バニーマン日記
映画、音楽等など、のんびり書いていきます。

プロフィール ×

バニーマン

Author:バニーマン
映画ネタ、音楽ネタを中心に思いつくまま適当に書いていきます。
自分が忘れないための
日記のようなものです(^_^;)。
リンクフリーです。


最新記事 ×

最新コメント ×

最新トラックバック ×

月別アーカイブ ×

カテゴリ ×

ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日(2012)
【2013/09/11 15:23】 映画ら
ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日(2012)
 LIFE OF PI

344013_02_01_02.jpg

上映時間 : 127分
製作国 : アメリカ

監督:アン・リー
原作:ヤン・マーテル
『パイの物語』(竹書房刊)
脚本:デヴィッド・マギー
ディーン・ジョーガリス
撮影:クラウディオ・ミランダ
プロダクションデザイン:デヴィッド・グロップマン
編集:ティム・スクワイアズ
音楽:マイケル・ダナ

出演:
スラージ・シャルマ / パイ・パテル(少年)
イルファン・カーン / パイ・パテル(成人)
アディル・フセイン / サントッシュ・パテル
タブー / ジータ・パテル
レイフ・スポール / カナダ人ライター
ジェラール・ドパルデュー / コック

小説のネタを探していたカナダ人作家は、パイ・パテルというインド人男性を訪ね、
彼の語る驚愕の冒険譚を聞くことになる――。
インドのボンディシェリで動物園を営む一家に育ったパイ少年。
やがて彼が16歳となったとき、一家はカナダに移住することになり、
パイは両親や動物たちと一緒に日本の貨物船に乗り込むことに。
しかし、途中で嵐に遭遇し、船は沈没。運良く救命ボートに乗り移ることができたパイだったが、
彼と同じように辛くも逃げ延びたシマウマやハイエナ、オランウータン、
そしてリチャード・パーカーと名付けられたベンガルトラと同乗するハメに。
こうして少年パイの過酷な漂流生活がスタートするのだが…。



344013_01_01_02.jpg

「ブロークバック・マウンテン」「ラスト、コーション」の名匠アン・リー監督が、
ブッカー賞に輝いたヤン・マーテルの世界的ベストセラー小説を3Dで実写映画化。

救命ボートに獰猛なトラと乗り合わせることになった一人の少年のサバイバルなんて、
映画として面白いのか?と思っていたので、あまり観る気が無かったのですが、
アカデミー賞も取ったし、世間の評判もまずまずなので、観てみました。

結論からいうと、これが面白かった。

宗教(信仰、神)或いは、哲学についてのお話であるとも言えるし、
単純に冒険談としてとらえてもいいと思います。

しかし、最後の“もう一つのお話”を聞くと、
やっぱり“哲学”について考えてしまいます。

この映画のコピーが“命を奪うのか、希望を与えるのか”っていうのも、
多分原作がそうだからだと思うけど、やはり哲学的に思えます。
冒険の結果から何を得るのかっていうことなんでしょうけど。

ネットの書き込みを読むと、“もう一つのお話”は評判良くないですね。
僕は結構面白かったけどな。

でも何といっても、映像が凄い。

344013_01_04_02.jpg

アカデミー賞で撮影賞と視覚効果賞を受賞したのも納得。
(監督賞と 作曲賞も受賞。音楽も良いです。)

劇場で、しかも3Dで観たかったですね。

原作は勿論知りません。
ちょっと調べたら、上下巻もあるんですね。
映画はそうとう端折ってあるということですか・・・。

ポーの小説やミニョネット号事件についてちょっと知っておくのも良いかも。

予告↓


関連記事
スポンサーサイト


テーマ:DVD・Blu-rayで観た映画 - ジャンル:映画

この記事に対するコメント
リンクのご連絡ありがとうございました
こんばんは、リンクのご連絡ありがとうございました<(_ _)>
私の方でも早速バニーマンさんのブログを登録させていただきましたので今後ともよろしくお願いします。

この映画は劇場で見たのですが、見終わってからなんで3Dで見なかったんだろうと400円を惜しんだ自分に腹が立ったものでした(ーー;) 正直前半は少し眠気を誘う所もあったのですが、漂流してからは最後までホントに異色な内容だなという感じでしたね(集中力が突然蘇ってくるような映画は珍しいと思います)

またちょくちょくお邪魔しに伺いますので、こちらの方へもいつでも遊びに来てください。
【2013/09/11 22:07】 URL | しろくろShow #- [ 編集]


しろくろShowさん、こんばんは。

早速のご返事ありがとうございます。

こちらこそ、これからも宜しくお願いします。
【2013/09/12 20:16】 URL | バニーマン #- [ 編集]


>ネットの書き込みを読むと、“もう一つのお話”は評判良くないですね。
僕は結構面白かったけどな。

私も良かったと思います。あれがあったからこそ、ファンタジックな冒険譚がより輝きましたよね~。哲学的に観ても面白いし。

クジラのシーンの画像いいですね!
全体的に夜の海の幻想的なシーンが素晴らしかったです。好きだった女の子の姿に変わったり、リチャードも覗き込んでいるところも良かったし。

>ポーの小説やミニョネット号事件についてちょっと知っておくのも良いかも。

おぉ、これは知りませんでした。映画のパンフレットとかにも書いてあったのかな?
事実は小説よりも奇なり、ですね。
【2016/01/25 10:49】 URL | 宵乃 #Jluqsbno [ 編集]


宵乃さん、コメント&TBありがとうございます。

>全体的に夜の海の幻想的なシーンが素晴らしかったです。好きだった女の子の姿に変わったり、リチャードも覗き込んでいるところも良かったし。

ファンタジーの映像部分は本当に素晴らしかったですね。
あれを観るだけでも価値ありと思いました。

>おぉ、これは知りませんでした。映画のパンフレットとかにも書いてあったのかな?
>事実は小説よりも奇なり、ですね。

いや、僕は友人に教えられました(^_^;)
不思議なことで知らないことは沢山あるんですね。
【2016/01/25 20:32】 URL | バニーマン #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
https://oukei1963.blog.fc2.com/tb.php/276-1b93d4b5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

虎よ、虎よ!

レイトで「ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日」を見て来た。   何処で聞いてそう思っていたのかはわからないけど、僕はこの話をほんとにあった出来事の映画化だと思ってい... You talkin' to me ? 2nd_新たなる驚異を求めて【2013/09/11 22:08】

映画「ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日」観ました

原題:LIFE OF PI 製作:アメリカ’2012 127分 監督:アン・リー 原作:ヤン・マーテル ジャンル:★アドベンチャー/ドラマ【あらすじ】小説のネタを探していたカナダ人作家は、パイ・パテルというインド人男性を訪ねる。インドのボンディシェリ動物園を営んでいたパイの家は、彼が16歳の頃にカナダ移住のため動物たちと船に乗った。だが、途中で船は沈没し、パイは救命ボートに乗り移... 忘却エンドロール【2016/01/25 09:58】


サイドメニュー ×
メニューA  メニューB