バニーマン日記
映画、音楽等など、のんびり書いていきます。

プロフィール ×

バニーマン

Author:バニーマン
映画ネタ、音楽ネタを中心に思いつくまま適当に書いていきます。
自分が忘れないための
日記のようなものです(^_^;)。
リンクフリーです。


最新記事 ×

最新コメント ×

最新トラックバック ×

月別アーカイブ ×

カテゴリ ×

怪しい彼女(2014)
【2015/07/01 19:21】 映画あ
怪しい彼女(2014)
 MISS GRANNY

ayasii-1.jpg

上映時間 : 125分
製作国 : 韓国

監督:ファン・ドンヒョク
脚本:シン・ドンイク
ホン・ユンジョン
ドン・ヒスン
出演:
シム・ウンギョン / オ・ドゥリ
ナ・ムニ / オ・マルスン
ジニョン / パン・ジハ
イ・ジヌク / ハン・スンウ
ソン・ドンイル / パン・ヒョンチョル
パク・イナン / パク氏
ファン・ジョンミン / エジャ
キム・スルギ / パン・ハナ
キム・ヒョンスク / パク・ナヨン
キム・スヒョン
チャン・グァン

口が悪くて頑固な70歳のおばあさん、オ・マルスン。
トラブルが絶えず、周囲にとっては煙たい厄介者。
そんな彼女の自慢は、女手一つで大学教授にまで
育て上げた一人息子のヒョンチョル。
しかし当の息子は嫁姑問題に頭を悩ませる日々。
ある日、ふらりと写真館に入ったマルスンは、
いつのまにか20歳の頃の容姿に若返ってしまう。
そのまま家に帰ることなく、憧れの女優にあやかり“
オ・ドゥリ”と名乗って別人として生き始める。
やがて孫のジハに頼まれ、彼のバンドでボーカルを務めることに。
するとその歌声が人々の心を捉えていく。
そんな中、どう見ても20歳とは思えない彼女の怪し過ぎる言動のせいで、
次第にその正体がバレ始めてしまうマルスンだったが…。




ayasii-4.jpg

ブログを拝見させて頂いてる方々がとっても面白いとオススメしていたので、
それなら観てみようとレンタル予約しようとしたら、なんととっくに予約していました(^_^;)。

主人公が韓国映画にしては美人じゃないと、いらぬ難癖付けましたが、彼女を観るのはこれが
初めてではありませんでした・・・・。

いやいや、ホント老化が心配です、我ながら・・・。

シム・ウンギョンは「サニー 永遠の仲間たち(2011)」という作品ですでに観ていましたね。
この作品、オススメです。ツッコミどころ満載ですが、40代以上の方はウケると思います。
彼女、この作品の時の方が可愛かったかな(^_^;)。
シム・ウンギョンって、1994年生まれなんだ。若っ!。
しかし俳優としてはとっても好いです。
彼女が主演で良かったと思います。
最高です。

ayasii-3.jpg

さて、この「怪しい彼女」、皆さんがオススメの通り、面白かったです。
怪作で快作ですね(笑)。

シム・ウンギョンとナ・ムニの二人の魅力が大きいです。

ナ・ムニ演じるばあちゃんが、いやま~何というか、僕の祖母だったら嫌だな~というタイプ
なんだけど、日本人に分かりやすく言うと長谷川町子の“いじわるばあさん”ですよね。

で、このいじわるばあさんがなんと20歳になっちゃうんだけど、中身は当然そのまんま。
口が悪くて、凶暴で、ファッションの趣味も不思議だし、見た目はハタチなのに行動は年寄り臭い。
ここからは誰もが想像するコメディになっていくんですけど、この作品の優秀なところは、
最後に泣かせるんですよ。

ayasii-2.jpg

いじわるばあさんのままだったら、、老人問題、嫁姑問題、若者?の結婚問題等てんこ盛りの
ブラック・ユーモアというオチなんだけど、この映画は最後にひとひねりあるんですね。

いや、ひとひねりという程のもんじゃないかもしれない。こういうオチもありだなと想像できる
タイプのものだけど、でもこれにやられちゃったんですよ。
あ~観て良かったなってね。

オススメです。

☆予告↓



関連記事
スポンサーサイト


テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

この記事に対するコメント

こんばんは

 wowwowでこの映画の宣伝をしていました。
 面白そうですね。

 韓流ブームもあって韓国映画はあまり見たいと思わなかったのですが、これは面白そうですね。
 最近面白い映画を見ていないものですから。
 というより、長い時間画面を見るのがつらい、つまり年のせいなのですね。せいぜいNHKの朝ドラ15分が適当なのです。
 
【2015/07/01 23:16】 URL | mikitaka08 #- [ 編集]


ね、おもしろかったでしょ?
よくある泣き笑い系だけど、これはよくできたハナシだと思います。
映像もきれいだし、歌もよかった(演歌っぽいけど・笑)。

韓国の映画って、「あの部分もう少しなんとかならないかなあ」
ってことが多い気がするけど、これはパシッとまとまっていましたよね。
【2015/07/02 03:31】 URL | つかりこ #- [ 編集]


mikitakaさん、コメントありがとうございます。

これは面白いですよ。
オススメします。

若い人だけじゃなくて、年配の方にもいろいろと考えさせられる内容になっています。

確かに長時間同じ姿勢はツラくなってきましたけど・・・(^_^;)。
【2015/07/02 21:13】 URL | バニーマン #- [ 編集]


つかりこさん、コメントありがとうございます。

はいっ! 面白かったです。

歌は確かに演歌みたいでしたね。
あれが若者にウケるのは不思議ですが・・・(笑)。

韓国映画(この作品とかサニーとか)が、韓国ドラマは引っ張りすぎと批判しているのが面白いですね。
韓国の人たちも、ちょっとどうにかしてよと思っているんですね(笑)。
【2015/07/02 21:18】 URL | バニーマン #- [ 編集]

ご覧になったのですね^^
バニーマンさん、こんにちは~^^
面白かったですよね~、この映画。
バニーマンさんも、ナ・ムニにいじわるばあさん的なものを感じましたかあ。
同感です^^

若返った役のシム・ウンギョンもパワフルでよかったですし、
お話の流れも見ていて疲れず、笑えて、泣けて、僕もかなり楽しめた作品でした。
【2015/07/05 04:31】 URL | ちょい若おやじ #6nHvXW6U [ 編集]


ちょい若おやじさん、コメントありがとうございます。

はい、オススメ通り面白い作品でした。
大変満足しております(笑)。

>バニーマンさんも、ナ・ムニにいじわるばあさん的なものを感じましたかあ。
>同感です^^

ちょい若おやじさんの年で、いじわるばあさん知っているんですね!

>若返った役のシム・ウンギョンもパワフルでよかったですし、
>お話の流れも見ていて疲れず、笑えて、泣けて、僕もかなり楽しめた作品でした。

パワフルなんてもんじゃないですね(笑)。
この作品で泣けるとは!
予想外でした・・・(笑)。
【2015/07/05 20:46】 URL | バニーマン #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
https://oukei1963.blog.fc2.com/tb.php/455-52567076
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


サイドメニュー ×
メニューA  メニューB