FC2ブログ
バニーマン日記
映画、音楽等など、のんびり書いていきます。

プロフィール ×

バニーマン

Author:バニーマン
映画ネタ、音楽ネタを中心に思いつくまま適当に書いていきます。
自分が忘れないための
日記のようなものです(^_^;)。
Instagram @kou_oku
リンクフリーです。


最新記事 ×

最新コメント ×

最新トラックバック ×

月別アーカイブ ×

カテゴリ ×

セッション(2014)
【2016/03/16 18:32】 映画せ
セッション(2014)
 WHIPLASH

WHIPLASH-1.jpg

上映時間 : 107分
製作国 : アメリカ

監督:デイミアン・チャゼル
脚本:デイミアン・チャゼル
音楽:ジャスティン・ハーウィッツ
音楽監修:アンディ・ロス
出演:
マイルズ・テラー / アンドリュー・ニーマン
J・K・シモンズ / テレンス・フレッチャー
ポール・ライザー / ジム・ニーマン
メリッサ・ブノワ / ニコル
オースティン・ストウェル / ライアン・コノリー
ネイト・ラング / カール・タナー

偉大なジャズドラマーを夢見て全米屈指の名門、シェイファー音楽院に入学したニーマン。
ある日、フレッチャー教授の目に止まり、彼のバンドにスカウトされる。
そこで成功すれば、偉大な音楽家になるという夢は叶ったも同然。
自信と期待を胸に練習に参加したニーマンだったが、そんな彼を待っていたのは、
わずかなテンポのずれも許さないフレッチャーの狂気のレッスンだった。
それでも頂点を目指すためと、罵声や理不尽な仕打ちに耐え、
フレッチャーのイジメのごとき指導に必死で食らいついていくニーマンだったが…。



WHIPLASH-6.jpg

原題の“WHIPLASH”。
勿論、有名な曲(らしいが知りません)のタイトルなんですが、下記のような意味らしい。

“whiplash”とは(むちの先のしなやかな)むちひも、むち打ち。
エ〇エ〇趣味の人の言葉か・・・?(^_^;)

観終わって、先ずは面白かった!

が、これほど気分が悪かった映画もない。
面白いと思った自分が嫌になった(笑)

クソッたれパワハラ教師と、そして自己中クソ生徒の壮絶な戦い!
いや~、面白い。
でもクソ映画です。

観ていて、これが音楽を対象にした作品じゃなくて、スポ根映画ならと一瞬思いましたが、
それってスポーツに対しても失礼だなと思い直しました。

JAZZは聴きますが、“WHIPLASH”も知らない程度なので・・・。
でも映画の中でバード(チャーリー・パーカー)のエピソードが出てきますが、それはフレッチャーの
解釈の仕方が間違っていると思う。

主人公がドラムの練習のやり過ぎで、手を血まみれにしますが、あれもどうかと思う。
実際のドラマーの方の意見を聞きたいです。

でもそういうことじゃないと思う。
が、書いていて、何故こうもムカムカするのか、まだよく分かりません・・・。

WHIPLASH-3.jpg

とりあえず、クソッたれパワハラ教師を演じたJ・K・シモンズ、素晴らしいです。
アカデミー助演男優賞をはじめ映画賞を総なめにしただけのことはあります。
ゾクゾクする嫌な奴を好演(好演という言葉でいいのか・・・?)しています。

WHIPLASH-4.jpg

自己中クソ生徒を演じるマイルズ・テラーもいいですね。
彼は初めて観ましたが、これまた嫌な奴を好演(笑)

何故、フレッチャーはこうもクソ人間になったのか?
自分にはミュージシャン(演奏者)としても、作曲家としても才能が無いというコンプレックスが
彼をこんな人間にしてしまったのか・・・?

