FC2ブログ
バニーマン日記
映画、音楽等など、のんびり書いていきます。

プロフィール ×

バニーマン

Author:バニーマン
映画ネタ、音楽ネタを中心に思いつくまま適当に書いていきます。
自分が忘れないための
日記のようなものです(^_^;)。
Instagram @kou_oku
リンクフリーです。


最新記事 ×

最新コメント ×

最新トラックバック ×

月別アーカイブ ×

カテゴリ ×

ゴーン・ガール(2014)
【2015/06/27 21:11】 映画こ
ゴーン・ガール(2014)
 GONE GIRL

GG-1.jpg

上映時間 : 149分
製作国 : アメリカ
映倫 : R15+

監督:デヴィッド・フィンチャー
原作:ギリアン・フリン 『ゴーン・ガール』(小学館刊)
脚本:ギリアン・フリン
出演:
ベン・アフレック / ニック・ダン
ロザムンド・パイク / エイミー・ダン
ニール・パトリック・ハリス / デジー・コリンズ
タイラー・ペリー / ターナー・ボルト
キム・ディケンズ / ボニー刑事
キャリー・クーン / マーゴット・ダン

ミズーリ州の田舎町。
結婚して5年目になるニックとエイミーは、誰もが羨む理想のカップルだった。
ところが結婚記念日に、エイミーは突然姿を消してしまう。
部屋には争った形跡があり、大量の血液が拭き取られていることも判明する。
警察は他殺と失踪の両面から捜査を開始する。
美しい人妻の謎めいた失踪事件は茶の間の注目を集め、
小さな町に全米中からマスコミが殺到する。
すると、次第にニックの不可解な言動が明るみとなり、
いつしか疑惑と批判の矢面に立たされていくニックだったが…。



GG-2.jpg

愛人と一緒になるために妻と離婚しようとしている夫。
人々から愛される、頭の良い妻。
夫にとってあらゆる点から不利な、しかし何とも奇妙な証拠の数々。
腹に巻きつけた大金。
全米を賑わすニュース。
夫の知らない妻の友人。
妻の捜索に協力を買って出る大勢の人々。

あまりにベタだけど、興味をそそられるミステリー。
面白かったです。

素直にえ~!!!、そうなの!?と思ってしまった僕は、フィンチャー監督に
まんまとやられてしまったわけです。

まずはネタバレにならない感想から・・・(^_^;)。

GG-3.jpg

エイミーの役は10年前ならニコール・キッドマンがやっただろうなと思いました。
もうちょっと昔ならシャロン・ストーンかな。
ロザムンド・パイクは前作の「ワールズ・エンド 酔っぱらいが世界を救う!」では
まったく美人とは思わなかった(そもそも出演自体を忘れていた・・・)し、
「007/ダイ・アナザー・デイ」での出演っていうのも完全に僕の記憶から消えているし、
ほとんど今作で初めて観たという感じなんですが、この役にピッタリでしたね。
恐るべしエイミー! じゃなくてパイク。

役者として、どうしてアメリカで人気があるのか分からないベン・アフレックですが、
今作の夫役はこの人じゃないと誰がやる?と思えたぐらいはまり役でした。
とは言っても、最初はちょっとアフレックに合っていないと思えたんですよ。
エイミーにピッタリの良く出来た夫という設定だったので。でも徐々に情けない男に
成り下がっていくにつれ、これは彼にしか出来ない役だと思えるようになりました。
アメリカの普通の兄ちゃんみたいな役は、アフレックにピッタリですね(笑)。

弁護士役のタイラー・ペリーは日本ではほとんど知名度はありませんが、アメリカでは
一定のファンを獲得している監督、脚本、製作もこなす役者さんです。女役もするんですよ。
彼の作品は説教臭いのと黒人向け(らしい)という傾向があるので、日本では未公開がほとんどです。
で、僕も彼をちゃんと見るのは、今作が初めてでした。ヤリ手の弁護士役がピッタリですね。

ニックの双子の妹役のキャリー・クーンも初めて見たのですが、アフレックと双子というのは、
ちょっと無理があるんじゃないでしょうか・・・?
ただ役者としては言うこと無しです。

ニール・パトリック・ハリスって、もうこの役ピッタリ!
あまりにハマっていて、他の作品にも影響しそうです・・・(笑)。

原作者が脚本も書いているんですね。
原作は読んでいませんが、大ベストセラーだったそうですね。

GG-4.jpg




ここからはネタバレでいきます。
っていうか、何書いてもネタバレになっちゃいます。
まだ観ていない人は読まないでください。
ミステリー作品ですからね。

五回目の結婚記念日、夫ニックが自宅に戻ると、家は荒らされ妻のエイミーがいなくなっていた。
ニックはすぐに警察に連絡し、捜査が始まる。
で、出てくる証拠が、どうもニックにとって不利なものばかり。

事件はTVでも取り上げられ、全米で話題のニュースになる。
キャスターが、ニックが怪しいと煽り立てる。
このニュースでの取り上げ方って、実にアメリカ的!?

