バニーマン日記
映画、音楽等など、のんびり書いていきます。

プロフィール ×

バニーマン

Author:バニーマン
映画ネタ、音楽ネタを中心に思いつくまま適当に書いていきます。
自分が忘れないための
日記のようなものです(^_^;)。
リンクフリーです。


最新記事 ×

最新コメント ×

最新トラックバック ×

月別アーカイブ ×

カテゴリ ×

罪の手ざわり(2013)
【2015/05/15 20:13】 映画つ
罪の手ざわり(2013)
 天注定
 A TOUCH OF SIN

3472bvgbv.jpg

上映時間 : 129分
製作国 : 中国/日本
映倫 : R15+

監督:ジャ・ジャンクー
脚本:ジャ・ジャンクー
撮影:ユー・リクウァイ
音楽:リン・チャン
出演:
チャオ・タオ / シャオユー(小玉)
チアン・ウー / ダーハイ(大海)
ワン・バオチャン / チョウ(周)
ルオ・ランシャン / シャオホイ(小輝)
チャン・ジャーイー / ヨウリャン(佑良)
リー・モン / リェンロン(蓮蓉)
ハン・サンミン / サンミン
ワン・ホンウェイ / サウナ客

山西省に暮らす炭鉱夫のダーハイ。
村の共同所有だった炭鉱の利益が、同級生の実業家ジャオと村長によって
不当に独占されていることに激しい怒りを募らせる。
重慶に妻子を残し、村を出た男チョウ。
出稼ぎと偽り、各地で強盗を繰り返していた。妻は、
夫が単なる出稼ぎに行っているのではないと感づいてしまう。
湖北省で風俗サウナの受付係をしているシャオユー。
ある日、非常識な客に札束で殴られセックスを強要される。
広東省の縫製工場で働く青年シャオホイは、勤務中に同僚を
怪我させてしまい金銭的に追い詰められていく。
そんな中、ナイトクラブのダンサー、リェンロンと出会い、心惹かれていく…。




3472poqqq.jpg

ジャ・ジャンクー監督の作品はこれが初めてです。
有名な「長江哀歌」はなんとなく寝そうだったので(^_^;)観ていません。

今作はオフィス北野の森昌行社長が製作総指揮を務めています。
それが今作における暴力性と関係あるのか、もともとそういうタイプの監督なのかは知りません。

僕はそれなりに楽しめましたが、人を選ぶ作品ですね。
好き嫌いがはっきり分かれるタイプです。
北野武監督作品が好きな方は違和感が無いかも。
って、北野作品を僕はそんなに観ていないんですよね・・・(^_^;)。
北野ファン、違っていたら申し訳ない。

3472wbvgq.jpg

4つの事件が描かれていますが、一応元ネタがあるそうです。
残念なのはそれぞれのエピソードが何の関係も無いこと。
単に4つの話を並べたオムニバス映画ですね。
そこはなんとか脚本の力で絶妙に絡み合う作品にしてもらいたかったです。

カンヌで脚本賞を取ったというのは信じられない・・・。

オープニングの場面でダーハイとチョウが交差するのですが、それだけ。
観終わって、あれって何だったと思っちゃいました。
それぞれの話は面白かったのに、えーっ?何だよこれっていう感想です。

このオープニングはとっても良いです。
チョウの一連の反撃行動とか、トラックとトマトとかとっても良いだけに
ホント残念な結果になってしまいました。

347xwqas.jpg

で、それぞれの事件は理不尽な行為に対する反撃だったり、無差別強盗殺人だったり、
唐突な自殺だったりするわけですが、中国的ともいえるし、世界のどこかで起きている
ありふれた事件ともいえる。

