FC2ブログ
バニーマン日記
映画、音楽等など、のんびり書いていきます。

プロフィール ×

バニーマン

Author:バニーマン
映画ネタ、音楽ネタを中心に思いつくまま適当に書いていきます。
自分が忘れないための
日記のようなものです(^_^;)。
Instagram @kou_oku
リンクフリーです。


最新記事 ×

最新コメント ×

最新トラックバック ×

月別アーカイブ ×

カテゴリ ×

イエスタデイ (2019)
【2020/06/22 19:31】 映画い
イエスタデイ (2019)
 YESTERDAY

yester-101.jpg

イギリス / 117分

監督 : ダニー・ボイル
原案 : ジャック・バース
リチャード・カーティス
脚本 : リチャード・カーティス
撮影 : クリストファー・ロス
音楽 : ダニエル・ペンバートン
出演
ヒメーシュ・パテル : ジャック・マリク
リリー・ジェームズ : エリー・アップルトン
ケイト・マッキノン : デブラ・ハマー
ジョエル・フライ : ロッキー
エド・シーラン : エド・シーラン
ジェームズ・コーデン : ジェームズ・コーデン
ロバート・カーライル

売れないミュージシャンのジャックが夢を諦めたその日、世界規模で12秒間の大停電が起きる。
その瞬間、交通事故に遭い、意識を失って病院に担ぎ込まれたジャック。
彼が目覚めると、そこはなぜか歴史上からビートルズの存在が完全に消えた世界になっていた。
ジャックが仲間たちに弾き語りでビートルズの『イエスタデイ』を披露すると、
幼なじみで友人のエリーは初めて聴く美しいメロディに驚き、大感動してしまう。
やがてジャックが歌うビートルズの名曲の数々は、彼の持ち歌として世間の注目を集め、
瞬く間にスターへの階段を駆け上っていくジャックだったが…。




yester-102.jpg

ビートルズ・ファンとしては見逃せない一本。

友人宅のご自慢のホームシアターで鑑賞。
素晴らしいです(←設備が)。

もちろん、映画も良かった!

「トレインスポッティング」「スラムドッグ$ミリオネア」のダニー・ボイル監督と
「ノッティングヒルの恋人」「ラブ・アクチュアリー」の脚本家リチャード・カーティスの
初コラボという今作、音楽映画としてもラヴコメとしても楽しめます。

yester-103.jpg

英国の若者がこんなに非肉食系とはビックリ。
じれったいったらありゃしない(笑)

ヒロインのリリー・ジェームズが美人じゃないけどキュートで魅力的。

yester-105.jpg

主人公がインド系?なのでオアシスも存在しない世界か・・・?
17歳の時のライブの記憶を無くすため・・・?

コカ・コーラもタバコもハリーポッターも存在しないのは何故?

そんなことはどうでもいいですが、改めてビートルズの楽曲がいいな~と思いました。

使う場面もモスクワで“Back in the U.S.S.R.”とか、屋上ライブで“HELP”とかね。
まー、屋上ならホントは“GET BACK”だけど、この映画の場合ではヘルプですね。

64歳の意味がわからないエリーとか、初めて?友人たちがイエスタデイを、
家族がレット・イット・ビーを聴く場面とか、
ウエンブリーでの“All You Need Is Love”の大合唱とか、
いろいろ楽しめました。

yester-104.jpg

エド・シーランがここまで売れるとは思ってもみなかったなー。
いや、正確に言うとアメリカでこんなに売れるとはビックリです。

☆予告









スポンサーサイト



テーマ:映画感想 - ジャンル:映画




サイドメニュー ×
メニューA  メニューB