GG-5.jpg

アメリカで面白い(という書き方はちょっと変ですが)のは、エイミーを探すのに、
ボランティアの方々が集まるのだけど、あれってキリスト教的ボランティア精神なんでしょうね。
映画「プリズナーズ」でもそうだったけど、被害者の家にわんさか人が集まってきて、
皆で虱潰しに探していくって、すごいな~と感心してしまいました。
日本だと、警察、消防、友人、知人、親戚とかで捜索するんだろうけど、アメリカってものすごいよね、
あの沢山のボランティアの数!!!

そんなこんなで、ちっともエイミーが見つからないと大騒ぎになっていると、そのエイミーが実は
生きていて、全ては彼女が仕組んだということが、観客には明かされる。

ニックも自分が犯人扱いされるようになると、弁護士を雇って独自に事件の解明に乗り出す。
そうすると、どうもエイミーって怪しんじゃないかということが分かってくる。

ここで明らかになるエイミーの素顔が凄いんですね(笑)。
普通じゃなくてというか、明らかにサイコパスですね。

兎に角、自分で男をコントロールできないと気が済まないタイプ。自己中心的なんてもんじゃない。
自分に冷たい態度を取った男には、狂言レイプ事件をでってあげちゃうし、
ニックへの仕打ちも、ニックが自分の思い通りの男にならなかったからなんですよね。

GG-7.jpg

そんなエイミーが、モーテルで知り合ったバカップルに、お金を強盗された時には、
枕に顔を埋めて叫びます。その悔しがり方ったら、なんとも可愛いいとさえ思ってしまいました(笑)。

ニックがTVで自分の正直な気持ちを告白するのを見て、自分がコントロールできる夫になったと思って、
予想外に喜ぶエイミーも、どうも憎みきれません・・・(^_^;)。

で、実はエイミーは死ぬはずだったのに、このTV番組を見て、急遽予定を変更して、
昔の恋人のところへ行くのですが、このデジーという男も変態で彼女を軟禁状態にします。
ここで、旧い映画の「コレクター」を思い出してしまいました。
あっ、この「コレクター」はオススメの作品です。

しかし、流石はエイミー。コレクターのサマンサ・エッガーとは違います。
新たに計画を練り、難なくデジーの喉を掻っ切って殺してしまいます。
あー恐ろしや・・・。

ちょっと残念というか変な場面は、エイミーがデジーとセックスする場面ですけど、
下着を上下着用っておかしくないですか? 別にパイクの裸を見たくて言っているんじゃないですよ。
だってその後のシャワーの場面で彼女は裸になっているので、裸が嫌だったというわけじゃないですよね。
あそこの場面はホントに不自然でおかしいですよね。R15+指定だしさ・・・(^_^;)。

そもそもデジーの家でのエイミーの一連の行動は、かなり無理がありませんか?
あれだけカメラだらけの家で、いくら映像を細工したとしても、
プロならおかしいと思うんじゃないでしょうか・・・。

それは兎も角、エイミーは血まみれで愛する夫の待つ自宅に戻ってきます。
しかし、その後の警察の捜査が、随分杜撰ですよね。
まー全米でお騒がせの女性が無事!?戻ってきたからいいかって感じで。

GG-6.jpg

しかし、この二人、この後、どうするんでしょうね・・・?
いやー、怖くて仕方ないよね、旦那の方は(笑)。

原作者が女性というのも重要かな。
男の視点と全く違いますよね、エイミーの捉え方が。
いやー、夫婦の話を書きたかったわけじゃないよね・・・。

夫婦の話だとしてもさ、男としてはどうしたらいいんですか?
夫婦の実態はこんなもんですよってこと、おいおい、怖いよ・・・。

立場が反対でも大変ですよね。
奥さんもおちおち旦那と一緒の部屋で寝てられません。

ちょっと笑えるホラー&ミステリーとして、楽しめば良いのでしょうね。

☆予告↓






一応この話には、元ネタがあるようで、それはスコット・ピーターソン事件というらしいです。
詳しくはこちら↓
http://matome.naver.jp/odai/2141718152982917101?&page=1

でもそれとは別の意見もあって、Newsweek(日本版)の記事によると、
ミステリーの女王アガサ・クリスティの失踪事件ともそっくりらしい。

原作者のギリアン・フリンはミステリー作家の大先輩アガサのファンらしい。

1926年の12月3日、クリスティーは計画的に失踪した。
クリスティーの夫も浮気をしていた。
クリスティ-は腹に巻きつけていたマネーベルトからお金を払っていた。
クリスティーは偽名を、夫の愛人ナンシー・ニールの「ニール」を使っていた。
エイミーは「ナンシー」と名乗っていた。

ね、そっくりでしょう?
というか、フリンは明らかにアガサの事件を参考にしていますよね。
オマージュと言ってもいいかも。

クリスティーは死ぬまで、失踪事件の理由を明かさなかったそうです。
この事件は、「アガサ 愛の失踪事件」という映画になっています。
僕は観ていないのですが・・・。





スポンサーサイト



テーマ:映画感想 - ジャンル:映画




サイドメニュー ×
メニューA  メニューB