バニーマン日記
映画、音楽等など、のんびり書いていきます。

プロフィール ×

バニーマン

Author:バニーマン
映画ネタ、音楽ネタを中心に思いつくまま適当に書いていきます。
自分が忘れないための
日記のようなものです(^_^;)。
リンクフリーです。


最新記事 ×

最新コメント ×

最新トラックバック ×

月別アーカイブ ×

カテゴリ ×

スター・トレック イントゥ・ダークネス(2013)
【2014/04/22 20:40】 映画す
スター・トレック イントゥ・ダークネス(2013)
 STAR TREK INTO DARKNESS

344500_02_01_02.jpg

上映時間 : 132分
製作国 : アメリカ

監督:J・J・エイブラムス
原作:ジーン・ロッデンベリー
脚本:ロベルト・オーチー
アレックス・カーツマン
デイモン・リンデロフ
撮影:ダン・ミンデル

出演:
クリス・パイン / ジェームス・T・カーク
ザカリー・クイント / スポック
ゾーイ・サルダナ / ウフーラ
ベネディクト・カンバーバッチ / ジョン・ハリソン
ジョン・チョー / ヒカル・スールー
サイモン・ペッグ / モンゴメリー・“スコッティ”・スコット
カール・アーバン / レナード・“ボーンズ”・マッコイ
ピーター・ウェラー / マーカス提督
アリス・イヴ / キャロル・マーカス
ブルース・グリーンウッド / パイク提督
アントン・イェルチン / パヴェル・チェコフ

西暦2259年。USSエンタープライズのクルーたちとともに
惑星ニビルを探査中のジェームズ・T・カークは、
副艦長スポックの窮地を救うために重大な規律違反を犯してしまう。
地球に帰還したカークはその責任を問われ、艦長を解任される。
その頃、ロンドンでは恐るべき陰謀が進行していた。
やがて首謀者ジョン・ハリソンは惑星クロノスに逃亡。
この緊急事態に、再びUSSエンタープライズの艦長に復帰したカークは、
ジョン・ハリソンを追ってクリンゴン人が支配するクロノスへと向かうのだったが…。



344500_01_05_02.jpg

スター・トレックの新シリーズの第二作目。

大画面で、しかも3Dで観たかった!
それが残念!

スピード感バッチリ、わかりやすいストーリー、132分長く感じません。
面白いです。

僕はテレビドラマ・シリーズは、子供のころに観ていますが、ほとんど覚えていません。
映画の旧シリーズは全く観ていません(^_^;)。
でも楽しめます。

344500_01_02_02.jpg

SFとしてはどうよ?と思う場面はあります。
例えばコアの直し方は、こんなのでいいの?という適当さですが
ま~ヨロシイのでは(^_^;)。
全体としてはSFというより、アクション映画かなと思います。

役者さんは、それぞれ見せ場があって、楽しめます。
でも一番は、ベネディクト・カンバーバッチ。主役の二人を食っています。
敵役はこうでなくっちゃ。

344500_01_06_02.jpg

キャロル・マーカス役のアリス・イヴの下着姿(必要か?)を見て、彼女の出演した作品を
見たことがあるはずと思ったけど、映画を観ている最中はどうしても思い出せなかった(^_^;)。
調べたら“ある日モテ期がやってきた”のヒロインだったんですね・・・。

ヒカル・スールーは前作では、確か“カトウ”と呼ばれていたと思うけど、
今作は全くそう呼ばれませんでしたね。
テレビ版の世襲は止めたのかな?

予告↓



関連記事
スポンサーサイト


テーマ:映画レビュー - ジャンル:映画

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
https://oukei1963.blog.fc2.com/tb.php/340-5366c09c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


サイドメニュー ×
メニューA  メニューB