また主人公のアンドリュー・ニーマンは、最初は大学生にもなって父親と映画を観に行くウブな奴で、
彼女に声をかけるのもいかにも青春映画的で爽やかだな~なんて思っていたら、大間違いでした。
ドラマーとして成功することしか考えていなくて、そのためには彼女を捨てる、親戚とは喧嘩、
友人はいないというフレッチャーとどっこいのクソ野郎でした。

WHIPLASH-5.jpg

さて、この映画の白眉でもあるラストのコンサートの場面をどう捉えるかで、評価が分かれると思います。

いや、実際このコンサート場面って、面白いんですよ。
かなりのめり込みました。

が、何か腑に落ちない。納得しかねる。何かが僕にこれおかしいだろう?と問いかける。

監督は高校時代に、競争の激しいジャズバンドに所属し、本当に怖い思いをしたという経験から
この作品を書いたらしい。そういった意味では、監督は音楽的にはシロウトということではないと
言えるが、残念ながらそれは映画に関係しなかったようです。

いや、この場合、監督が音楽に対して素人であったかどうかさへも関係ない。
今作の場合、名門音楽学校のジャズバンドを題材にしてはいるが、監督の描きたかったものは、
音楽では無くて、サイコスリラー(ホラー?)だったということ。

フレッチャーというパワハラ教師と対峙する羽目になった恐ろしさを描いていると。

WHIPLASH-7.jpg

映画を観終わって、何故こんなにこの作品を僕は嫌がるのか?
その謎を探るべく、やっと例のジャズミュージシャンの菊地成孔氏と映画評論家の町山智浩氏との
やり取り読みました。噂通り、とっても長いので、端折って読みましたが、分かりました、僕の謎。

この映画には、音楽に対する“愛”が無いんです。

というか、僕はそう感じたから、面白いとは思っても、素直にこれは傑作だと認められないんだと。

だから、音楽への愛をちっとも疑問に思わなかった方々は、これ傑作だと仰るんですね。

どうなんでしょう?
皆さん、是非ご覧になって。意見をください(笑)

☆予告



☆Whiplash (2014) The final scene






スポンサーサイト



テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

ゼロ・グラビティ(2013)
【2014/05/17 20:37】 映画せ
ゼロ・グラビティ(2013)
 GRAVITY

346608poiu.jpg

上映時間 / 91分
製作国 / アメリカ

監督:アルフォンソ・キュアロン
脚本:アルフォンソ・キュアロン
ホナス・キュアロン
撮影:エマニュエル・ルベツキ
視覚効果監修:ティム・ウェバー
プロダクションデザイン:アンディ・ニコルソン
衣装デザイン:ジェイニー・ティーマイム
編集:アルフォンソ・キュアロン
マーク・サンガー
音楽:スティーヴン・プライス

出演:
サンドラ・ブロック / ライアン・ストーン
ジョージ・クルーニー / マット・コワルスキー
声の出演: / エド・ハリス

地上600kmの上空で地球を周回しているスペースシャトル。
今回が初めてのミッションとなる女性エンジニアのストーン博士は、
ベテラン宇宙飛行士コワルスキーのサポートを受けながら船外での修理作業に当たっていた。
その時、ロシアが自国の衛星を爆破したことが原因で大量の破片が軌道上に散乱し、
猛烈なスピードでスペースシャトルを襲う。
衝撃で漆黒の宇宙へと放り出された2人は互いを繋ぐ1本のロープを頼りに、
絶望的な状況の中、奇跡の帰還を信じて決死のサバイバルを繰り広げるが…。


34660kkkkj.jpg

評判通りの面白さ!
オススメです。

TSUTAYAの在庫があまり多くなかったので、こりゃしばらく届かないと諦めていたら、
意外と早くレンタルできたのでうれしいです。
今月レンタル出来なかったら、来月はW杯ブラジル大会があるので、多分レンタル中止の
予定なので、危うく7月(もしかすると8月?)になるところだったから、ホント良かったです。

テレビ画面でもこれだけ面白いのだから、劇場の大画面で、しかも3Dだったら
もうなにも文句なんてありませんって感じだろうな。
あ~テレビでホントに残念だった・・・(泣)。
しかしものぐさはいけないなと思いつつ、名古屋まで行くのも面倒で・・・(^_^;)。

さて、ストーリー自体はシンプルなんだけど、ネタバレしたら面白さ半減だと思うので、
そこは触れないようにしようと思います。まだ観ていない人は、あらすじ以上の情報は
仕入れない方がヨロシイかと。

