バニーマン日記
映画、音楽等など、のんびり書いていきます。

プロフィール ×

バニーマン

Author:バニーマン
映画ネタ、音楽ネタを中心に思いつくまま適当に書いていきます。
自分が忘れないための
日記のようなものです(^_^;)。
リンクフリーです。


最新記事 ×

最新コメント ×

最新トラックバック ×

月別アーカイブ ×

カテゴリ ×

欲望のバージニア(2012)
【2014/04/09 18:52】 映画よ
欲望のバージニア(2012)
 LAWLESS

345180_02_01_02.jpg

上映時間 : 116分
製作国 : アメリカ
映倫 : R15+

監督:ジョン・ヒルコート
原作:マット・ボンデュラント
『欲望のバージニア』(集英社文庫刊)
脚本:ニック・ケイヴ
撮影:ブノワ・ドゥローム
音楽:ニック・ケイヴ
ウォーレン・エリス

出演:
シャイア・ラブーフ / ジャック・ボンデュラント
トム・ハーディ / フォレスト・ボンデュラント
ゲイリー・オールドマン / フロイド・バナー
ミア・ワシコウスカ / バーサ・ミニクス
ジェシカ・チャステイン / マギー・ボーフォード
ジェイソン・クラーク / ハワード・ボンデュラント
ガイ・ピアース / レイクス
デイン・デハーン / クリケット

1931年、バージニア州フランクリン。
そこは、禁酒法時代にあって、酒の密造がもっとも盛んな街のひとつ。
そんな無法の街で密造酒ビジネスを手がけるのが、
ハワードとフォレストのボンデュラント兄弟。
2人の弟で末っ子のジャックは牧師の娘バーサにご執心で、
自分も早く大きな商売をしたいと野心を燃やしていた。
一方、都会から流れてきた謎めいた女マギーが街に現われ、
兄弟が経営する酒場で働き始める。
そんな中、新たな取締官レイクスがフランクリンに赴任。
すると彼は着任早々、密造酒業者に対して高額な賄賂を要求、
従わない者には容赦のない制裁を行っていく。
同じようにボンデュラント兄弟にも賄賂を要求するフランクリンに対し、
決然とこれ拒否をするフォレストだったが…。



345180_01_01_02.jpg

今年になって2月と3月は、ソチ五輪、サッカー日本代表男女の試合、グラミー賞、
アカデミー賞といろいろあったので、映画のレンタルをストップしていました。
(レンタルはツタヤでネットレンタルしています。)

で、4月になってレンタルを再開したのですが、この“欲望のバージニア”を、
ニコール・キッドマンとザック・エフロン主演の作品と勘違いしていました。

というのも少し前に、雑誌でキッドマンはビッチの役が一番だ!という記事を読んで、
そう言えばキッドマンが主演の作品を予約してあったはずと思っていたところ、
この“欲望のバージニア”が届いたものだから、題名からしてきっとキッドマンが
ビッチ役で出ている作品にちがいないと思いこんで、ワクワクして観だしました。

が、タイトルロールが始まっても、キッドマンもエフロンの名前も出てきません。
え~、これいったい何の映画というかんじで観ていたら、実話という説明が・・・。

今年の初めか、去年のうちに予約しておいたと思うのですが、全く覚えていないというか、
すっかり忘れていました。観終わってから、こんな作品予約したような気がするという
有様です・・・(^_^;)。

そんなわけで、ちょっと拍子抜けのかんじで鑑賞したのですが、結構面白かったです。
この作品を最初から観る気だったら、もっと楽しめたかもしれません。
如何せんキッドマンを観る気だったので、そこらへんはちょっとマイナス気味にしか
評価できないかも。

しかし題名が、“欲望の~”だから紛らわしい。
“無法三兄弟”とかだったら間違わなかったのに(苦笑)。

345180_01_02_02.jpg

密造酒ビジネスで名を馳せた実在の伝説的アウトロー三兄弟の三男の孫が、この原作を書いたらしい。
どこまで事実かは知りませんが、おじいちゃん達の話だから、ご先祖様もそりゃ悪人だけど、その相手
となる取締官がもっと?悪人ってことになっていて、その抗争が面白い。
その悪徳取締官をガイ・ピアースが、嫌味たっぷりに演じています。ピッタリ!

舞台がシカゴやニューヨークのような大都会じゃないので、アル・カポネのようなギャングじゃなくて、
何というか西部劇のような雰囲気の作品に仕上がっています。
でもゲイリー・オールドマンは、いかにもというギャングの役なので、地方でもちょっとした都市と、
その周辺の田舎とでは、随分差があったんですかね?

次男(トム・ハーディ)が、なかなかジェシカ・チャステインに手を出さないので、
こいつマッチョなのに不能かゲイなのかと思いましたが、彼女から誘ったらちゃんと
ことを済ませたので安心しました(笑)。
しかしこのトム・ハーディ、なかなかいい味出してます。

反対に末っ子のシャイア・ラブーフは、情けないというか、まだ発展途上というか、
無理に背伸びしていろいろやるもんだから、こいつが問題の元になるんですけどね。
でもそんな役がシャイア・ラブーフによく合っています。

345180_01_04_02.jpg

その末っ子の成長物語としても、無法者たち(単純に悪と正義という分け方はできない)の
話としても、結構楽しんで観ることが出来ました。
でも、オススメって程じゃない。
何かが物足りない。
暇つぶしになら、どうぞ(^_^;)。

意外だったのは、脚本をニック・ケイヴが担当しています。
ビックリ!

☆予告↓



関連記事
スポンサーサイト


テーマ:映画レビュー - ジャンル:映画

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
https://oukei1963.blog.fc2.com/tb.php/336-4b6e2ab3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


サイドメニュー ×
メニューA  メニューB