バニーマン日記
映画、音楽等など、のんびり書いていきます。

プロフィール ×

バニーマン

Author:バニーマン
映画ネタ、音楽ネタを中心に思いつくまま適当に書いていきます。
自分が忘れないための
日記のようなものです(^_^;)。
リンクフリーです。


最新記事 ×

最新コメント ×

最新トラックバック ×

月別アーカイブ ×

カテゴリ ×

ドラゴン・タトゥーの女(2011)
【2012/10/08 20:37】 映画と
ドラゴン・タトゥーの女(2011)
 THE GIRL WITH THE DRAGON TATTOO

上映時間 : 158分
製作国 : アメリカ
公開情報 劇場公開(ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント)

監督:デヴィッド・フィンチャー
原作:スティーグ・ラーソン
脚本:スティーヴン・ザイリアン
撮影:ジェフ・クローネンウェス
音楽:トレント・レズナー
アッティカス・ロス

出演:
ダニエル・クレイグ / ミカエル・ブルムクヴィスト
ルーニー・マーラ / リスベット・サランデル
クリストファー・プラマー / ヘンリック・ヴァンゲル
スティーヴン・バーコフ / ディルク・フルーデ
ステラン・スカルスガルド / マルティン・ヴァンゲル
ヨリック・ヴァン・ヴァーヘニンゲン / ニルス・ビュルマン
ベンクトゥ・カールソン / ホルゲル・パルムグレン
ロビン・ライト / エリカ・ベルジェ
ゴラン・ヴィシュニック / ドラガン・アルマンスキー
ジェラルディン・ジェームズ / セシリア
ジョエリー・リチャードソン / アニタ
インガ・ランドグレー / イザベラ・ヴァンゲル
ペル・ミルバーリ / ハラルド・ヴァンゲル
マッツ・アンデション / グンナル・ニルソン
イーヴァ・フリショフソン / アンナ・ニーグレン
ドナルド・サンプター / 警部補グスタフ・モレル
エロディ・ユン / ミリアム・ウー
ヨセフィン・アスプルンド / ペニラ
エンベス・デイヴィッツ / アニカ
ウルフ・フリベリ / ハンス=エリック・ヴェンネルストレム
ジュリアン・サンズ / ヘンリック・ヴァンゲル(若年期)

スウェーデンの社会派雑誌『ミレニアム』を発行するジャーナリストのミカエルは、
大物実業家の不正告発記事が原因の名誉毀損裁判で敗訴し窮地に陥っていた。
そんな時、国内有数の企業グループの元会長ヘンリック・ヴァンゲルからある依頼が舞い込む。
それは、40年前に彼が我が子のようにかわいがっていた一族の少女ハリエットが
忽然と姿を消した迷宮入り事件の再調査というもの。
やがて、調査が暗礁に乗り上げたミカエルは、ヘンリックの弁護士から
社会性はないものの驚異的な情報収集能力を持つ小柄な女リサーチャー、リスベットを紹介される。
実は、ミカエルがこの一件を任されるにあたり、信用に足る人物か、
その身元調査を担当していたのが彼女だった。
こうして、2人は手分けをしながら事件の真相を追っていくこととなるが…。



原作は世界的ベストセラー・ミステリーらしいが未読。

そして2009年のスウェーデン映画のアメリカ版リメイクとのことですが、
そのスウェーデン作品も観ていません。

で、あくまでもこのフィンチャー作品を観ただけの感想です。

このリメイク版、スウェーデンが舞台なんだけど、
リメイクするならアメリカにしないのか?
出来ない設定か?

短いオープニング・シーンの後のタイトル・バックで、
ZEPの“移民の歌”のカヴァー(歌っているのはヤー・ヤー・ヤーズのカレンO)が
流れるんだけど、これがカッコいい。
映像は、監督の説明によれば、リスベットの悪夢とのことですが、
これがまたメタリックな出来で、音楽とドンピシャ。
さすが、MTV出身の監督らしい素晴らしい出来。

ミステリー作品としては弱いというか、謎解きはそれ程重要ではない。

大富豪一族の忌まわしい過去という話もそれなり。

大物実業家の不正告発記事が原因の名誉毀損裁判で敗訴っていう話もそれなり。

じゃ、この映画のメインの話っては何だ?っていうことだけど、
“ドラゴン・タトゥーの女”という題名通り、リスベットの話だと思う。

だからクレジットの一番最初に来るべき名は、ルーニー・マーラだと思うが、
そればっかりは仕方ないか・・・。

とにもかくにも、この映画は彼女についての映画です。
ルーニー・マーラは熱演以外の何物でもない。
前作“ソーシャル・ネットワーク”のときの顔が思い出せない。

でもミカエル役のダニエル・クレイグも良いです。
007とは違って、普通の男を熱演。
拷問にあうのは一緒か(#^.^#)。

TVドラマ“ER”のルカ・コバッチュ役のゴラン・ヴィシュニック。
お久しぶりでした。
相変わらず悲しい表情ですね。

日本人(キリスト教じゃない人間)にとっては、ちょっと分かりにくかったのは、
スウェーデン人の宗教観。
宗教(キリスト教)に興味がない人が結構多い国なんでしょうか?

ラスト・シーンはホント切ないです。
泣ける。
でもちょっとあっさりしすぎかな・・・。

一応ミステリーなので詳しく書けないけど、オススメです。
158分は全然気になりません。

大富豪一族の面々、多すぎてわかりません(#^.^#)。
それはそれで、別に構わないのかな?
ミカエルもそのように描かれていたし・・・。

予告↓
http://www.youtube.com/watch?v=gFeVROLNnf4
関連記事
スポンサーサイト


テーマ:映画レビュー - ジャンル:映画

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
https://oukei1963.blog.fc2.com/tb.php/155-352cbcb5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


サイドメニュー ×
メニューA  メニューB