バニーマン日記
映画、音楽等など、のんびり書いていきます。

プロフィール ×

バニーマン

Author:バニーマン
映画ネタ、音楽ネタを中心に思いつくまま適当に書いていきます。
自分が忘れないための
日記のようなものです(^_^;)。
リンクフリーです。


最新記事 ×

最新コメント ×

最新トラックバック ×

月別アーカイブ ×

カテゴリ ×

Heaven Up Here / Echo & The Bunnymen (1981年)
【2014/04/16 22:48】 音楽え
Heaven Up Here / Echo & The Bunnymen (1981年)
 ヘヴン・アップ・ヒア / エコー・アンド・ザ・バニーメン

128.jpg

1981年発表の彼等の2枚目。

01. ショウ・オブ・ストレングス
02. ウィズ・ア・ヒップ
03. オーヴァー・ザ・ウォール
04. イット・ワズ・ア・プレジャー
05. プロミス
06. ヘヴン・アップ・ヒア
07. ザ・ディジーズ
08. オール・マイ・カラーズ
09. ノー・ダーク・シングス
10. タークォイズ・デイズ
11. オール・アイ・ウォント
12. ブローク・マイ・ネック (ロング・ヴァージョン) (Bonus Tracks)
13. ショウ・オブ・ストレングス (ライヴ) (Bonus Tracks)
14. ザ・ディジーズ (ライヴ) (Bonus Tracks)
15. オール・アイ・ウォント (ライヴ) (Bonus Tracks)
16. ジンボ (ライヴ) (Bonus Tracks)




デビュー作から1年、その成長が見て取れるセカンド。

明らかにメジャー感が増し、表現力が豊かになっています。

特に①から③に至る流れは、特筆もの。
初期のピークと言っても良い出来栄え。

シンプルでタイトなリズム隊に、ナイフの様に鋭いギターと、陰影の深い歌声。
情熱的なのに冷ややかという相反する要素が同居する音。

相変わらずドアーズの影響は大きいのですが、如何にも80年代の音になっています。
今作を聴くと、ファーストは“パンク”だったなと思います。

ジャケットのデザインも相変わらず素晴らしいです。

ファーストの記事はこちら

Echo & the Bunnymen - A Promise



Echo & The Bunnymen - Show Of Strength (Live)


関連記事
スポンサーサイト


テーマ:洋楽ロック - ジャンル:音楽

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
https://oukei1963.blog.fc2.com/tb.php/338-9632b6b0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


サイドメニュー ×
メニューA  メニューB