バニーマン日記
映画、音楽等など、のんびり書いていきます。

プロフィール ×

バニーマン

Author:バニーマン
映画ネタ、音楽ネタを中心に思いつくまま適当に書いていきます。
自分が忘れないための
日記のようなものです(^_^;)。
リンクフリーです。


最新記事 ×

最新コメント ×

最新トラックバック ×

月別アーカイブ ×

カテゴリ ×

ほしいもの丸干し
【2018/02/13 19:06】 グルメ
初めてほしいもの丸干し発見(笑)

DSC_0433-22.jpg

岐阜県はほしいもの産地ではないので、他所から仕入れしています。
って、勿論僕が仕入しているわけじゃなくて、食料品屋さんがですが。
だいたい茨城、千葉、静岡、三重のものが多いようです。

いつもはきりいもしか無かった近所の某スーパーに丸干しが!

三袋しかなかったので、とりあえず二袋購入。

が、二袋なんてあっという間に無くなってしまいました。

そうそう、その丸干しがまだあった時に、姪っ子がお昼ごはんを我が家に食べに来て、
食後のデザート?にほしいもを食べようという話になったら、姪が自分のバッグから
ほしいも(きりいも)を取り出したのでビックリ!

お前はそんなにほしいもが好きだったのか・・・!?と、丸干しを食べさせたら、
感動していました(笑)

後日、今度はその某スーパーで四袋売っていたので、三袋購入しました。
それもあと一袋しか残っていません・・・。

今日、某スーパーに行きましたが、丸干しは在庫なし。

何故、今年に限って売っていたのかな・・・?
あと何度売られるのか?

あと何度食べられるのかな・・・?






スポンサーサイト

テーマ:ご当地グルメ - ジャンル:グルメ

小鳥の焼き鳥
【2018/02/08 22:12】 グルメ
皆さんは小鳥を食べますか?
小鳥って雀とかつぐみ(これは今NG)のことなんですけど・・・

26907165_1074660069365851_1676375482989225886_n.jpg

食べる習慣がある地域って少ないのかな・・・?




テーマ:ご当地名物 - ジャンル:グルメ

雪が降る・・・
【2018/01/26 22:07】 日記
日本各地で大雪になったこの数日。

我が町もとうとう降りました。

24日の午後3時ごろから降り始めましたが、
最初はそれほどでもなく、やれやれと思っていたら、
4時ごろから猛吹雪。

DSC_0420-22.jpg

ちょっと出かけようと思いましたが、風が凄くて・・・。
窓を開けるのもちょっと・・・という状態です。

車をカーポートの下に避難させましたが、意味無し。
横なぐりの雪で、屋根の下にもかかわらず車は雪に覆われました(^_^;)

LINEで友人から雪情報が届けられます。

↓岐阜市付近(多分・・・)

1516956691627.jpg

↓大垣市付近(多分・・・)

1516956710335-22.jpg

同じ県内でも西濃の方がヒドイ。
飛騨は別格ですが・・・。

DSC_0423-22.jpg

日中の気温も上がらず5℃ぐらいかな。
外の水は当然凍っています。
雪だるまも融けない。
勿論我が家の庭↓ではありません(^_^;)

DSC_0430-22.jpg

同僚は二日続けて、車を職場において歩いて帰りました。
山の上に住むとこうなるんですよね。
住むなら下町(笑)




テーマ:写真日記 - ジャンル:写真

pipco1980氏に捧ぐ
【2018/01/18 23:09】 日記
pipco1980氏に捧ぐ




☆いなくなった人々のことを

きみの父さんは 一つのことしかできない人で 
ロックンロールをプレイしていた
向こう見ずで 元気なやつで 
底まで ジプシー・ソウルのかたまりだった
音楽は 彼のエンジェルであり
悲しみは 彼の星だった
ぼくらの中で 彼の後に続く者は
それと同じくらい遠くへ行こうと 望むかもしれない

彼らは ヒューストンではゆっくり歩き
D.C. では 言葉も無かった 
きみに語る言葉が 見つからないくらいだ
彼がぼくにとって どれくらい意味を持っていたかを

きみの母さんは (一人)生き残った
彼女は しなければならないことを するだろう
その子供たちは 彼女をよみがえらせて
太陽を仰ぎ見る 手助けをした (寝込んでいたのかも)   
彼女は ユニゾンをほとんど知っていたけど
でもその歌は あまりにも早く やんでしまった
いま彼女は 静けさを分け合っている
月の中にいる 一人の男と共に 

いなくなった人々のことを 語ろう
今宵 その中の ただ一人のことを
そしてぼくらは 一緒に携(たずさ)えて行こう
その人が 始めたことを

きみはこの歌を 歌うことができる
7月4日という(特別の)日に 
太陽の輝く 南の地でも
そして 凍てつく北の地であっても
それは (彼を)失くした日であり
きみの (新たな)誕生日でもありえる
それを学ぶには 「死」というものが必要なのか?
「人生にどれだけの価値があるか」ということを

