バニーマン日記
映画、音楽等など、のんびり書いていきます。

プロフィール ×

バニーマン

Author:バニーマン
映画ネタ、音楽ネタを中心に思いつくまま適当に書いていきます。
自分が忘れないための
日記のようなものです(^_^;)。
リンクフリーです。


最新記事 ×

最新コメント ×

最新トラックバック ×

月別アーカイブ ×

カテゴリ ×

BEFORE DAWN ビフォア・ドーン(2012)
【2013/11/17 20:19】 映画ひ
BEFORE DAWN ビフォア・ドーン(2012)
 BEFORE DAWN

sub6_large.jpg

製作国 イギリス
上映時間 : 82分

監督:ドミニク・ブラント
製作総指揮:マーク・プライス
脚本:マーク・イリス
撮影:アレックス・ネヴィル

出演:
ドミニク・ブラント / アレックス
ジョアンナ・ミッチェル / メグ
アイリーン・オブライエン / アイリーン

夫婦仲が上手くいっていないアレックスとメグは、関係を修復するため、
子どもを預けて夫婦水入らずで田園風景の広がる田舎の別荘にやってくる。
しかし、それでも2人の会話は弾まず、ただ静かな時間だけが過ぎていく。
翌朝、1人でジョギングにでかけたメグが血まみれの男に噛まれ、
アレックスは警察に通報しようとするが、電話が通じない。
瀕死のメグを介抱するアレックスだったが、メグは突然うなり声をあげはじめ……。



sub1_large.jpg

脱力系おバカホラー映画のつもりで借りたら全く違っていました(^_^;)。

低予算のインディーズ的な作品なのは、それはそれでなかなか味があって良いのですが、
ゾンビ映画と思って観ようと思っている方はちょっと考えた方がよいです。

いや、ゾンビ映画ではあるんですが、かなり毛色の違う作品です。

う~ん、ゾンビ映画の形を借りた、情けない男の純愛というか純情というか、
ちょっと勘違いな方向にいってしまった一途な男のお話です。

だからゾンビ映画のつもりで観ると、なんだこれ?っていうかんじになるけど、
純愛映画として観ると、これが結構良く出来た作品だったりするわけです。

監督が主演も兼ねているんですが、情けない夫役が素晴らしいです。

ただ初めっからその気で観ないと、やっぱりゾンビが出てくるまではツラい。
それにゾンビの数は非常に少ないです。

sub5_large.jpg

グロはあまりありませんが、それなりに怖い場面はあります。

でも僕が一番怖かったのは、イギリスの田舎の一軒家ですね。
あんなとこ絶対行かない!

うー・・・、でもあんなに早いゾンビっているのかな・・・?(笑)

DVDの予告で知ったのですが、これって「ゾンビ・オリンピック」という
各国代表(日本、英国、カナダ、オランダ)のゾンビ映画を集めた映画祭みたいなものが
あって、その中の英国代表作なんですが、どうやらこれだけがシリアスな作品のようです。
他はおバカかエロみたいですね(笑)。

ゾンビ・オリンピックはこちら↓
http://zombieolympic.com/

予告↓


関連記事
スポンサーサイト


テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
https://oukei1963.blog.fc2.com/tb.php/294-c76b88eb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


サイドメニュー ×
メニューA  メニューB