FC2ブログ
バニーマン日記
映画、音楽等など、のんびり書いていきます。

プロフィール ×

バニーマン

Author:バニーマン
映画ネタ、音楽ネタを中心に思いつくまま適当に書いていきます。
自分が忘れないための
日記のようなものです(^_^;)。
Instagram @kou_oku
リンクフリーです。


最新記事 ×

最新コメント ×

最新トラックバック ×

月別アーカイブ ×

カテゴリ ×

イノセント・ガーデン(2013)
【2019/02/28 23:46】 映画い
イノセント・ガーデン(2013)
 STOKER

i-garden-1.jpg

上映時間 : 99分
製作国 : アメリカ
初公開年月 : 2013/05/31

監督:パク・チャヌク
製作:リドリー・スコット
トニー・スコット
マイケル・コスティガン
脚本:ウェントワース・ミラー
撮影:チョン・ジョンフン
出演:
ミア・ワシコウスカ / インディア・ストーカー
ニコール・キッドマン / イヴリン・ストーカー(エヴィ)
マシュー・グード / チャールズ・ストーカー(チャーリー)
ダーモット・マローニー / リチャード・ストーカー
ジャッキー・ウィーヴァー / ジン・ストーカー
フィリス・サマーヴィル / マクガーリック夫人
オールデン・エアエンライク / ホイップ
ルーカス・ティル / ビッツ
ラルフ・ブラウン / 保安官

大きな屋敷に暮らす少女インディア・ストーカー。
誕生日には毎年、広大な庭のどこかに父からの靴のプレゼントが隠されていた。
ところが18歳を迎えたこの日、彼女が見つけた箱の中には、
謎めいた鍵が1つ入っているだけだった。
時を同じくして贈り主であるはずの最愛の父が、
不審な事故で突然の死を迎えた。
こうして、決して心を通わせたことのない母エヴィと
2人きりになってしまったインディア。
ところが葬儀の日、長年行方不明だった叔父のチャーリーが姿を現わし、
そのままインディアたちと一緒に暮らし始める。
そしていつしか、知的でエレガントなチャーリーの魅力に
心奪われてゆくインディアだったが…。




i-garden-2.jpg

「オールド・ボーイ」「親切なクムジャさん」の韓国人監督パク・チャヌクの
記念すべきハリウッド・デビュー作。
脚本はTVシリーズ「プリズン・ブレイク」の主演俳優ウェントワース・ミラーのオリジナル。

アメリカ映画とは思えない雰囲気の作品(←いい意味で)。
監督が韓国人だからなのか、製作が英国人のスコット兄弟だからなのか・・・?

原題の「STOKER」は主人公の苗字ですが、『ドラキュラ』で有名なブラム・ストーカー(Abraham "Bram" Stoker)
から来ているようです。
脚本のウェントワース・ミラーがブラム・ストーカーから色々と影響を受けているらしい。
それは兎も角、日本語題名の「イノセント・ガーデン」は、この映画の雰囲気をとらえていて、良いと思う。
ストーカーでは???だし・・・。
つきまといのストーカー(stalker)と間違えるか。




ネタバレ全開です(笑)。

i-garden-3.jpg

段々と明らかになるストーカー家の秘密が、アメリカ映画的でない雰囲気に合っている。

親子とはいえ、まったく母に懐かない娘に、実は継母ということが後で判明するのかと
思っていたら、本当の親子だった(^_^;)。
それがストーカー家の秘密に由来するんだけど、母親はストーカー家からすれば外の人だから。

叔父と姪の関係やら、未亡人と義弟の関係やら、思わせぶりな?性的表現はパク・チャヌクらしい。

何と言っても、主演のミア・ワシコウスカ。
1989年生まれということなので、この作品が撮られたころは23~24歳なんだけど、
18歳になったばかりという少女とも大人とも言えない、その微妙なお年頃にピッタリ。
イノセント?なナチュラル・ボーン・キラーという設定がまさに彼女のためにある。

ミア・ワシコウスカの出演作って、「永遠の僕たち」「欲望のバージニア」
「マップ・トゥ・ザ・スターズ」と今作の4本しか観ていないけど、普通の人?の
役って、あんまりないんですね(たまたま観た作品が極端か・・・)。。

i-garden-4.jpg

父親が娘に狩猟を教える理由が、その特殊な嗜好を押し込めるためというのもスゴイが、
やっぱり、そんなことでは人は変わりません。

というか、同じ嗜好の叔父が現れたことで、その嗜好が思いっきり全開状態になっちゃうわけで、
弟と兄を殺した叔父は、姪にやられちゃうという、何とも言えない結末です。

なかなか良く出来ているとは思いますが、ちょっと物足りないな~と思えちゃうのは、
これが韓国映画だったら、もっと映像表現が凄かったんじゃないかと期待するからか。
R-18でつくったら凄かっただろうな・・・(^_^;)

☆予告










スポンサーサイト



テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

チョコレートのイチゴ
【2019/02/19 23:05】 グルメ
今年のバレンタインに貰ったチョコ。

choko-1.jpg

チョコレートで出来たイチゴの瓶詰。

choko-2.jpg

なかなか良く出来ているイチゴです。

choko-3.jpg

でも、これはこのまま食べるんじゃないんです。

この瓶にホットミルクを注ぎ、蓋をしてシェイク!

