FC2ブログ
バニーマン日記
映画、音楽等など、のんびり書いていきます。

プロフィール ×

バニーマン

Author:バニーマン
映画ネタ、音楽ネタを中心に思いつくまま適当に書いていきます。
自分が忘れないための
日記のようなものです(^_^;)。
リンクフリーです。


最新記事 ×

最新コメント ×

最新トラックバック ×

月別アーカイブ ×

カテゴリ ×

リック・オケイセック
【2019/09/16 20:28】 音楽か
リック・オケイセックが亡くなりました。

images.jpg



ネットのニュース記事より↓

ザ・カーズ(The Cars)のフロントマン、リック・オケイセック(Ric Ocasek)が死去。
米NBC 4 New Yorkによると、ニューヨーク警察は9月15日午後4時頃(現地時間)、
イースト19番街のタウンハウスから意識不明の男性についての電話を受け、
警察は現場でこの男性の死亡を確認。
警察はその後、この男性がリック・オケイセックであることを確認しています。
リック・オケイセックは75歳でした。

リック・オケイセックは米メリーランド州ボルチモア生まれ。
1976年にベンジャミン・オールらと共にザ・カーズを結成。
1988年に解散するまで6枚のアルバムを発表し、
ニューウェイヴ・シーンを牽引するバンドとして人気を博した。





3番目の妻が有名でモデルのポーリーナ・ポリツィコヴァ。
どうでもいいことですが・・・(^_^;)

0ad29027.jpg




どれが一番好きかと言われてもなかなか困りますが、
この曲好きですね。

☆It's All I Can Do by The Cars




アルバムはなんといってもファーストでしょう!
持っていないけど・・・。

特に一曲目から三曲目の流れ↓は完璧です。


☆The Cars - Good Times Roll




☆The Cars - My Best Friend's Girl




☆The Cars - Just What I Needed










スポンサーサイト



テーマ:洋楽ロック - ジャンル:音楽

一年に一度の抹茶?
【2019/09/09 22:06】 日記
昼間は兎も角、夜はエアコンに頼らずに寝ることが
出来るようになって、やれやれと思っていたら、また
暑さが戻ってきた・・・。

なんとかならないかな、この暑さ(T_T)

先日、母校(高校)の学校祭にて、茶道部でのお抹茶。

一年に一度の抹茶・・・かな。
そんな程度しか抹茶って、機会ないですよね、きっと、男性は。

DSC01699-12.jpg




テーマ:日記というか、雑記というか… - ジャンル:日記

Paul Kossoff - Back Street Crawler
【2019/08/29 18:45】 音楽ほ
フリーのギタリストだったポール・コゾフ。

僕が洋楽に目覚めたころには亡くなっています(1976年3月19日)。

確かこの作品↓が最初のソロアルバム。

ジャケットのデザインは当時は違っていたと思う・・・。
でも1973年発表ってことは、僕の思い違いかな~。
日本では遅れて発売されたとか・・・?
詳しいことを知っている人がいたら教えてください。



☆Tracks Listing

A.Tuesday Morning
B1.I'm Ready
B2.Time Away
B3.Molten Gold
B4.Back Street Crawler (Don't Need You No More)

☆Paul Kossoff - Back Street Crawler







テーマ:洋楽ロック - ジャンル:音楽

一日しかもたない花
【2019/08/20 20:15】 日記
mukuge-2.jpg

お坊さんが、夏のお供えの花はこれくらいしかない、と言っていた花。

一日しかもたない。
けど、毎日咲く。

mukuge-1.jpg

むくげは夏の茶花らしい。




☆Robert Palmer - Mercy Mercy Me/I Want You








テーマ:日々のつれづれ - ジャンル:日記

Stevie Wonder and The Rolling Stones 1972
【2019/08/14 18:50】 音楽ー人
暑い日が続きますね・・・(^_^;)

暑いならもっと暑くなるように暑苦しいやつを(笑)




ローリングストーン誌から↓

1972年の春、スティーヴィー・ワンダーは『心の詞』を、ザ・ローリング・ストーンズは
『メイン・ストリートのならず者』をリリースした。
両アルバムは瞬時にヒットとなり、ビルボード200で前者は21位、後者は1位を獲得した。
ストーンズはその年の夏のツアーのオープニング・アクトとして当時まだ22歳のワンダーを指名した。
ツアー中4回のライブのアンコールでワンダーとストーンズは共演し、
ワンダーの1966年のヒット曲「アップタイト」とストーンズの前年のヒット曲「サティスファクション」の
メドレーを披露するとその興奮度は最高潮に達した。


☆Stevie Wonder and The Rolling Stones 1972







テーマ:洋楽ロック - ジャンル:音楽




サイドメニュー ×
メニューA  メニューB