大人(ダーハイ、チョウ、シャオユー)は外に向かって反撃するのに、若者のシャオホイだけは
怒りや悲しみを自分に向けてしまう。それがとっても悲しいですね。

むしろ中国的といえるのは、この作品が中国国内で観ることが出来ない(らしい)ということです。
(今は観ることが出来るのかな・・・? 違っていたらごめんなさい。)
キツネ狩りは一生懸命なんだけどね、かの国の代表は・・・。

3472mkopyq.jpg

僕が、蛇とか京劇とかが何のメタファーなのか分からないのも我ながら残念です(^_^;)。

単なるオムニバス映画になってしまったのは甚だ残念ですが、基本的には僕は面白かった。

セリフは少なく、状況説明はもっと少ないのですが、それほど分かりにくいということは無かった。
いや、この映画の主人公達の行動(暴力、自殺)は、その動機を探ろうとすると、何故?と言わざる
得ない類のものですが、それをせざる得ないというのが中国的と理解すると面白いです。

だから何故?が頭から抜けないと、つまらない作品かもしれない。

内容に関係ないけど、青年シャオホイが好きになる女性のメイクしているときと
そうでないときの差がものすごくって、最初別の人かと思いました。

3472qwavvv.jpg

それと青年シャオホイが働くナイトクラブのある街や、シャオユーが働く風俗サウナのある街が、
繁華街のはずなんだけど、なんともさびれていて妙な雰囲気を醸し出していました。

333poqa.jpg

☆予告↓




関連記事
スポンサーサイト


テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

この記事に対するコメント

バニーさんは彼の国の映画にも精通しておられる!(凄い凄い!)
でもタルトさんにはちょっとハードルが高そう…、
「北野武監督作品が好きな方は違和感が無いかも」ってことは、違和感ありありなんだろなぁ。

それにしても「カンヌ」は、やっぱりちょっと変わった(?)作品を好みますね。タルトさんのみならず、アメリカ映画の「ドーン」「バーン」「ガシャーン」な感じに慣れてしまった人には、なかなかハードルが高いように感じますね。

バニーさんの映画紹介、分かりやすい!
【2015/05/15 23:03】 URL | タルトFC2 #- [ 編集]


だはははー。
ほぼ同じ日に、同じネタをアップしてしまいました。
ほぼ同じ感想なのも、驚きですー。
【2015/05/16 07:08】 URL | つかりこ #- [ 編集]


バニーマンさんも つかりこさんも観たのね〜。ふ〜ん。
中国映画ってめったに観ないけど興味が湧いてきたなり。
私も観てみよっと☆
【2015/05/16 19:32】 URL | さとちん #- [ 編集]


タルトさん、こんばんは。

お褒めありがとうございます。
恥ずかしいです・・・(^_^;)。

中国の映画のことは良く知りません(笑)。
この映画は観終わって気持ちが良いというタイプではないので、
一般的にオススメという作品ではないです。
興味を持ったならどうぞというぐらいですね。

>それにしても「カンヌ」は、やっぱりちょっと変わった(?)作品を好みますね。

そうですね。でもそれがカンヌらしくて面白いところでもあります。
アメリカのアカデミー賞でも、カンヌでも???という作品は沢山ありますから(笑)。
【2015/05/16 20:34】 URL | バニーマン #- [ 編集]


つかりこさん、こんばんは。

こんなことってあるんですね(笑)。

やっぱりこのような感想持っちゃいますよね。

哀しいのは、最近日本の政府もいろいろ五月蠅くなってきたことです。

映画ぐらい好き勝手に観たいですよね。
【2015/05/16 20:37】 URL | バニーマン #- [ 編集]


さとちんさん、こんばんは。

偶然ってあるんですよ!

僕も中国映画ってあまり観ないので、これがホント久しぶりの中国作品です。

あっ、これ観終わって、なんじゃこれ!?って思っても責任はとれません(笑)。
【2015/05/16 20:40】 URL | バニーマン #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
https://oukei1963.blog.fc2.com/tb.php/439-569cab4b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


サイドメニュー ×
メニューA  メニューB