バニーマン日記
映画、音楽等など、のんびり書いていきます。

プロフィール ×

バニーマン

Author:バニーマン
映画ネタ、音楽ネタを中心に思いつくまま適当に書いていきます。
自分が忘れないための
日記のようなものです(^_^;)。
リンクフリーです。


最新記事 ×

最新コメント ×

最新トラックバック ×

月別アーカイブ ×

カテゴリ ×

あなたを抱きしめる日まで(2013)
【2014/11/27 21:43】 映画あ
あなたを抱きしめる日まで(2013)
 PHILOMENA

346801_02_01_02.jpg

上映時間 : 98分
製作国 : フランス/イギリス

監督:スティーヴン・フリアーズ
製作:ガブリエル・ターナ
スティーヴ・クーガン
トレイシー・シーウォード
原作:マーティン・シックススミス : 『あなたを抱きしめる日まで』(集英社刊)
脚本:スティーヴ・クーガン
ジェフ・ポープ
撮影:ロビー・ライアン

出演:
ジュディ・デンチ / フィロミナ
スティーヴ・クーガン / マーティン・シックススミス
ソフィ・ケネディ・クラーク / 若き日のフィロミナ
アンナ・マックスウェル・マーティン / ジェーン
ミシェル・フェアリー / サリー・ミッチェル
バーバラ・ジェフォード / シスター・ヒルデガード
メア・ウィニンガム / メアリー
ルース・マッケイブ / マザー・バーバラ
ピーター・ハーマン / ピート・オルソン
ショーン・マーホン / マイケル

イギリスに暮らす敬虔な主婦フィロミナ。ある日、彼女は娘のジェーンにある秘密を打ち明ける。
50年前のアイルランド。10代で未婚のまま妊娠したフィロミナは、家を追い出され修道院に入れられる。
そして男の子アンソニーを出産したフィロミナだったが、彼が3歳になると無理やり養子に出されてしまう。
以来、片時もアンソニーのことを忘れたことはない。
年老いた彼女は、どうしてもひと目我が子に会いたいとの思いが高まっていた。
それを聞いたジェーンは落ち目の元エリート記者マーティンに話を持ちかける。
マーティンはジャーナリストとしての再起を期してこの話を受けることに。
こうして、信心深くて平凡な田舎の主婦フィロミナと無神論者でインテリ紳士のマーティン、
という対照的な2人によるアンソニー捜しの旅が始まるのだったが…。


346801_01_01_02.jpg

第70回ヴェネツィア国際映画祭のコンペティション部門でプレミア上映され、クィア獅子賞を受賞。
同映画祭でスティーヴ・クーガンとジェフ・ポープが金オゼッラ賞(脚本賞)も獲得。
英国アカデミー賞で脚本賞を獲得。

今年のアカデミー賞にノミネートされていましたが、受賞はしませんでした。
受賞は逃しましたが、なかなかの佳作でオススメします。

346801_01_04_02.jpg

さて今作を観て思い出したのが、2002年に制作されたアイルランド・イギリス合作映画の「マグダレンの祈り」。

この映画は、1996年までアイルランドに実在したマグダレン洗濯所(マグダレン精神病院)を
舞台としたもので、この施設は、当時のアイルランドで支配的だった厳格なカトリックの戒律に
依拠した道徳観に基づき、婚外交渉した女性などを収容していたところです。

原作者のジューン・ゴールディングは、かつて施設の助産婦をしていた経験があり、
収容されていた女性たちの願いによる約束のために回想録を書き上げたそうです。

この映画も実に酷い経験をした女性たちのお話なんですけど、この施設が1996年まで実在したというのに、
映画を観た当時ビックリしました。その後もカトリック教会のスキャンダルが続々と公になって、なんじゃ
こりゃと思ったものでした。

346801_01_08_02.jpg

で、今作のフィロミナは、そのカトリック修道院で生んだ息子を、アメリカに売り飛ばされた
悲劇の女性の一人というわけです。

「フィロミーナ(フィロミナ)」はカトリックの聖女のことだそうです。
日本語のタイトルは、映画の内容を考えるとちょっと残念な出来です。
もっともフィロミナと言われても分かりませんが・・・(^_^;)。

