FC2ブログ
バニーマン日記
映画、音楽等など、のんびり書いていきます。

プロフィール ×

バニーマン

Author:バニーマン
映画ネタ、音楽ネタを中心に思いつくまま適当に書いていきます。
自分が忘れないための
日記のようなものです(^_^;)。
Instagram @kou_oku
リンクフリーです。


最新記事 ×

最新コメント ×

最新トラックバック ×

月別アーカイブ ×

カテゴリ ×

桐島、部活やめるってよ(2012)
【2014/05/07 19:39】 映画き
桐島、部活やめるってよ(2012)

51N5ol0nM0L.jpg

上映時間 : 103分
製作国 : 日本

監督:吉田大八
原作:朝井リョウ
『桐島、部活やめるってよ』(集英社刊)
脚本:喜安浩平
吉田大八
撮影:近藤龍人
主題歌:高橋優
『陽はまた昇る』

出演:
神木隆之介 / 前田涼也(映画部)
橋本愛 / 東原かすみ(バドミントン部)
東出昌大 / 菊池宏樹(野球部)
大後寿々花 / 沢島亜矢(吹奏楽部)
清水くるみ / 宮部実果(バドミントン部)
山本美月 / 梨紗
松岡茉優 / 沙奈
落合モトキ / 竜汰
浅香航大 / 友弘
前野朋哉 / 武文(映画部)
高橋周平 / キャプテン(野球部)
鈴木伸之 / 久保(バレー部)
榎本功 / 日野(バレー部)
藤井武美 / 詩織(吹奏楽部)
太賀 / 風助(バレー部)
奥村知史 / 屋上の男子
岩井秀人 / 片山(映画部顧問)

金曜日の放課後。バレー部ではキャプテンを務め、成績も優秀な学園の
“スター”桐島が、突然退部したらしいとの噂が校内を駆け巡る。
学内ヒエラルキーの頂点に君臨する桐島を巡って、バレー部の部員はもちろん、
同じように“上”に属する生徒たち――いつもバスケをしながら親友である
桐島の帰りを待つ菊池宏樹たち帰宅部のイケメン・グループ、
桐島の恋人で校内一の美人・梨沙率いる美女グループ――にも動揺が拡がる。
さらにその影響は、菊池への秘めたる想いに苦しむ吹奏楽部の沢島亜矢や、
コンクールのための作品製作に奮闘する映画部の前田涼也ら、
桐島とは無縁だった“下”の生徒たちにも及んでいくのだが…。


20120917200040.jpg

原作者の朝井リョウが僕と同じ岐阜県民なので、親近感がわいたというわけではなく、
久々に日本映画の青春ものでも観ようかと思い、レンタルしたところ予想を裏切られました。
裏切られたと言っても、良い意味です。
面白かった。

fck2013061615-09.jpg

裏切られたというのは、これって青春映画か?ってことなんですが。
確かに若者(高校生)が主人公で、学校が舞台なんだけど、いわゆる青春映画
っていう語感からくる爽やかなイメージは、この作品にはありません。
むしろ暗いと言ってもよい作品ですね。

いや、60年代や70年代の日本の若者の映画も暗かった。
勿論明るい作品もあったけど、暗い内省的な作品は多かった。
でもそういった作品と比べて、この桐島は随分違う。

何が違うか?
人間関係か。

3.jpg

この映画に出てくる高校生達は、それぞれ何かの集団には属している。
その集団の中では、それが濃くても薄くてもとりあえずは関係性がある。
ところが、自分の属する集団意外とは、関係性を持たない。

とにかくみんなバラバラ。
関係を持とうとしない。
無関心そのもの。

ちょっとヒドクない? 今はこれが普通なんですか? あっそうですか(^_^;)。
そういう意味では、訳わかんない映画です。
僕がオヤジで、若者のお話についていけないだけですが。

ちょっと不思議だったのは、“ひとりぼっち”がいなかったこと。
薄っぺらな関係でも、孤独よりはましなんですかね。
そういう意味で、誰かとつるんでいるのかは分かりませんが・・・。

青春映画(学園映画)ってのは、成り立たなくなっているんですかね。

勿論、如何にも青春映画っていう要素はてんこ盛りです。
恋愛、部活、放課後のバスケ、学校の屋上、自転車の二人乗り、
映画館、勘違い(勝手な妄想)、みんな出てきます。

でもなんか違うんですね。
みんなバラバラで、関係を持たないってことがこんなに気になるってことに、
この映画を観て気付かされました。
今の高校生には、これがリアルな学園生活なんですかね?

朝井君の原作は読んでいないので、原作に忠実なのかはわかりません。
でもそれなりに忠実だろうと思う。
だってかなり“ヘン”は設定だもの。

TKY201208160309.jpg

“金曜日”が、それぞれの出演者の視点で何度も再現されます。
これはマルチカメラが効いています。

でもこの“金曜日”の繰り返しのおかげで、出演者の関係性が分かります。
関係性が無い映画だって書いておいて、関係性が分かるって何だよ?って
言われそうですが、そういう映画なんです。

僕は神木隆之介と橋本愛と大後寿々花しか知らなかったので、
この金曜日のおかげで助かりました(笑)。

136499575007313214567.jpg

土曜日と日曜日はあっさり過ぎていきます。

桐島を登場させないという設定の為、土曜日と日曜日が少ないのかな。
どう考えても、バレー部の人間、菊池、梨紗が休みの日に桐島の自宅を
尋ねる場面がないのはおかしいでしょう?

それ以前に、金曜日の朝、担任が桐島が学校に登校しないこと(欠席)を
説明していないことがそもそもおかしい。

小説が成り立たなくなるので仕方ないけど、この設定自体が昔なら
成り立たないですよね。
いや、成り立たないと思っていること自体が、もう古いのか(^_^;)。
主人公が最後まで現れないのは、“ゴドーを待ちながら”と同じですね。

後半、映画部が撮影するゾンビ映画が最高です。
エイブラムスの“スーパーエイト”でもゾンビ映画を撮るんだけど、何故?

kirishima-17_large.jpg

まーそれはどうでもいいとして、そのゾンビ映画の中のセリフが「それでも
俺たちは生きていかなければならない」。これが泣かせる。
みごとにその後の菊池宏樹の行動にリンクしていく。
誰が主人公っていうのはないけど、このラストに関して言うと、
菊池が主人公のように感じます。

なかなか実験的な青春(学園)映画でした。
僕は面白かった。


以下↓どうでもいい感想(笑)。

梨紗役の山本美月は絶対高校生に見えない!

かすみが“鉄男”を観に行くってありえない。

かすみがあの男と付き合うのって趣味悪い(笑)。

菊池も沙奈もホントは好きでもなんでもないよね?

前田と武文って二人で映画観に行かないのか?

☆予告↓





スポンサーサイト



テーマ:映画感想 - ジャンル:映画




サイドメニュー ×
メニューA  メニューB