バニーマン日記
映画、音楽等など、のんびり書いていきます。

プロフィール ×

バニーマン

Author:バニーマン
映画ネタ、音楽ネタを中心に思いつくまま適当に書いていきます。
自分が忘れないための
日記のようなものです(^_^;)。
リンクフリーです。


最新記事 ×

最新コメント ×

最新トラックバック ×

月別アーカイブ ×

カテゴリ ×

エイリアン(1979)
【2013/02/09 21:09】 映画え
エイリアン(1979)
 ALIEN

上映時間 : 117分
製作国 : アメリカ

監督:リドリー・スコット
原案:ダン・オバノン
ロナルド・シャセット
脚本:ダン・オバノン
撮影:デレク・ヴァンリント
特殊効果:カルロ・ランバルディ
音楽:ジェリー・ゴールドスミス

出演:
トム・スケリット / ダラス船長
シガーニー・ウィーヴァー / リプリー
ジョン・ハート / ケイン
ヤフェット・コットー / パーカー
ハリー・ディーン・スタントン / ブレット
ヴェロニカ・カートライト / ランバート
イアン・ホルム / アッシュ
声の出演:ヘレン・ホートン / “マザー”

地球への帰途についていた宇宙貨物船ノストロモ号は、
謎の救難信号を受けて未知の惑星に降り立つ。
そこには異星人の船があり、船内には無数の奇怪な卵が存在していた。
卵から飛び出した奇妙な生物が顔に貼り付いた航宙士ケインを回収し、
ノストロモ号は再び航海につくが、彼の体内にはすでに
異星生物の幼体が産みつけられていたのだ。
ケインの腹を突き破り姿を現したエイリアンは脱皮を繰り返し巨大に成長、
一人また一人と乗組員を血祭りにあげていく……。



スコット監督の「プロメテウス」を観たばっかりに「エイリアン」を無性に
観たくなり、レンタルしてしまいました(笑)。

初めて観たのは、高校生の時で、勿論劇場で観賞。

公開当時は、確かSFというよりホラーとして側面が強調されて宣伝されていた
と思うんですが、それ故に肝心のエイリアンがよく分からない(見えない)ので、
僕も友人もあんまり恐くないなっていうのが素直な感想でした。

その後(多分エイリアン2が公開される前)、あらためて今作を見直す機会があり、
その素晴らしさに驚きました。

SF&ホラー&サスペンス映画の傑作である今作を、大したことは無いななんて!
なんてアホな高校生であったことか!!!
笑ってやってください。

で、今回二十数年ぶりに見たのは、ディレクターズ・カット版(2004年)。

オリジナルが117分で、ディレクターズ・カット版は116分。

だから単純に新たに未公開部分をくっつけただけじゃなく、
カットした場面もそれなりにあったということですね。

追加場面で有名なのは、ダラス船長の・・・のシーンですね。
ちょっとキモイ場面なので、あってもなくてもと思いますが・・・。

今回久々に観て思ったのは、意外と画面が暗かったこと。

当時はCGなんてない時代なので、あんまり明るいとミニチュアのアラが
見えちゃうのでこんなものかとは思いますが、記憶としてはもっと明るかったかなと。

特にケインがエイリアンの卵を見つけるシーンは、こんなに暗かったっけ?って。

笑っちゃうぐらいなのは、コンピューターのクラシックなこと!
それでも当時はすごく未来的だったのに。
進歩は早い。

コンピューターの画面が0と1の羅列なんですが、それでも当時はすごかったんです。

スター・ウォーズが1977年、未知との遭遇も1977年なので、宇宙船が出てくるだけで
興奮した時代でしたね(笑)。

スコット監督のブレードランナー(1982年)でも、勿論まだミニチュアですから、
CGなんてホントまだ最近なんですね。

ストーリーとしてはとても単純なものですが、ギーガーによる造形の素晴らしさ、
特殊効果の素晴らしさ、スコット監督の演出の見事さ等により、SFとしても
ホラーとしても、サスペンスとしても、映画史に残る傑作に仕上がっています。

オープニングもエンド・クレジットも物凄く短いのは良いですね!

予告↓
関連記事
スポンサーサイト


テーマ:DVDで見た映画 - ジャンル:映画

この記事に対するコメント

バニーマンさん
こんばんは!

プロメテウスの次は当然エイリアンですよねー(笑)

私もエイリアンの第1作目が大好きなんですよ。
これまで私が観た映画の中ではおそらく5本指に入ります。

2作目以降も観ましたが、やはり1作目なんですよね。
私も当時は劇場に観に行きましたけど、バニーマンさんとは違って、逆にエイリアンご本人がよく見えないことが恐怖でしたね。
そもそも子供の頃からの怪獣好きが高じて、その流れでこの映画に興味を持ったわけなんですが、実態がつかめないってことは逆にリアルな恐怖体験でした。

2作目以降はそのあたり制作側も開き直って大量放出でしたけどね(笑)
それはそれでエンターテインメントとして楽しめました。
とにかくあのギーガーの秀逸なデザインが素晴らしいですよね!

あの時代のミニチュア使った特撮ってのも味があって良いですよね。昭和アナログ人間の私はそっちの方が性にあってるかも知れません(笑)
それに、昔のは結構エンド・クレジットが短いのが多かったですよね。あれはよかったです。トイレを我慢しなくてよかったですから(笑)


そう言えば、私はディレクターズ・カット版を観たことないかも知れません…気にしてなかったからかなぁ。
最初の頃に出たスタンダードなDVDは持ってますし、スカパーかBSで放送されたのも録画して観てるんですけど…。


【2013/02/13 18:03】 URL | foxxtale #- [ 編集]


foxxtaleさん、今晩は。

今なら奥ゆかしいエイリアン君であることが、或いは奥ゆかしくても怖いということが、よくわかりますが、当時はね・・・。

一人じゃなくて、数人で行ったのも間違いだったかもしれません。
人の意見に左右されやすいというか・・・(#^.^#)。
誰かが“そんなに怖くないじゃん”って言ったのかも。
なんにせよ、アホでした。

ディレクターズ・カットは“エイリアンの巣”が見所?なんですが、
DVDやLDにはオマケで入っているらしいです。
お持ちのDVDはどうなんでしょうね?
【2013/02/13 20:49】 URL | バニーマン #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
https://oukei1963.blog.fc2.com/tb.php/191-b423e091
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


サイドメニュー ×
メニューA  メニューB