そんな内容の映画なので、そのまま撮ったならめちゃくちゃシリアスで暗い作品になるところですが、
主人公二人のやり取りがユーモアたっぷりに描かれていて、つい笑ってしまいます。
勿論真面目な作品で、コメディーではないですよ。

でも何とも言えないノホホンとした感じで、暖かさを感じるほどです。
ものすごく酷い仕打ちを受けた女性の話なのにね。
このバランス感覚がいいですね。


ネタバレあります。

ジュディ・デンチというと、僕にとっては007のMなんです(その他の出演作も観ていますがあまり
覚えていない・・・)。でも今作でのちょっと世間からズレてるおばあちゃんの役が、実に良い。
娘にも隠してきた重い過去を持つ女性というイメージとのギャップが・・・(笑)。
でもこのフィロミナのキャラがこの映画の良いスパイスになっています。

346801_01_02_02.jpg

マーティン役のスティーヴ・クーガン(これまた彼の過去の出演作は何本か観ていますが、もの見事に
覚えていない・・・)は、製作・脚本・主演と大活躍です。彼もとってもいい味出しています。

マーティンはオックスフォード大卒で、元BBCのジャーナリストというエリートという肩書のため、
フィロミナの頼みを三面記事のようだと最初は受けるのを躊躇します。しかし彼女が経験してきた事実を
知るにつれ、ことの重大さを思い知らされます。

事実が明らかになる度にその内容の重さに記事にすべきかどうか真面目に悩むマーティンの姿勢は、
ジャーナリストという立場からでなく、人としてどうあるべきかを考えさせられます。

またこのフィロミナとの旅は、仕事をクビになって上手くいっていなかったマーティンにとって、
ジャーナリストとしても人としても成長していった旅だったのではないかと思います。
そんな彼が、映画のラストでお墓へお供え物をする場面は泣いちゃいます。

346801_01_05_02.jpg

そんな男の成長物語がサブテーマとしてあるこの映画のメインテーマは、勿論アイルランドにおける
カトリック教会の理不尽な行為についてなんだけど、実は宗教問題がもう一つあります。

探していた息子は、米国で共和党の顧問弁護士にまで出世していたのですが、ゲイだったためエイズで
亡くなっていました。この共和党というのが厄介で、キリスト教右派が強い権力を持っていて、同性愛者に
対して冷淡であり、息子もゲイであることを隠して生活していました。
時代を考えると仕方ないですけど、なんともやりきれないですね。

でもこの映画がスゴイのは(というか主人公のフィロミナがスゴイのですが)、カトリック教会の糾弾という
お話にしなかったことです。
まさか、フィロミナがあんな行動に出るとは思ってもみませんでした。
マーティンもビックリしたけど、僕もビックリしました。

カトリック教会のシスターの理不尽な行為も、宗教によるものなら、フィロミナの素晴らしい行為も、
これまた宗教によるものなんですよね。

最初に日本語のタイトルってちょっと残念な出来ですと書いたのですが、こうやって書きながら内容を
思い出すと、なかなか泣けるタイトルかなと思えてきました。

☆予告↓



関連記事
スポンサーサイト


テーマ:映画レビュー - ジャンル:映画

この記事に対するコメント

私にとってもジュディ・デンチといえば『007』の“M”です。

「今作でのちょっと世間からズレてるおばあちゃんの役」
興味深いですねえ。

記事内の言葉がちらちらと私の興味関心にひっかかる言葉たちが多いように感じました。
観てみようと思います!
【2014/11/28 00:02】 URL | ちょい若おやじ #6nHvXW6U [ 編集]


これ、公開時に観てきました!
私も最初、タイトル好かん、と思っていたのですが
ジュディ・デンチ好きの友人に誘われ一緒に観に行くことに。
観たら、これがヨカッタ〜☆
短い時間の中に、怒りや愛やユーモアや社会問題や
・・・
いろんなものがギュッと濃縮された、
バニーマンさんがおっしゃるように、なかなかの佳作だと私も思います。
1996年まで実在した施設を舞台にしたという事実には驚きますよね。
そういう事実も含め、多くの人に知ってもらいたい作品です。
【2014/11/28 07:39】 URL | さとちん #WOq6nlhY [ 編集]


ちょい若おやじさん、こんばんは。

>私にとってもジュディ・デンチといえば『007』の“M”です。

そうなんですよね、他にも出演作たくさんあるのに、印象薄いです(^_^;)。

>観記事内の言葉がちらちらと私の興味関心にひっかかる言葉たちが
>多いように感じました。
>観てみようと思います!