上記の様に、自宅テレビで観たわけなんですが、はじめは座椅子にもたれて観ていたんです。
でも途中から前のめりになっていき、座椅子なんて必要ない状態になりました。
そのまま最後まで観てしまい、エンド・ロールになったらどっと疲れてやっと座椅子に・・・。

なんだか上映時間も以上に短いと思ったら、91分!
でも感覚的にはもっと短く感じました。
兎に角、あっ!という間に終わっちゃう作品です。

映像の力の凄さも勿論あるけど、予想以上にサンドラ・ブロックに感情移入してしまい!?、
座椅子にのんびりもたれてなんかいられませんでした。これだけ前のめりで集中して観たのって
ホント久しぶり。

ってなことを書いていたら、なんか前のめりになったという感想を誰かも書いていたような
と思い出して探してみたところ、しろくろShowさんのブログに書いてありました。
テレビで観た僕でも、これだけ前のめりになるのだから、劇場で観たしろくろShowさんは
さぞスゴイ体験をされたのでしょうね。いいなー!

34660koigt.jpg

映像的にスゴイなと思ったシーン(沢山あるけど、特に印象的だったの)は、カメラがブロックの
ヘルメットをすり抜けて、彼女の横顔を写し、その後ブロックの視線となって、ヘルメット越しに
宇宙空間を見せる場面です。
派手なカットではないけど、思わずスゴイなとつぶやいてしまいました。

科学(NASAの見解)的には、あんなことは無いです!っていうような場面もあるけど、
どうでもよいと思っちゃいます(^_^;)。
しかし、この映画を観た後に、若田船長が無事任務を終え帰還したものだから、
やっぱりあの場面はちょっと無いよなと思いました(笑)。
でもそこが感動的だったりするわけで、如何にも映画的というべきかな。
観た人は分かりますよね?

346huytr.jpg

しかし、僕は重力を制御できない宇宙なら、行けなくて結構です(^_^;)。

☆予告↓




テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

ゼロ・ダーク・サーティ(2012)
【2013/10/11 21:18】 映画せ
ゼロ・ダーク・サーティ(2012)
 ZERO DARK THIRTY

61cwhCoqnDL.jpg

上映時間 : 158分
製作国 : アメリカ
映倫 : PG12

監督:キャスリン・ビグロー
脚本:マーク・ボール

出演:
ジェシカ・チャステイン / マヤ
ジェイソン・クラーク / ダニエル
ジョエル・エドガートン / パトリック
ジェニファー・イーリー / ジェシカ
マーク・ストロング / ジョージ
カイル・チャンドラー / ジョセフ・ブラッドリー
エドガー・ラミレス / ラリー
ジェームズ・ガンドルフィーニ / CIA長官
クリス・プラット / ジャスティン
ハロルド・ペリノー / ジャック
レダ・カテブ / アマール

巨額の予算をつぎ込みながらも一向にビンラディンの行方を掴めずにいたCIA。
そんな手詰まり感の漂うビンラディン追跡チームに、
情報収集と分析能力を買われたまだ20代半ばの小柄な女性分析官マヤが抜擢される。
さっそくCIAのパキスタン支局へ飛んだ彼女だったが、
取り調べの過酷な現実に戸惑いを見せる。
そんなマヤの奮闘もむなしく捜査は依然困難を極め、
その間にもアルカイダによるテロで多くの命が失われていく。
そしてついに、マヤの同僚ジェシカがテロの犠牲になってしまう。
以来、個人的な感情にも突き動かされ、これまで以上に
ビンラディン追跡に執念を燃やしていくマヤだったが…。



344170_01_01_02.jpg

「ハート・ロッカー」のキャスリン・ビグロー監督とマーク・ボール脚本のコンビが、
米海軍特殊部隊“ネイビー・シールズ”によって遂行されたオサマ・ビンラディン暗殺計画を,
CIAの若い女性分析官を主人公に、当事者たちへの入念な取材によって明らかにし、
ドキュメンタリー・タッチで描いています。

冒頭、9:11の犠牲者の声から始まりますが、そこからラストまで158分という長さを、
緊張感を保ったままダレることなく走り切ります。

344170_01_03_02.jpg

CIA局員が自爆テロでやられたり(亡くなった局員は3児の母だった)、ロンドンの爆破テロ事件が起こったり、
ますますアメリカのビンラディンに対する復讐心が煽られます。

