バニーマン日記
映画、音楽等など、のんびり書いていきます。

プロフィール ×

バニーマン

Author:バニーマン
映画ネタ、音楽ネタを中心に思いつくまま適当に書いていきます。
自分が忘れないための
日記のようなものです(^_^;)。
リンクフリーです。


最新記事 ×

最新コメント ×

最新トラックバック ×

月別アーカイブ ×

カテゴリ ×

世界にひとつのプレイブック(2012)
【2013/08/24 20:26】 映画せ
世界にひとつのプレイブック(2012)
 SILVER LININGS PLAYBOOK

344429_02_01_02.jpg

上映時間 : 122分
製作国 : アメリカ

監督:デヴィッド・O・ラッセル
原作:マシュー・クイック
『世界にひとつのプレイブック』(集英社刊)
脚本:デヴィッド・O・ラッセル
撮影:マサノブ・タカヤナギ

出演:
ブラッドリー・クーパー / パット
ジェニファー・ローレンス / ティファニー
ロバート・デ・ニーロ / パット・シニア
ジャッキー・ウィーヴァー / ドロレス
クリス・タッカー / ダニー
アヌパム・カー / パテル
ジョン・オーティス / ロニー
シェー・ウィガム / ジェイク
ジュリア・スタイルズ / ヴェロニカ
ポール・ハーマン / ランディ
ダッシュ・ミホク / キーオ
ブレア・ビー / ニッキ

妻の浮気が原因で怒りをコントロールできなくなり、精神病院入りを余儀なくされたパット。
ようやく退院したものの、妻ばかりか仕事も家も失ってしまい、実家に戻って社会復帰を図ることに。
心身の健康を取り戻せば、接近禁止令の出ている妻ともやり直せると思い込んでいるパットだったが、
あいかわらず突然キレてはトラブルを引き起こすこともしばしば。
そんなある日、友人に誘われたディナーで近所に住む若い女性ティファニーと出会う。
彼女もまた、夫を事故で亡くして以来、心に問題を抱えており、
パットはそんな彼女のエキセントリックな言動に振り回されるハメに。
ところがティファニーはパットの妻とも知り合いで、パットがよりを戻せるよう手助けしてあげると提案。
その交換条件として、ダンス・コンテストにパートナーとなって出場することを迫られるパットだったが…。



344429_01_01_02.jpg

題名について、解説があったので、ちょっと引用させていただきます。

「silver lining」とは、分厚い雲の隙間からさす一条の光のこと。
転じて、この映画の字幕にも使われている「希望の光」という意味に使われる言葉です。

「playbook」とは、フットボールの作戦や戦術などを記録したファイルのことなのだそうで、
転じて「作戦、戦術」の意味でも使われるようです。

だそうです。

日本語題名がよくわからないんですが・・・。

原題がわかりやすいという意味ではないのですが・・・。

“希望の光に向かうための作戦帳”というぐらいの意味かな。

344429_01_02_02.jpg

主人公の二人だけがエキセントリックというわけじゃなく、
パットの家族(特に父親)や、パットの友人、
その友人の妻(ティファニーの姉)もみんなちょっとオカシイ。

ティファニーの亡くなった旦那の同僚もデリカシーが無い。

傍から見れば、みんなオカシイわけで、僕の周りも似たようなものです。

そんな今となっては、とても日常的なお話なんですが、
躁鬱状態についての医学的見解は、勿論僕にはわかりません。

でもちゃんとお薬は飲んだ方がヨロシイかと。

ジェニファー・ローレンスはそんなに美人というわけでもないが、非常に魅力的な女優さん。
演技はいまさら言うまでもなく、上手い。

ビックリしたのはブラッドリー・クーパー。
こんなシリアスな役ができるんですね。

この二人を観るだけでも価値がある映画かな。

オススメです。

予告↓



関連記事
スポンサーサイト


テーマ:DVD・Blu-rayで観た映画 - ジャンル:映画

この記事に対するコメント
邦題がピンと来ない
原題も日本人には縁のない言い回しだし、こういう時こそ配給会社の腕の見せ所なんだけど…難しいところです。

>傍から見れば、みんなオカシイわけで、僕の周りも似たようなものです。

そうそう、こういうところが共感できますよね。
賭け狂いの父親は受け付けなかったけど、全体的に見応えある作品でした。
主演ふたりの演技はさすがです!
【2016/01/14 12:56】 URL | 宵乃 #K4YeSyNc [ 編集]


宵乃さん、コメント&TBありがとうございます。

>原題も日本人には縁のない言い回しだし、こういう時こそ配給会社の腕の見せ所なんだけど…難しいところです。

そうですよね。
日本語題名は昔の方がよく練られていたと思います。
日本人が英語(と欧米の習慣)に慣れてきたので、そのままでいいかっていう感じですかね。
この作品は中途半端に日本語になっていますけど。

>主演ふたりの演技はさすがです!

ブラッドリー・クーパーには悪いけど、予想外によい役者だなと(^_^;)
アメリカン・スナイパーは流石!でしたね。
【2016/01/14 19:45】 URL | バニーマン #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
https://oukei1963.blog.fc2.com/tb.php/274-584776e2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

一言映画感想(1/6~1/13)

冬の寒さは拷問ですね…生きるのが辛い。体が冷えると寝付けないので、寝る前にはなるべくエアロバイクを5分くらい全力でこいでます。映画観ながらこいでる時は必要ないけど、お正月に録画した映画が吹き替えばっかりで…。こぐと結構うるさいから字幕がいいです!(個人的すぎる要望)1/13「世界にひとつのプレイブック」精神のバランスを崩した様子やギスギスした空気は生々しかったし、失敗しつつもあがく姿は引き込... 忘却エンドロール【2016/01/14 11:54】


サイドメニュー ×
メニューA  メニューB