バニーマン日記
映画、音楽等など、のんびり書いていきます。

プロフィール ×

バニーマン

Author:バニーマン
映画ネタ、音楽ネタを中心に思いつくまま適当に書いていきます。
自分が忘れないための
日記のようなものです(^_^;)。
リンクフリーです。


最新記事 ×

最新コメント ×

最新トラックバック ×

月別アーカイブ ×

カテゴリ ×

スノーピアサー(2013)
【2015/03/22 21:09】 映画す
スノーピアサー(2013)
 SNOWPIERCER

61bgtrs47.jpg

上映時間 : 125分
製作国 : 韓国/アメリカ/フランス

監督:ポン・ジュノ
原作:ジャン=マルク・ロシェット
ジャック・ロブ
原案:ポン・ジュノ
脚本:ポン・ジュノ
ケリー・マスターソン

出演:
クリス・エヴァンス / カーティス
ソン・ガンホ / ナムグン・ミンス
ティルダ・スウィントン / メイソン
ジェイミー・ベル / エドガー
オクタヴィア・スペンサー / ターニャ
ユエン・ブレムナー / アンドリュー
アリソン・ピル / 小学校教師
コ・アソン / ヨナ
ジョン・ハート / ギリアム
エド・ハリス / ウィルフォード

2014年、人類は急速に進行する温暖化を食い止めるため、人工冷却物質の散布を実施。
しかしそれは予想外の結果を招き、地球は氷河期に突入してしまう。
やがて人類を含めほとんどの生物は死に絶え、17年後の2031年、“スノーピアサー”と
呼ばれる列車の中で生活する乗客たちだけが人類のすべてとなっていた。
その列車は永久機関のエンジンを積み、1度も止まることなく1年をかけて地球を1周する“走る箱舟”。
その前方車両では富裕層が優雅に暮らす一方、後方車両に押し込められた
貧困層は劣悪な環境で虐げられ、忍従の日々を送っていた。
そんな中、最後尾に乗るカーティスが革命に立ち上がり、
反乱軍を率いて前方車両へと侵攻していくが…。



345ppp999.jpg

ポン・ジュノ監督にとっては初めての英語作品です。
ワインスタイン・カンパニーが北アメリカ、イギリス、オーストラリアニュージーランド、
南アフリカ共和国での配給権を獲得したそうです。

原作はジャック・ロブ(原作)とジャン=マルク・ロシェット(イラスト)による
グラフィック・ノベルだそうです。
えーとっ、バンド・デシネということですね。

原作の絵はこんなかんじです↓

A1pppp47.jpg

普通に面白かったし、楽しめたのですが、何故列車?

原作があるので、そんな疑問はどうしようもないのですが、
別に列車の必要があるのかな?というのが素直な感想。

勿論、列車という設定を生かした場面もあって、そこは成程!なんですけど、
そもそも論ということでは、列車ということも含めて、基本設定に無理があるだろう
ということなんです。
ネタバレになるので書きませんが、ツッコミどころ満載ですよ。
観ていて、なんでやねん?とついつぶやいてしまいます。

それに韓国人監督ということでいえば、グロさが足りないですね。
いや、偏見ですけど・・・(^_^;)。

“ほえる犬は噛まない”とか“殺人の追憶”とかが懐かしい・・・(笑)。

でも最初に書いたように、それなりに楽しめました。
“敵”が実に憎ったらしいからかな(笑)。

俳優陣ではティルダ・スウィントンが怪演。
“グランド・ブダペスト・ホテル”でもなかなかスゴイ役でしたが、
今作もスゴイです・・・。

345712yyy111.jpg

ソン・ガンホとコ・アソンが「グエムル -漢江の怪物」以来の親子役ですね。
っていうか、また親子役(笑)。
まー監督も一緒だし。

345712tre12.jpg

34kuyt954.jpg

エド・ハリスは“トゥルーマン・ショー”を思い出しました。

☆予告↓



関連記事
スポンサーサイト


テーマ:映画レビュー - ジャンル:映画

この記事に対するコメント

まあ、何かの理由で列車で動き続けなきゃならない状況になったんでしょうね。(笑)
僕は、けっこうこの映画は好きですよ。
少しシュールな作品だと思えば、許せました。
それを差っ引いても、あの前に進むスリルとアクションは
かなりうまくできているのでは?
韓国の監督がハリウッドで活躍し出しました。
日本の映画界もがんばらなくちゃ、ですよね。
【2015/03/25 06:48】 URL | つかりこ #- [ 編集]


つかりこさん、こんばんは。

>少しシュールな作品だと思えば、許せました。

僕もそれなりに楽しめましたよ(笑)。

>それを差っ引いても、あの前に進むスリルとアクションは
>かなりうまくできているのでは?

その点は、結構良く出来ていると思いました。
というか何故列車?ということを無視すれば、面白かったです(^_^;)。

>韓国の監督がハリウッドで活躍し出しました。
>日本の映画界もがんばらなくちゃ、ですよね。

そうなんですよ、ジャパニーズ・ホラーもすぐ下火になったし・・・。
日本人監督も頑張ってほしいです。
【2015/03/25 19:23】 URL | バニーマン #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
https://oukei1963.blog.fc2.com/tb.php/423-88b2feb1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


サイドメニュー ×
メニューA  メニューB