バニーマン日記
映画、音楽等など、のんびり書いていきます。

プロフィール ×

バニーマン

Author:バニーマン
映画ネタ、音楽ネタを中心に思いつくまま適当に書いていきます。
自分が忘れないための
日記のようなものです(^_^;)。
リンクフリーです。


最新記事 ×

最新コメント ×

最新トラックバック ×

月別アーカイブ ×

カテゴリ ×

ウィッカーマン(1973)
【2012/12/25 20:17】 映画う
ウィッカーマン(1973)
 THE WICKER MAN

WM1


上映時間 : 86分
製作国 : イギリス
初公開年月 : 1998/03/

監督:ロビン・ハーディ
脚本:アンソニー・シェイファー
撮影:ハリー・ワックスマン
美術:シーマス・フラナリー
編集:エリック・ボイド=パーキンス
音楽:ポール・ジョヴァンニ

出演:
エドワード・ウッドワード / ハウイー巡査
クリストファー・リー / サマーアイル卿
ダイアン・シレント / ローズ
ブリット・エクランド / ウィロー
イングリッド・ピット / 司書
リンゼイ・ケンプ / アルダー・マグレガー
ラッセル・ウォーターズ / 港長
オーブリー・モリス / 老庭師
アイリーン・サンタース / メイ・モリソン

行方不明の少女を探すためにスコットランド本土からサマーアイル島へやって来た警官。
だが人々は少女の存在を否定し、何かを隠しているような素振りを見せる。
警官はやがてこの島を支配している異様な古代宗教に行き当たるが……。



1973年の製作ながら日本では1998年になってやっと公開された
イギリスのホラー&ミステリー&サスペンス作品。

オリジナルは102分らしいがカットされまくりの86分(T_T)。
95分ヴァージョンもあるらしい。
ただし86分版でも不自然さは無い。

何年か前のこと、allcinemaのトップページにこの作品の広告が宣るようになり、
その宣伝コピーが“伝説のカルト・ムービー、遂に初ビデオ化!”みたいなものだった。

その時点では、まったくこの映画のことは知らなかったが、それよりも
いくらなんでも今時“ビデオ”ってのはないだろうというのが素直な感想。

レンタルと言えばDVDというのが当然の時代に、何これ?と思い、
“ウィッカーマン”について調べてみたけど、ほとんど資料無しの状態。
そんな訳で、この映画のことは暫く忘れていた。

その数年後、“ウィッカーマン”の名前がまた世に出ることになった。
なんと2006年にニコラス・ケイジがリメークしたのだ!

しかしこのケイジ版は評判があまりよろしくなく、興行成績もパっとせず、
すぐに忘れ去られてしまった。
勿論僕もすぐ忘れてしまった(笑)。

その後、2007年頃ケイジ版のDVD化の折り、オリジナル盤のことを調べたら、
今度はちゃんとDVDになっていたので、DISCASに予約を入れておいたわけです。

それでも、それ程観たかったわけでもないので、予約の順位は低かったんだけど、
“ビーデビル”を観たときに、“孤島”についての映画があったなと思いだし、
今回やっと観ることになりました。

“70年代で最もエロティックな恐怖映画”と呼ばれていたらしいが、
今観たらエロ度はそれほどでもありません。
R指定も無いしね。

ホラーとしてもそれ程(と言うか全く)怖くありません(僕にとってはね)。

ミステリー&サスペンス映画として楽しみたいのなら、
予備知識を得ることなく観ることをオススメします。
あまりネットで検索なんてしないように!

ホラー映画としては珍しく、ミュージカル映画でもあります。
とは言っても、“リトル・ショップ・オブ・ホラーズ”や“ロッキー・ホラー・ショー”とは
随分雰囲気は違っていて、シリアス物としてつくられていっます。

妙に真面目なところが、かえって笑えると言いたいところですが、
笑うに笑えないっていうのが正直なところです。

音楽(歌)そのものは、スコットランド民謡を参考にしたもので、
この映画に大変プラスに働いているとは思いますが、“あの場面”で
歌わなくってもと思っちゃいます。

結局のところ、カルト映画ファンにはともかく、
一般的にはそれ程オススメする作品ではないですね。
1973年だったら別ですが・・・。

まーイギリスらしいといえばらしい作品ですかね。

予告↓
http://www.youtube.com/watch?v=r8qCTQt87D4

WM2
関連記事
スポンサーサイト


テーマ:DVDで見た映画 - ジャンル:映画

この記事に対するコメント
こんばんは!
これの怖さをストレートに実感できないのは、
やはりボクら日本人が特定の宗教、
一神教を信じていないからなのでしょうか?

ボクらは「バカなことやってんな~」って感じで楽しめますけど、
おそらくクリスチャンの方々にとってはもっと切実なのだと思います。
異教徒に捕まって生贄として焼き殺されちゃうわけですからね(笑)
「ジ~~~~ザ~~~~スッ!!!」と叫べど、
神様は救いには現れてくれませんし。
やっぱ宗教って怖いわ。
【2015/04/09 23:22】 URL | スパイクロッド #- [ 編集]


スパイクロッドさん、こんばんは。

>これの怖さをストレートに実感できないのは、
>やはりボクら日本人が特定の宗教、
>一神教を信じていないからなのでしょうか?

そうですよね、全然怖くなかったですもん(^_^;)。

>ボクらは「バカなことやってんな~」って感じで楽しめますけど、
>おそらくクリスチャンの方々にとってはもっと切実なのだと思います。

やっぱりキリスト教の知識が無いと意味不明ということになっちゃいますよね。
それと今更観てもというのもあると思います。
70年代だったらもっと怖かったのかも。

でも結構楽しめましたが・・・(^_^;)。
【2015/04/10 19:44】 URL | バニーマン #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
https://oukei1963.blog.fc2.com/tb.php/174-90aa00e9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

『ウィッカーマン』(1973) ~ヘイホ~♪の誘いには乗っとくべきです~

1973年/イギリス/88分 監督:ロビン・ハーディ 出演:エドワード・ウッドワード    クリストファー・リー    ダイアン・シレント    ブリット・エクランド ■概要 原題は『The Wicker Man』。イギリス製作による1973年のカテゴリー不能なカルト映画です。監督はほかに代表作のないロビン・ハーディ。主演は『ホットファズ 俺たちスーパーポリスメン!』のエド... 偏愛映画自由帳【2015/04/09 23:18】


サイドメニュー ×
メニューA  メニューB