そうするとこうなる↓

choko-4.jpg

カップに注ぐと、ホット・ストロベリー・チョコレート・ドリンクの出来上がり。

choko-5.jpg

スゴイ色です・・・(^_^;)

味は、・・・。

チョコのまま食べた方が美味しかったような気がする。
しかし、もうない。




テーマ:チョコレート - ジャンル:グルメ

めぐり逢わせのお弁当(2013)
【2019/02/15 19:47】 映画め
めぐり逢わせのお弁当(2013)
 DABBA
 THE LUNCHBOX

meguri-1.jpg

上映時間 : 105分
製作国 : インド/フランス/ドイツ
初公開年月 : 2014/08/09

監督 : リテーシュ・バトラ
脚本 : リテーシュ・バトラ
撮影 : マイケル・シモンズ
音楽 : マックス・リヒター
出演:
イルファン・カーン / サージャン
ニムラト・カウル / イラ
ナワーズッディーン・シッディーキー / シャイク

ムンバイに暮らす主婦のイラ。
すっかり冷めてしまった夫の愛情を取り戻そうと、お弁当作りに精を出す。
ところが、その丹精を込めた4段重ねのお弁当が、なぜか早期退職を控えた
男やもめ、サージャンのもとに届いてしまう。
その日、お弁当箱は、きれいに空っぽになって帰ってきた。
それを見て喜ぶイラだったが、ほどなく夫が食べたのではないと気づく。
そこで次のお弁当には、きれいに食べてくれた見知らぬ誰かへの
お礼の手紙を忍ばせるイラだったが…。




インドでは家庭でつくったお弁当を仕事場まで届ける仕事が大繁盛?というのは、
以前何かで読んだか聞いたかで知っていましたが、そのお仕事が引き起こす縁で
繋がった一組の男女のラブ・コメ、というか恋愛ドラマ。

そのお弁当を運ぶ人をダッバーワーラーと呼ぶらしいが、スゴイのは毎日17万個以上の
弁当箱が利用客の自宅とオフィスの間を行き来し、それを同じく毎日5千人のダッバー
ワーラーたちが低料金で、ほぼ確実にランチタイムに間に合わせて配達していて、
ある大学だかの調査によれば、配達間違いは600万個にわずかひとつの割合でしか
起きていない、ということです。

最近は、この映画の中でも出てくるけど、家庭でつくるのではなく、所謂“お弁当屋”さんも
かなり出回っているようですね。

meguri-2.jpg

ダッバーワーラーの誤配の少なさもビックリですが、映画的にビックリなのは、
ボリウッドなのに短い、踊りも歌もない(歌は少しあるけど)映画ということ。
105分ですよ、上映時間。
3時間どころか2時間もない。

かといって、ちゃんとインド映画なんですよね。
いや、ちゃんとしたインド映画という定義は自分もよくわからないけど、
観終わって、これはインド以外のどこの国でもないと思える、という意味です。
あっ、でも製作はフランスとドイツも関わっているんだ。
英国じゃなくて・・・。

主人公が料理をしていて、何かが足りない! 完璧なにおい!なんて叫んでいると、
上の階からザルでスパイスがとどく。でも上の階のおばさん?の姿は見えない!

meguri-4.jpg

寡黙で謙虚な男性主人公もいいし、それなりに中年になりつつも綺麗な女性主人公もいい。
インドの中産階級の日常がわかるのもいいし、お弁当配達ビジネスも面白い。

男の立場からいうと、男性主人公のとった行動、わかるな~。
この映画らしいラストといえる。
オススメ作品です。

☆予告







テーマ:映画レビュー - ジャンル:映画

MISS DIOR × NATALIE PORTMAN × SIA
【2019/02/04 23:34】 音楽し
今更ですが、ちょっと気になるCM。



いや、CMが気になるというよりも、使われている曲をつい聴いちゃう。
この曲は2014年発表なので、新曲というわけでもないし、以前から知っていたので、
それこそ今更なんですけど、テレビで突然流れてくると、思わず聴いちゃうんですね。

で、ポートマンのアップを眺めている自分に気が付くわけで・・・(笑)

Siaの曲はこれ以外にも聴いていますが、曲名とかわかるのはこれだけ。
個人的には突出している一曲です。

☆Sia - Chandelier



Sia関連ではこれがいいかな↓

☆David Guetta - Titanium ft. Sia










テーマ:CM - ジャンル:テレビ・ラジオ




サイドメニュー ×
メニューA  メニューB