きみの兄さんたちは みんな大きくなったけど
彼らは困難を (自分で)切り抜けて行けるだろう
この世界は 少し冷たくなっているけれど
でも彼らは 人間らしさを失わずにいる
きみはまだ ほんの小さな女の子だけど 
きみはとても 彼(父親)に似ているね
彼はいつも きみの心の中にいるんだ
きみが 歌いたい時にはいつでも

いなくなった人たちのことを 歌おう
今宵 その中の ただ一人のことを
彼はいつでも すぐ見つかるところにいるのだから
それ(彼のこと)を語ったり 行なったりする時には(いつも)

そしてぼくたちは この歌を歌おう
7月4日という(特別の)日に
太陽の輝く 南の地でも
そして 凍てつく北の地でも
それが いつであっても
きみの(新しい)誕生日なんだ
きみがいつでも それが判るようになると良いけど
きみの人生に どれだけの価値があるかということを

そして きみはこの歌を 歌うことができる
7月4日という(特別の)日に
太陽の輝く 南の地でも
凍てつく北の地であっても
それは(彼を) 失くした日であると同時に
きみが(新しく) 生まれる日でもあり得るんだ

☆Jackson Browne / Of Missing Persons



Your father was a rounder   
He played that rock and roll   
A leaper and a bounder   
Down to his gypsy soul   
The music was his angel   
And sorrow was his star   
And those of us who follow   
Might hope to reach as far   

(They're) walking slow in Houston  
Speechless in D.C.   
(There's) no way I could tell you   
What he meant to me   

Your mother's a survivor   
She'll do what must be done   
Her children will revive her   
And help her see the sun      
She almost knew that unison   
But the singing stopped too soon   
Now she shares the silence   
With a man up in the moon   

To speak of missing persons   
Tonight there's only one   
And we all carry with us   
What the man's begun   

And you can sing this song   
On July the Fourth   
In the sunny south   
And the frozen north   
It's a day of loss   
It's your day of birth   
Does it take a death to learn  
what a life is worth ?   

Your brothers are all older   
And they'll take it in their stride  
The world's a little colder   
But manhood's on their side   
Now you're the little girl child   
And you look so much like him   
And he's right there inside you   
Each time you want to sing   

Sing of missing persons   
Tonight there's only one   
But he's where you can find him   
when it's said and done   

And we will sing this song   
On July the Fourth   
From the sunny south   
And the frozen north   
This will always be   
Your day of birth   
May you always see   
What your life is worth   

And you can sing this song   
On July the Fourth   
On the sunny south   
And the frozen north   
It's a day of loss   
It's your day of birth 



☆ヒッピーに捧ぐ / RCサクセション








昭和の名残
【2018/01/17 15:07】 日記
もう一週間も風邪(咳と鼻水)が治りません・・・。
熱が無いのが救いですが、夜早く寝ちゃうので、
録画したものが溜まって消化できない。
ハードディスクの容量大丈夫かな・・・(^_^;)

近所の小学校はインフルエンザの大流行で、
学級閉鎖がスゴイらしいです。
みなさん、気を付けてください。

風邪とは関係なく、去年からブログの更新が進まず、
一昨年に観た映画や買ったCDの記事が溜まっています。
映画は感想を書こうにも、すでに記憶が・・・な状態のものも多くて、
なんとか今年中にはリアルタイムに追いつきたいと思っています(^_^;)




あまり記憶と関係ないものから。

昭和の名残と言えば聞こえはいいですが、
残骸に近いかな・・・

珈琲の看板があるように、喫茶店がありましたが廃業。
喫茶店の前にはうどん屋もあったけどそれも廃業。

DSC_0402-22.jpg

DSC_0400-22.jpg

看板のスナックは廃業。
ずっと奥に一軒だけ飲み屋が営業中。
友人が30年以上通っている店です(笑)
おばあちゃんが一人でやっています。
昔(30年以上前)は市内でも有名な飲み屋街でした。

DSC_0401-22.jpg

玉突!
記憶にある限り営業していたところは見ていない。
30年ぐらい前にプールバーは流行りましたが、
その時にはすでに廃業していたんじゃないかな・・・。

DSC_0398-22.jpg

温泉の字が見えるけど、単なる銭湯。
ここは市内でも早くに閉めているはず。

DSC_0399-22.jpg

こちらも銭湯。
こちらは僕が大人になってから閉店したと思う。
いったことは無いけどね。

DSC_0410-22.jpg








テーマ:写真日記 - ジャンル:写真




サイドメニュー ×
メニューA  メニューB