バニーマン日記
映画、音楽等など、のんびり書いていきます。

プロフィール ×

バニーマン

Author:バニーマン
映画ネタ、音楽ネタを中心に思いつくまま適当に書いていきます。
自分が忘れないための
日記のようなものです(^_^;)。
リンクフリーです。


最新記事 ×

最新コメント ×

最新トラックバック ×

月別アーカイブ ×

カテゴリ ×

THE CURE / Greatest Hits(2001)
【2013/10/30 18:58】 音楽き
THE CURE / Greatest Hits(2001)

379.jpg

01. Boys Don't Cry (02:42)
02. Forest (04:44)
03. Let's Go To Bed (03:34)
04. Walk (03:32)
05. Lovecats (03:40)
06. In Between Days (02:58)
07. Close To Me (03:42)
08. Why Can't I Be You? (03:14)
09. Just Like Heaven (03:33)
10. Lullaby (04:10)
11. Lovesong (03:29)
12. Never Enough (04:28)
13. High (03:35)
14. Friday I'm In Love (03:35)
15. Mint Car (03:30)
16. Wrong Number (06:02)
17. Cut Here (04:11)
18. Just Say Yes (03:29)



1979年デビューの英国のバンド。
ポストパンク、ニュー・ウエイブ、ゴシック、オルタナ・ロックバンド。
中心メンバーはロバート・スミスで、ボーカル、ギター、ソングライティング担当。


8月2日の日記↓に書いたように、殆んどこのバンドについては知らなかった。
http://oukei1963.blog90.fc2.com/blog-entry-269.html

勿論1978年にバンド結成、翌1979年にレコード・デビューという僕の洋楽ライフと共に
歩んできたような経歴の持ち主なので、名前ぐらいはよく存じているのだけど、日本に
おいてはどちらかというとマニアックな部類に入るし、ロバート・スミスが醸し出す趣が
あまりオープンでないため、なんとなく今まで聴くこともなくきてしまいました。

でも、ラジオやテレビでキュアーの音楽を今更ながら聴くにおよび、
彼等に縁が無かったことを実に残念に思っています。

(14)の“Friday I'm In Love”を、テレビで初めて聴いて(見て)、
思わずこのベスト盤を買ってしまったわけですが、これが良かった。

実際のところ、このバンドの本質は良く知らないのですが、ロバート・スミスの外見からくる
印象では、暗く重い歌ばかりと思っていたのですが、“Friday I'm In Love”が予想外にポップな曲で、
それでビックリしてCD購入となったんだけど、その他の曲も結構ポップなものが多いです。

勿論、ポップなものだけじゃなくて、幻想的な暗めの曲もありますけど、
このベスト盤に限って言えば、メロディアスなものが多くて聴きやすい。

昔からのファンにはどうなのかわかりませんが、キュアー初心者には十分です。

このCDを買ってみてわかったんだけど、結構このバンドの曲、聴いていました。
僕が知らなかった(意識していなかった)だけで、やはりそれなりにラジオなんかでは、
このバンドの曲、流れていたんですね。

関連記事
スポンサーサイト


テーマ:洋楽ロック - ジャンル:音楽

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
https://oukei1963.blog.fc2.com/tb.php/288-e2941369
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


サイドメニュー ×
メニューA  メニューB