バニーマン日記
映画、音楽等など、のんびり書いていきます。

プロフィール ×

バニーマン

Author:バニーマン
映画ネタ、音楽ネタを中心に思いつくまま適当に書いていきます。
自分が忘れないための
日記のようなものです(^_^;)。
リンクフリーです。


最新記事 ×

最新コメント ×

最新トラックバック ×

月別アーカイブ ×

カテゴリ ×

ウルフ・オブ・ウォールストリート(2013)
【2015/02/19 21:01】 映画う
ウルフ・オブ・ウォールストリート(2013)
 THE WOLF OF WALL STREET

613KQelLKUL.jpg

上映時間 : 179分
製作国 : アメリカ
映倫 : R18+

監督:マーティン・スコセッシ
原作:ジョーダン・ベルフォート
『ウルフ・オブ・ウォールストリート』/『ウォール街狂乱日記』(早川書房刊)
脚本:テレンス・ウィンター
出演:
レオナルド・ディカプリオ / ジョーダン・ベルフォート
ジョナ・ヒル / ドニー・アゾフ
マーゴット・ロビー / ナオミ
マシュー・マコノヒー / マーク・ハンナ
ジョン・ファヴロー / マニー・リスキン
カイル・チャンドラー / パトリック・デナム
ロブ・ライナー / マックス・ベルフォート
ジャン・デュジャルダン / ジャン=ジャック
ジョン・バーンサル / ブラッド
ジョアンナ・ラムレイ / エマ
クリスティン・ミリオティ / テレサ
クリスティーン・エバーソール / リー・ベルフォート
P・J・バーン / ニッキー
ケネス・チョイ / チェスター
ブライアン・サッカ / ロビー
ヘンリー・ジェブロフスキー / オールデン
イーサン・サプリー / トビー
ジェイク・ホフマン / スティーブ・マッデン
ステファニー・カーツバ / キミー

80年代後半のウォール街。
証券マンのジョーダン・ベルフォートは26歳で会社を設立すると、
富裕層をカモにそのモラルなき巧みなセールストークで瞬く間に会社を
社員700人の大企業へと成長させ、自らも年収49億円の億万長者となる。
ドラッグでキメまくり、セックスとパーティに明け暮れた彼のクレイジーな
豪遊ライフは衆目を集め、いつしか“ウォール街の狼”と呼ばれて時代の寵児に。
当然のように捜査当局もそんな彼を放ってはおかなかったが…。




346630_01_05_02.jpg

これ面白いよ!とオススメされていたのですが、179分もあるので躊躇していました。
去年の作品の評価がいろいろでてきたところ、相変わらずオススメの一本だったので、
やっと観ました。確かに長かった! 疲れた! けど、面白かった!

これがものすごいエネルギーの塊のような作品で、1942年生まれの監督のものとは思えない。
最初っから最後まで、立ちっぱなしのロック・コンサートのような感じです。
テンション高すぎ!

内容もセックス&ドラッグ&ロックン・ロールと叫びたくなるようなもので、
映画的誇張があるにせよ、バカバカしいまでの凄さです(笑)。

こんな場面や↓

257893-1.jpg

あんな場面や↓

img_0.jpg

こんなのも↓・・・R-18当然ですね(笑)。

wolf_05.jpg

マシュー・マコノヒーはちょっとしか出ていませんが、儲け役です。
ディカプリオとジョナ・ヒルは熱演です。
ロブ・ライナー(ディカプリオの父役)だって、ぶっ飛んでいます。

346630_01_04_02.jpg

アカデミー賞にノミネートされたのはご愛嬌でしょう。
これは賞云々の作品じゃないです。
傑作ではなく、快作でもなく、怪作です(笑)。

☆予告↓



曲がちょっと渋かったので↓
Allen Toussaint久々に聴きました。

☆Allen Toussaint - Cast Your Fate To The Wind



スコセッシの親友?のロビー(元ザ・バンド)の作品↓
この人も久しぶりです。

☆The Money Chant - Performed by Robbie Robertson ft. Matthew McConaughey




関連記事
スポンサーサイト


テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
https://oukei1963.blog.fc2.com/tb.php/418-c5acc49a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


サイドメニュー ×
メニューA  メニューB