監督の作品の中では一番です。
でも僕が面白いって思うことは、多分この監督のファンからすると物足りないのかなと思う。

348087_01_03_02.jpg

ホテルの内装等の美術は素晴らしいし!の一言。
場面ごとの色使いもホントきれいです。
アニメによる雪上の場面とかはキュート。

348087_01_02_02.jpg

豪華俳優陣も楽しいし(分からない人もいましたが・・・笑)、
くすっと笑えるコメディ(でもブラック)だし、
ただミステリーとしては大したことは無いですが・・・(^_^;)。

f140515_gbh_05.jpg

この監督の場合、映像が楽しめれば良いというタイプの人なので、
ストーリー云々といっても仕方がないけど、今までで一番ストーリーがしっかりしています。

しかし相変わらず画面内の世界は狭いな(笑)。

poutun.jpg

『この映画は、シュテファン・ツヴァイクの著作と生涯にインスパイアされた』とクレジットされているけど、
僕はまったくこのシュテファン・ツヴァイクという人知りません。

☆予告↓


関連記事
スポンサーサイト


テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

この記事に対するコメント

この作品は、エンターテイメントというより、
映画好きを喜ばせる映画ですよねー。
ストーリーは凝っていませんが、
映画づくりの楽しさが随所に見え隠れする、
マニアうけする名作だと思います。
ウィレム・デフォー、笑えましたよね。
『ハンナ』に出ていたシアーシャ・ローナンちゃんがきれいでした。
【2015/04/16 20:33】 URL | つかりこ #- [ 編集]


つかりこさん、こんばんは。

>この作品は、エンターテイメントというより、
>映画好きを喜ばせる映画ですよねー。
>ストーリーは凝っていませんが、
>映画づくりの楽しさが随所に見え隠れする、
>マニアうけする名作だと思います。

いろいろな場面で、あーここはあの映画へのオマージュだなと思いつつ
観る作品ですね。
ストーリーは凝っていませんが、画面はめちゃ凝っていますよね。

>ウィレム・デフォー、笑えましたよね。

あの顔を生かした役でしたね。
ホント笑えます。

>『ハンナ』に出ていたシアーシャ・ローナンちゃんがきれいでした。

知らない間に、もう大人になっていました、ビックリです(笑)。
【2015/04/17 19:28】 URL | バニーマン #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
https://oukei1963.blog.fc2.com/tb.php/426-47dd9eb2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


サイドメニュー ×
メニューA  メニューB