FC2ブログ
バニーマン日記
映画、音楽等など、のんびり書いていきます。

プロフィール ×

バニーマン

Author:バニーマン
映画ネタ、音楽ネタを中心に思いつくまま適当に書いていきます。
自分が忘れないための
日記のようなものです(^_^;)。
Instagram @kou_oku
リンクフリーです。


最新記事 ×

最新コメント ×

最新トラックバック ×

月別アーカイブ ×

カテゴリ ×

マダム・イン・ニューヨーク(2012)
【2015/09/16 19:14】 映画ま
マダム・イン・ニューヨーク(2012)
 ENGLISH VINGLISH

min-1.jpg

上映時間 : 134分
製作国 : インド

監督:ガウリ・シンデー
脚本:ガウリ・シンデー
撮影:ラクスマン・ウテカル
音楽:アミット・トリヴェディ
出演:
シュリデヴィ / シャシ
アディル・フセイン / サティシュ
メーディ・ネブー / ローラン
プリヤ・アーナンド / ラーダ

料理上手のインド人専業主婦シャシは、2人の子どもと
忙しいビジネスマンの夫サティシュに尽くす日々。
しかし得意のお菓子作り以外では誰からも承認されないばかりか、
家族の中で自分だけ英語が出来ないことをバカされる始末。
そんなある日、ニューヨークに暮らす姉から姪の結婚式の手伝いを頼まれ、
家族より一足先にニューヨークへと向かう。
ところが英語ができないことでたびたびトラブルを招き、心はすっかりブルーに。
そんな時、“4週間で英語が話せる”という広告を目にした彼女は、
家族や姉たちにも内緒で、その英会話学校に通い始める。
やがて、世界中から集まった英語が話せない生徒たちとの交流を重ね、
英語が少しずつ身についていく中で彼女の心境にも意外な変化が生まれ始めるが…。



min-6.jpg

いつもブログを拝見させていただいているつかりこさんがオススメしていたので、
レンタル予約をしていたものが到着し鑑賞。

つかりこさんのブログはこちら↓
人は母に育まれる ~ 『マダム・イン・ニューヨーク』

これが予想以上に面白くって、感動しました。

最初は踊りと歌が始まらないので、何時からボリウッド映画になるのかと心配?していましたが、
結婚式の場面で踊りと歌が披露されました。あとエンドロールもね。
でも、所謂インド映画というイメージからするとずっと踊りも歌も少ないです。

インド映画らしいのは途中に休憩があったこと(笑)。
134分で休憩必要か?
インド人って1時間以上映画を観ることが出来ないとか・・・(^_^;)。
いやまーそんなことはどうでもいいことですが。

min-2.jpg

最初にビックリしたのが、インドの人ってほとんどの人が英語を話せると思っていたので、
この主人公が英語が苦手なことに驚きました。インド人のほとんどというのがどの程度かって
いうことなんだけど、実際のところ僕はよく知らないのですが(^_^;)、この主人公の家庭は
それなりに裕福なようなので、妻(おばあちゃんも)だけが英語が話せないという設定が、
なんだかいまだに男系社会を引きずっているのかなと。
かと思えば、娘の同級生の母親は英語が話せるので、実際のところはどうなんでしょうね?

で、そういう設定にしないと成り立たないストーリーが展開されるわけですが、ニューヨークで
主人公が経験する出来事は、英語が話せない僕としては身につまされる思いで観ていましたが(笑)、
ちょっと“初心”すぎるかなとも思いました。

min-5.jpg

しかしカフェのレジのお姉ちゃんはヒドイですよね。
あのフランス人はいい人だな~と思っていたら、あーそういうことねって(笑)、
さすがフランス人!てか、あっそれはイタリア人ですね。
ニューヨーク行きの飛行機の隣のおじさんも良い人ですね。

min-3.jpg

男系社会ということで言えば、夫も酷いよね。
妻のことを料理が上手いだけの女ぐらいにしか思っていないし、
娘も母親が英語が話せないことをバカにしているし、恥ずかしいと思っている。

そんな妻(お母さん)もニューヨークで、ちょっとした冒険に挑戦してみる。
何度もくじけそうになるのを励ますのが、姪であり、語学学校の仲間であったりするわけで、
そこはベタな展開なんだけどラストはグッときます。

min-4.jpg

また語学学校の先生や生徒たちのエピソードも、ベタながらいかにもニューヨークらしくて
面白いですね。

封建的社会からちょっと飛び出してみて、自分を取り戻す女性のお話を、爽やかに描いています。
笑えて、泣けます。
インド映画はちょっと苦手だな~なんて思っている人にこそ観てほしい作品ですね。

☆予告↓







スポンサーサイト



テーマ:映画感想 - ジャンル:映画




サイドメニュー ×
メニューA  メニューB