FC2ブログ
バニーマン日記
映画、音楽等など、のんびり書いていきます。

プロフィール ×

バニーマン

Author:バニーマン
映画ネタ、音楽ネタを中心に思いつくまま適当に書いていきます。
自分が忘れないための
日記のようなものです(^_^;)。
Instagram @kou_oku
リンクフリーです。


最新記事 ×

最新コメント ×

最新トラックバック ×

月別アーカイブ ×

カテゴリ ×

青森(と秋田)に行ってきました⑦
【2018/12/03 13:51】 旅行ー東北
弘前にお泊りです。

お宿はビジネス・ホテル。
というのも、晩御飯が決定済みなので、食事なしということでビジネス・ホテル。

向かった先は、“津軽三味線ライブ あいや” 。
居酒屋ですが、店内で津軽三味線ライブがあるということでここに。

DSC_0616-77.jpg

津軽三味線というと、映画ファンとしては斎藤耕一監督の“津軽じょんがら節”、
一般的には“吉田兄弟”を思い浮かべる人が多いと思います。
僕としてはそんな程度の知識ですが・・・。

で、お店の外見は三味線らしさは無い、店内は小さい。
30人、入れる・・・?
その分、ステージは目の前。
ちょっとイメージとは違いました(笑)

僕等が入店した時点では、お客は僕等だけ、つまり5人。
すこし遅れて、女性一人と、男性一人。

もう少し後に、団体さんの予約が入っているとのことで、
僕等が帰るころに、その団体さんが入店しました。

店主?と、お客さんだと思っていた女性が津軽三味線を演奏しました。

津軽三味線は、弦楽器だけど打楽器と呼んじゃってもいいんじゃないかと、前から
個人的には思っていただけあって、目の前での演奏は迫力ありましたね。

DSC_0617-77.jpg

僕等しかいないので、演奏終了後、演者の二人と世間話。

二人によると、津軽三味線の歴史は以下のようです。

弦楽器そのものの発祥は中東とされる。
その後構造的に変化しながら、インドを経て中国に入り、中国南部において「三絃」が成立。
その三弦が、15世紀以降、琉球王国(現在の沖縄県および鹿児島県奄美群島)で独自に発展し、
三線となった。
そして三線が沖縄を経て畿内に持ち込まれ、江戸時代中期に日本独特の三味線となった。
以降、三味線は日本各地の土着芸能と融合して様々に発達し、当時日本最北端であった津軽地方に
おいて津軽三味線となる。
津軽三味線の楽曲の原型は、新潟地方の瞽女(ごぜ)の三味線と言われる。
その他、北前船によって日本海側各地の音楽が津軽に伝わり、津軽民謡は独特の発達をみる。

諸説あるようですが、中東→中国→沖縄→畿内→津軽というのは、ほぼその通りでしょう。
お二人によると、とにかく北前船の影響は大きかった、ということらしい。
食料品とかの物質だけでなく、あらゆる文化が北前舟によって、津軽に届けられたと。

日本以外のことはともかく、国内においては、形は似ていても実に違う楽器になりましたね。
楽器が違うというか、その奏でられる音楽が違うというか・・・。
面白いですね。

DSC_0618-77.jpg



青森の食事について。

この“あいや”での食事ということではなく、旅行中全体においての感想です。
写真は無いです(^_^;)

先ずは“嶽きみ”。
トウモロコシのことですが、これが美味しかった。
とにかく甘い。
旬はちょっと過ぎているということでしたが、それでも美味しい。
天ぷらとコロッケを食べましたが、どちらも美味しかった。

ホタテの串焼き。
焼き鳥状態ですが、油で焼いてある・・・?
鉄板で焼いてあるのかな?
香ばしくて美味しい。
味は醤油味。

イカメンチ。
イカのゲソをメインにした揚げ物ですが、これも美味い。
海沿いの町ならどこでもありそうだけど、青森ならでは。

せんべい汁。
“せんべい”というのがどんなせんべいなのか、食べるまで分かりませんでした。
僕が食べたのは、すいとんの代わりにせんべいが入っていたような汁ものですが、
そのせんべいというのが“麩”みたいなもので、美味しかったです。



お土産。

おきな屋というお菓子屋さんの“たわわ”と“薄紅(うすくれない)”
たわわは和風アップルパイで、薄紅は和風リンゴグラッセです。
その大きさ(と言うか小ささ!)にビックリしましたが、上品な甘さで美味しかったです。