半沢じゃないけど、やられたらやり返す、倍返しどころではない。
アメリカ人ならスッとすること間違いなしの映画的には傑作。

アルゴもこの作品も、如何にCIAが国家のために働いているか、
その宣伝のための映画と言っていいでしょう。

面白いんですよ。
アルゴだって面白かった。

でも、アメリカ人ではない僕にとって、マヤ一人の為に飛行機を飛ばす場面を見たら、
あ~何という経費の無駄!と思っちゃうわけ。
冷めた目で見たらそういうことなんです。

予告↓




テーマ:DVD・Blu-rayで観た映画 - ジャンル:映画

世界にひとつのプレイブック(2012)
【2013/08/24 20:26】 映画せ
世界にひとつのプレイブック(2012)
 SILVER LININGS PLAYBOOK

344429_02_01_02.jpg

上映時間 : 122分
製作国 : アメリカ

監督:デヴィッド・O・ラッセル
原作:マシュー・クイック
『世界にひとつのプレイブック』(集英社刊)
脚本:デヴィッド・O・ラッセル
撮影:マサノブ・タカヤナギ

出演:
ブラッドリー・クーパー / パット
ジェニファー・ローレンス / ティファニー
ロバート・デ・ニーロ / パット・シニア
ジャッキー・ウィーヴァー / ドロレス
クリス・タッカー / ダニー
アヌパム・カー / パテル
ジョン・オーティス / ロニー
シェー・ウィガム / ジェイク
ジュリア・スタイルズ / ヴェロニカ
ポール・ハーマン / ランディ
ダッシュ・ミホク / キーオ
ブレア・ビー / ニッキ

妻の浮気が原因で怒りをコントロールできなくなり、精神病院入りを余儀なくされたパット。
ようやく退院したものの、妻ばかりか仕事も家も失ってしまい、実家に戻って社会復帰を図ることに。
心身の健康を取り戻せば、接近禁止令の出ている妻ともやり直せると思い込んでいるパットだったが、
あいかわらず突然キレてはトラブルを引き起こすこともしばしば。
そんなある日、友人に誘われたディナーで近所に住む若い女性ティファニーと出会う。
彼女もまた、夫を事故で亡くして以来、心に問題を抱えており、
パットはそんな彼女のエキセントリックな言動に振り回されるハメに。
ところがティファニーはパットの妻とも知り合いで、パットがよりを戻せるよう手助けしてあげると提案。
その交換条件として、ダンス・コンテストにパートナーとなって出場することを迫られるパットだったが…。



344429_01_01_02.jpg

題名について、解説があったので、ちょっと引用させていただきます。

「silver lining」とは、分厚い雲の隙間からさす一条の光のこと。
転じて、この映画の字幕にも使われている「希望の光」という意味に使われる言葉です。

「playbook」とは、フットボールの作戦や戦術などを記録したファイルのことなのだそうで、
転じて「作戦、戦術」の意味でも使われるようです。

だそうです。

日本語題名がよくわからないんですが・・・。

原題がわかりやすいという意味ではないのですが・・・。

“希望の光に向かうための作戦帳”というぐらいの意味かな。

344429_01_02_02.jpg

主人公の二人だけがエキセントリックというわけじゃなく、
パットの家族(特に父親)や、パットの友人、
その友人の妻(ティファニーの姉)もみんなちょっとオカシイ。

ティファニーの亡くなった旦那の同僚もデリカシーが無い。

傍から見れば、みんなオカシイわけで、僕の周りも似たようなものです。

そんな今となっては、とても日常的なお話なんですが、
躁鬱状態についての医学的見解は、勿論僕にはわかりません。

でもちゃんとお薬は飲んだ方がヨロシイかと。

ジェニファー・ローレンスはそんなに美人というわけでもないが、非常に魅力的な女優さん。
演技はいまさら言うまでもなく、上手い。

ビックリしたのはブラッドリー・クーパー。
こんなシリアスな役ができるんですね。

この二人を観るだけでも価値がある映画かな。

オススメです。

予告↓





テーマ:DVD・Blu-rayで観た映画 - ジャンル:映画

セント・オブ・ウーマン/夢の香り(1992)
【2012/04/09 20:23】 映画せ
セント・オブ・ウーマン/夢の香り(1992)
 SCENT OF A WOMAN