はい、オススメします!
【2014/11/28 19:35】 URL | バニーマン #- [ 編集]


さとちんさん、こんばんは。

>これ、公開時に観てきました!

いいですね! やっぱり映画は出来たら劇場で観たいものです。

>1996年まで実在した施設を舞台にしたという事実には驚きますよね。
>そういう事実も含め、多くの人に知ってもらいたい作品です。

これは本当にビックリしました。
1996年なんて、ついこのあいだのことですからね。

「マグダレンの祈り」も一緒にオススメしたいです。
【2014/11/28 19:41】 URL | バニーマン #- [ 編集]


観ましたよ!
やー、いい映画ですねー。

おっしゃる通り、カトリック教会の批判を核にしていますが、
二人のセリフの掛け合いが絶妙でぐいぐい引きずり込まれました。

それから、ジュディ・デンチの仕事がすごい!
彼女の表情が語る語る!
数えきれないほどの彼女の顔のアップ。
あの顔のしわがいろんなことを語ります。
この作品は、ジュディ・デンチにとっても一生の名作なのでは?
彼女はどちらかというと、悪役というかイヤなおばちゃんの役が
多かったような気がしますが、このところいいおばちゃんの役がついてきて
良かったのではないでしょうか。

実話ですもんね!
んー、とてもいい作品でした。
【2014/12/05 04:34】 URL | つかりこ #- [ 編集]


つかりこさん、こんばんは。

>おっしゃる通り、カトリック教会の批判を核にしていますが、
>二人のセリフの掛け合いが絶妙でぐいぐい引きずり込まれました。

いやーこの二人、ホント絶妙でしたね!
この掛け合いがなかったら、ちょっとシリアスすぎて辛かったかもと思います。

>それから、ジュディ・デンチの仕事がすごい!
>彼女の表情が語る語る!
>数えきれないほどの彼女の顔のアップ。
>あの顔のしわがいろんなことを語ります。
>この作品は、ジュディ・デンチにとっても一生の名作なのでは?

つかりこさんのおっしゃる通り、これは彼女の代表作になると思います。
ジュディ・デンチ、素晴らしいです!
味わい深い顔とはこういう顔のことを言うんですよね。
【2014/12/05 20:05】 URL | バニーマン #- [ 編集]


こんばんは。
これ、CSで見ました。とても良かったです。
こちらの記事トラックバックさせてもらいましたので、宜しく~~!
【2016/05/15 20:35】 URL | yuccalina #mpJuQrsI [ 編集]


yuccalinaさん、コメント&TBありがとうございます。

これは良い作品でした!
シリアスでいろいろ考えさせられて、それでいてクスッと笑える。
俳優陣も良かったです。
【2016/05/15 21:05】 URL | バニーマン #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
https://oukei1963.blog.fc2.com/tb.php/394-90fe37c9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

許す人は強い人~『あなたを抱きしめる日まで』を見て

前の記事で、ブルース~人生~エロの話を少々書いたところですが、今回紹介する映画はその真逆になるのかな? 思春期にイギリスのロックやファッションで育ったワタクシは、当然イギリス映画も好きなので、単にそれだけで録画してみたのが『あなたを抱きしめる日まで』。ジュディ・デンチは好きな女優さんだし、軽い気持ちで予備知識ゼロだったのですが、凄いのに当たっちゃいました。 『また逢う日ま... ユッカリーナのヨガ的雑記帳【2016/05/15 20:33】


サイドメニュー ×
メニューA  メニューB