スポンサーサイト



テーマ:東北旅行 - ジャンル:旅行

青森(と秋田)に行ってきました⑥
【2018/11/19 18:28】 旅行ー東北
十和田湖見学を終えた我々は、弘前城に向かいました。

DSC01542-66.jpg

現在の弘前城は弘前城本丸石垣修理事業の最中です。



☆弘前城石垣修理事業とは(弘前公園HPより)↓

現在、弘前城本丸の石垣が外側に膨らむ「はらみ」がみられ、大地震などが発生した場合、
崩落する危険性があると指摘されています。
弘前市では平成20年から「弘前城跡本丸石垣修理委員会」を組織し検討を重ね、天守真下から
本丸東面にかけての一部、約100メートルと南面の約10メート ルを修理することになりました。

石垣修理は弘前城(天守)の真下も行われるため、弘前城を移動する必要があります。
高さ14.4メートル、総重量約400トンの3層からなる弘前城(天守)が、約3か月かけて移動します。

☆弘前城石垣修理 告知PR動画↓






DSC01524-65.jpg

そんな訳で、本来の姿とは違う弘前城とご対面です。

ちょっと不思議な佇まいの天守です。

DSC_0605-66.jpg

工事中の石垣。

DSC_0609-88.jpg

やっぱり岩木山は見えない・・・(^_^;)

DSC01541-66.jpg





テーマ:東北旅行 - ジャンル:旅行

青森(と秋田)に行ってきました⑤
【2018/11/02 18:16】 旅行ー東北
酸ケ湯で体を温めた我らは、次の目的地「奥入瀬渓流」に向かいました。

DSC01494-99.jpg

奥入瀬渓流は、十和田湖東岸の子ノ口から北東に、焼山までの約14kmにわたる
奥入瀬川の渓流で、十和田湖の水が唯一流れ出る川が奥入瀬川だそうです。

DSC01505-99.jpg

ここも本当は歩いて楽しむところだと思いますが、僕らが滞在?したのは
ほんの数分です・・・(^_^;)

DSC01508-99.jpg

滝もたくさんあるらしいのですが、全く見ていません。
あっ、ひとつだけ見ました。
車の中から一瞬だけ・・・。

DSC01510-99.jpg

歩いている人はほとんどがシニアのカップル。
車を川沿いに停めて写真を撮っているのは、アジア系の旅行者です。
(僕等も含めてね・・・(笑))

新緑の季節がベスト・シーズンで、次が紅葉の時期だということです。
その時に、今度はちゃんと歩いて見て回りたいです。
でも人だらけだろうな・・・(^_^;)

その後十和田湖に。
ここで秋田県に入りました。
なので、行ったというのはおこがましいですね、
通っただけです(^_^;)

DSC01511-99.jpg

十和田湖は「乙女の像」の写真を撮りにいっただけ。
それでも駐車場から像まで、往復15分ぐらいは歩いたかな。

DSC01514-99.jpg

十和田湖は冬季を除き遊覧船が就航しているそうです。
このため内水ながら、国の地方港湾に指定されている港が2つもあるらしい。

DSC01519-99.jpg

DSC01521-99.jpg

個人の舟もお客さんを乗せていますね。

DSC_0594-99.jpg

そして秋田の旅は終わり、青森の旅は続く・・・。




テーマ:東北旅行 - ジャンル:旅行

青森(と秋田)に行ってきました④
【2018/10/10 18:02】 旅行ー東北
八甲田ロープウェーを堪能?した我々は、今回の旅のメインである
“酸ケ湯温泉”に向かいます。

DSC_0580-55.jpg

そもそも青森に行くことになったのは、この酸ケ湯温泉に入るため。
一緒に行ったO氏が、ここは死ぬまでに一度は行く価値がある!と
猛烈にプッシュしたので、青森旅行になったわけです。

ただO氏曰く、この温泉は湯治場で、山の中の一軒宿だから、夜することがない!
で、あくまでも温泉に入ることだけが目的となりました(笑)

DSC_0581-55.jpg

浴場の写真撮影は禁止なので、ネットからお借りしました。
しかし、みんな写真撮っていますね。

千人は入れるということですが、無理やりならね・・・。
↓広告写真

sukayu-2.jpg

脱衣所は別々ですが、中は混浴。

僕は眼が悪いのでメガネをかけて入ろうとしたら、硫黄成分が強い温泉だから、
メガネのコーティングがダメになるといわれて断念。
裸眼だとホントに見えなくて怖いですが仕方ない。
でもO氏はなんとメガネをかけている。
大丈夫?と聞いたら、この温泉のためにダメになってもいいような旧いメガネを
持ってきたって。
用意周到ですね。

sukayu-3.jpg

実はついさっき、酸ケ湯のHPで温泉の説明を読んでいて知ったのですが、
ここの温泉は二種類あって、「熱の湯(ねつのゆ)」と「四分六分(しぶろくぶ)の湯」
というそれぞれの名前があります。

