バニーマン日記
映画、音楽等など、のんびり書いていきます。

プロフィール ×

バニーマン

Author:バニーマン
映画ネタ、音楽ネタを中心に思いつくまま適当に書いていきます。
自分が忘れないための
日記のようなものです(^_^;)。
リンクフリーです。


最新記事 ×

最新コメント ×

最新トラックバック ×

月別アーカイブ ×

カテゴリ ×

ピアノ・ブルース(2003)
【2014/10/14 22:41】 映画ひ
ピアノ・ブルース<未>(2003)
 PIANO BLUES

51T6SWGG99L.jpg

上映時間 : 92分
製作国 : アメリカ

監督:クリント・イーストウッド
製作総指揮:マーティン・スコセッシ

出演:
レイ・チャールズ
デイヴ・ブルーベック
ファッツ・ドミノ
ドクター・ジョン
プロフェッサー・ロングヘア
ナット・キング・コール
ファッツ・ドミノ
マーシャ・ボール
パイントップ・パーキンス
ヘンリー・グレイ
ジェイ・マクシャン
ピート・ジョリー
クリント・イーストウッド

☆作品の説明

マーティン・スコセッシ製作総指揮による“ザ・ブルース・ムーヴィー・プロジェクト”7部作。
マーティン・スコセッシ製作・総指揮。ブルース誕生100周年記念作品「THE BLUES Movie Project」再発!
映画と音楽を愛する7人の監督が、世界中のミュージシャンとともに奏でる感動の旅。
「ブルース」心の底から湧き上がる音と言われる音楽と映像が一体となったとき、
悲しみを癒し、生きていく意味を教えてくれ、導いてくれる。
心に響く、偉大なるミュージシャンたちのプレイが我々の魂を揺さぶる!

■DISC.1 「ソウル・オブ・ア・マン」

■DISC.2 「フィール・ライク・ゴーイング・ホーム」

■DISC.3 「レッド、ホワイト&ブルース」

■DISC.4 「ロード・トゥ・メンフィス」

■DISC.5 「デヴィルズ・ファイア」

■DISC.6 「ゴッドファーザー・アンド・サン」

■DISC.7 「ピアノ・ブルース」

上記の7部作の内、クリント・イーストウッドが監督を務めたのがこの作品。
本来はTV放映用に作られた作品で、監督の意向により我が国での劇場公開は見送られたそうです。


51GXbC4EPEL.jpg

ユッカリーナさんのブログで紹介されていて、初めてこの作品の存在を知りました。
2003年の作品だったのですね・・・(^_^;)。

僕はこの種のジャンルは詳しくありません。実際のところ、この作品にでてくるピアノマンの方々は
よく知らない人の方が多いのですが、それでも大変楽しめました。
ちょっと人選が渋すぎじゃないですか、クリントさん・・・って、すみません(^_^;)。

映画俳優、監督のみならず作曲家、ミュージシャンでもあるクリントの音楽への愛がひしひしと
伝わってくる作品です。本当にクリントって音楽が好きなんですね。好きなだけじゃなく、詳しい!
クリント自身が楽しんでこの作品を撮ったのがよくわかります。

ロック・ファンの僕としては、やっぱり目玉はレイ・チャールズ。
レイは2004年6月に亡くなっているので、最晩年の彼の姿を楽しめます。

☆Ray Charles - What'd I Say



もう一人のお楽しみは、ドクター・ジョン。
彼の1972年の“ガンボ”は名作ですね! ってそれしか知りませんが(^_^;)。
あのアルバムはニューオーリンズ音楽の入門書と言ってもいいでしょう。
でも"Iko Iko"を知ったのは、シンディ・ローパーのバージョンでの方が先なんですけど。
あっ、"Iko Iko"はこの映画では歌っていないです。 "Mess Around" をちょこっと歌っていたような。
"Mess Around" はレイが歌っていたらしいですね。
兎に角、そんな彼が相変わらずファンキーなピアノを披露してくれます。

☆Ray Charles - Mess Around



☆Dr. John - Mess Around



そうそうユッカリーナさんも取り上げていましたが、ナット・キング・コールがピアニスト
だったことは知りませんでした。ナタリー・コールのパパですね、って知っていますよね(笑)。

ブルースに興味のある方は必見です。
難点は気持ちよくって寝ちゃうこと。何度巻き戻したか(ってディスクでは言わないですね)。

予告とかは無いようです。
ユッカリーナさんのブログにもアップされていたのですが、
YouTubeにイタリア語?の動画があったのでどうぞ↓



関連記事
スポンサーサイト


テーマ:映画レビュー - ジャンル:映画

この記事に対するコメント

おはようございます。
トラバありがとうございました。
私もこの映画に出てくるアーティストは、10年かけて半分くらい分かってきた感じです。
今後も繰り返し見直して行きたい映画です。
【2014/10/15 09:05】 URL | yuccalina #qhVXTLRM [ 編集]


yuccalinaさん、こんばんは。

順番にこのシリーズ観ていきます。
情報ありがとうございました。

>今後も繰り返し見直して行きたい映画です。

そうなんですよ、ふと思い出した時に観たいですね。
でもDVDのセットを買うのは悩んでいます(^_^;)。
【2014/10/15 19:19】 URL | バニーマン #- [ 編集]


おー、すごいプロジェクトですねー!
こういうのがあるって、全然知らなかったです。
クリント・イーストウッドが音楽好きなことは知っていましたが、
ブルースも(が?)好きなんですね。
マーティン・スコセッシが製作・総指揮だというのも意外です。
レンタル、あるんでしょうかね?
ぜひ観てみたいと思います!
ご紹介ありがとうございました。
【2014/10/15 23:12】 URL | つかりこ #- [ 編集]


つかりこさん、こんばんは。

すごいでしょう! 
僕もこんなプロジェクトがあったことを知りませんでした。

>マーティン・スコセッシが製作・総指揮だというのも意外です。

でもスコセッシも音楽好きだし、いくつかの音楽ドキュメンタリーを撮って
いるのでそれなりに納得です。

7部作の内、幾つかはレンタル出来ますよ。
【2014/10/16 19:28】 URL | バニーマン #- [ 編集]


こんにちは。先日は私のブログにコメントありがとうございました。さっそくコチラのブログにお邪魔させていただきました!加えて、ブログのリンクさせてもらいました。もし、よければ相互リンクなどさせていただけると嬉しいです。よろしくお願いします!!
【2014/10/17 13:57】 URL | Supernova #- [ 編集]


Supernovaさん、こんばんは。

こちらこそ宜しくお願い致します!
【2014/10/17 19:33】 URL | バニーマン #- [ 編集]


すばやいお返事と対応ありがとうございます!!
すごく嬉しいです。
よろしくお願いいたします!!
【2014/10/17 22:39】 URL | Supernova #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
https://oukei1963.blog.fc2.com/tb.php/380-10d5696c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

映画「ピアノ・ブルース」とニューオーリンズブルーズ

一応映画のカテゴリーに入れましたが、内容はほぼ音楽の話です。以前、クリント・イーストウッドの「グラントリノ」の話を書いた時(コチラ)、イーストウッドは音楽のセンスが良いな、そう言えば「ピアノ・ブルース」って映画も撮ってたし、、、で、久しぶりに見直してみたんです。 ピアノ・ブルース [DVD](2005/03/04)レイ・チャールズ、デイブ・ブルーベック 他商品詳細を見る 約10年... ユッカリーナのヨガ的雑記帳【2014/10/15 08:54】


サイドメニュー ×
メニューA  メニューB