上映時間 157分
製作国 アメリカ

監督:マーティン・ブレスト
脚本:ボー・ゴールドマン
撮影:ドナルド・E・ソーリン
音楽:トーマス・ニューマン

出演:
アル・パチーノ / フランク・スレード中佐
クリス・オドネル / チャーリー・シムズ
ジェームズ・レブホーン / トラスク校長
ガブリエル・アンウォー / ドナ
フィリップ・S・ホフマン / ジョージ・ウィリス・Jr
リチャード・ヴェンチャー / W・R・スレード
サリー・マーフィ / カレン・ロッシ
ブラッドリー・ウィットフォード / ランディ
ロシェル・オリヴァー / グレッチェン
マーガレット・エジントン / ガイル
トム・リース・ファレル / ゲイリー
ニコラス・サドラー / ハリー・ハブマイヤー
ロン・エルダード / 警官
フランセス・コンロイ / クリスティーン・ダウンズ
ジューン・スキッブ
デヴィッド・ランズベリー
ジーン・キャンフィールド / 運転手

ボストンの名門高校に通うチャーリーは、家庭が裕福ではないが、
成績優秀のため奨学金を得て学生生活を送っている。
そんなチャーリーは、クリスマス休暇に実家に帰る旅費を稼ぐため、
あるアルバイトの面接に向かう。
そのアルバイトとは、週末に旅行に出かける家族に代わって、
その家族の叔父である全盲の退役軍人の世話をすることだった。
しかし気難しく人間嫌いなスレード中佐は、チャーリーの受答えが気に入らず、
彼を追い返してしまうが・・・。



この作品で、A・パチーノは七度目のノミネートにして遂にアカデミー主演賞受賞。
ゴールデン・グローブ賞では作品賞、脚本賞、主演男優賞を受賞。

この3月に、エロ・グロ作品を立て続けに観た僕は、ちょっと口直しにと
録画してあったこの作品を、なんと大人向けの恋愛映画と思って観た。

上記のように、大変有名な作品なんだけど、内容のことは全く忘れていた。
チャーリーがスレート中佐に会うシーンを観て、あぁこれは恋愛映画じゃなかった
ってうろ覚えのあらすじを思い出した。

勘違いのモトは、パチーノとG・アンウォーがタンゴを踊るシーン。
このシーンのことだけは覚えていたので、恋愛映画と思っちゃたんだな。
実際このタンゴ・シーンは素晴らしい。
G・アンウォーはこの場面しか出演いていないのだが、めちゃくちゃ心に残る。

あと出演者でオッと思ったのが、フィリップ・S・ホフマンと
ブラッドリー・ウィットフォードのお二人。
こんなところに出ていたんですね。
今じゃすっかり有名人だけどね、二人とも。

ネタバレです。

さてアカデミー賞受賞のアル・パチーノなんですが、
これが何といっていいのやら、旧き良きハリウッド作品を
観ているような演技と言えば分かっていただけるのかな?

或いは、とても舞台的演技と言ってもいいのかな。

他の出演者は、その時代(って1990年代だけど)の演技なのに、
パチーノだけがあのちょっと早口の懐かしの台詞回しをしているから、
どうも気になってしょうがない。

しかし、それがこの元軍人の厄介な性格を表現するのに
必要な要素だってことが後になって分かってくる。

この157分という結構長い作品の120分ぐらいまでは、この厄介な元軍人に、
純情なチャーリーと共に我々観客も付き合わないといけない。

そして、いい加減辟易しているところに、
あの感動的なパチーノの演説が始まる。

この演説のためなら、2時間弱に及ぶ前振りも仕方がない。

そしてもっと感動的なのが、スレード中佐が家に帰ってきたときに、
庭で遊んでいた姪の子供たちと会話する場面。
あの女の子とのやり取り、いいですね。

で、結局この作品結構良かった。
でもこれだけ賞を取るほどかってのは疑問ですが・・・。


テーマ:TVで見た映画 - ジャンル:映画




サイドメニュー ×
メニューA  メニューB