上記のように目が悪い僕は、その看板も良く読めないので、適当にまず奥にある湯船に
入りました。そこは「四分六分(しぶろくぶ)の湯」のほうだったようです。
しかし、この湯が熱い!
とてもじゃないけど首どころか胸までも入ることが出来ない。
腰あたりまでで、我慢して入っていましたが、耐えきれず隣の湯船に。

そうしたら皆が、そっちの方が熱い湯だぞ!というじゃありませんか。
でも、こちらの方が僕にとっては適温で快適。

こっちの方がぬるいよ、というとみんながおかしいな~、熱いって書いてあるのに。
看板が間違ってる?と言いつつ、こちらの湯船に皆さんも移動。

あれ~、こっちの方がちょうどいいな~と。

こっちの湯は「熱の湯(ねつのゆ)」。
説明によると、名前に反してぬるめではありますが、体の芯まで温まり、
長い時間温もりが持続します、とのこと。

で、「四分六分(しぶろくぶ)の湯」のほうは、熱の湯より熱く感じますが、
温もりの持続が熱の湯より短く、四分から六分ぐらいの温まり具合になると
言われることから、その名が付けられました、とのこと。

あっ、この二つの湯以外にも、打たせ湯と冷泉のかぶり湯もあります。

混浴ですから、女性もいたらしいが、僕は“人間”としてしか認識できませんでした(笑)

DSC_0582-55.jpg

浴場の建物の佇まいといい、硫黄の匂いのお湯といい、浴槽の雰囲気といい、確かに一度は
行くべき価値のある温泉ですね。

ちょっと残念なのは、山の中の一軒家とはいえ、ひなびたかんじはない。
周りの風情が道の駅みたいです。
道路が良すぎるか(笑)

DSC_0579-55.jpg

山歩きが趣味の方は、やっぱり一泊して、まわりの散策をするのが良いと思う。
実際、登山の恰好の人々が次々と温泉に入っていきました。

もう少しで紅葉の季節ですから、これから良いと思うな。

硫黄の温泉ということで、少なくともその日は匂いが取れないと言われていましたが、
数時間後には体に付いた匂いは無くなっていた。
が、タオルに付いた匂いはなかなか。
匂いが取れないと言われたこともあるし、お土産としてということもあって、持っていった
タオルを使わずに、温泉で名前入りのタオルを購入し、それで温泉に入りました。
まず、酸ケ湯温泉を出てすぐ水洗いをし、よるホテルでまた洗って、そのまま家に。
家で洗濯して、後日たまたまそのタオルを手にしたので匂いを嗅いだら、まだ硫黄の匂いが!
もう一回洗濯したら、やっと匂いが無くなりました。





テーマ:国内旅行 - ジャンル:旅行

青森(と秋田)に行ってきました③
【2018/10/01 15:17】 旅行ー東北
青森空港を出発し、先ずは八甲田山を目指します。

雨は降っていないけど、曇り空。
山の上に行っても仕方ないな~と言いつつ、ここまで来たら山に登るしかない。

道中、西側に眺望が広がる「岩木山展望所」というところがあった。
残念ながら岩木山は雲の中。

DSC01476 -88

DSC01479-22.jpg

ここの展望所の面白いところは、突然“歌”が流れだすこと。
最初はビックリしたけど、碑を読むと、八甲田春山除雪隊発祥の地らしい。
「八甲田除雪隊の歌」というものがあって、それが流れているというわけ。

それがこれ↓



一人で夜だったら、ちょっと不気味(笑)

DSC_0573-22.jpg

お次が最初の目的地、八甲田ロープウェー。

う~ん、やっぱり山の上は観えない・・・。
それと季節がちょっと。
あと一週間遅ければ、紅葉が見ごろになっているはず。

↓上の方に見えるのが八甲田ロープウェーの終着駅。

DSC_0576-22.jpg

駅から出た途端、一緒に行ったオジサン連中は、寒いから帰ると言い出す。
周りの人に笑われていたけど、その人たちも帰りのロープウェーで一緒でした。
滞在時間わずか数分・・・(^_^;)

DSC_0577-22.jpg

説明によると、終着駅のあたりで標高1320mですが、緯度を考慮すると中部地方の
2000mから3000mの山々に匹敵するらしい。
でもそこまで寒くないけどね。

DSC01484-22.jpg

兎に角、まわりは真っ白。
やっぱり、山頂は晴れていないとね・・・。

DSC01487-22.jpg







テーマ:国内旅行 - ジャンル:旅行




サイドメニュー ×
メニューA  メニューB